KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

2009/09/28

本日のおすぎ賞


本日のはにわの部屋は「おすぎのいろはカルタ」




お題は・・・・


「さ(ざ)」



おすぎ賞に選ばれると

おすぎさんからのプレゼントとして、ネックレスを差し上げます!!

2009/09/28

らぶ子のワタシの食べて♪(ビーフシチュー)

今週のらぶ子のワタシの食べて♪のテーマは『ビーフシチュー』!!


らぶ子が作った料理は
『らぶ子特製!ビーフシチュー!!』

〜材料〜(4人前)

シチュー用牛肉  600g
 (大きなかたまり状)
牛こま切れ肉   適量
じゃがいも    6個(2個はソース用)
玉ねぎ      2個(1個はソース用)
にんじん     3本(1本はソース用)
マッシュルーム  適量
ブロッコリー   適量
赤ワイン     1/2本
トマトピューレ  2缶
トマトの水煮   1缶
リンゴ      少々
砂糖       適量
しょうゆ     少々
バター      適量
塩・こしょう   各適量




<ドミグラスソースを作ります。>
@じゃがいも2個、玉ねぎ1個、にんじん1本はみじん切りにします。
Aシチュー鍋にバターを溶かし、シチュー用牛肉を炒めます。肉に焦げ目がついたら、@を加えて炒めて塩・こしょうをします。
B野菜の色が変わってきたら、鍋の半分くらいまで水を入れます。そのまま弱火で煮て、アクが出てきたらこまめにすくい取ります。
C4時間位煮込んだら肉を取り出し、スープの中の野菜を網じゃくしですくって裏ごしします。
   ※らぶ子は圧力鍋を使用したため、煮込み時間を短縮しています。
D裏ごしした野菜をスープに戻し、再び弱火で煮ます。水が少なくなったら足しつつ、2時間くらい煮たら、分量の赤ワインを少しずついれます。沸騰してきたら、トマトピューレと細かく切ったトマトの水煮を入れて味見をします。酸味が強い場合はリンゴをすって入れ、塩・こしょうは足りなければ足して味を整えます。隠し味にしょうゆを少々いれます。

<盛り付け用の野菜を煮ます。>
@残りのにんじん、玉ねぎ、じゃがいもは一度ゆがいてから、こま切れ肉でとったスープに入れて1時間くらい煮ます。この時に調味料はいれません。
Aやわらかくなった野菜をソースCで取り出した肉をドミグラスソースに入れ、弱火で1〜2時間煮込みます。

<仕上げ>
@小さな鍋に砂糖(適量)と水(少々)を入れてカラメルソースを作ります。ほんの少し茶色になったらシチューの中に入れます。
  ※このとき、飛び散るので注意してください。なるべく手をのばし、シチュー鍋の下のほうにいれましょう!
A火を止める直前にマッシュルームを入れます。
Bブロッコリーは別にゆでておき、シチューを器にもってからいれます。


スタジオには『ステーキハウス蜂 博多リバレイン店』より樋口さんと料理担当の中島さんに お持ち帰り用のビーフシチュー を持ってお越しいただきました!

ステーキハウス蜂 博多リバレイン店
 住所:福岡市博多区下川端町3−1
 電話:092−282−8846

2009/09/14

らぶ子のワタシの食べて♪(炊きこみご飯)

今週のらぶ子のワタシの食べて♪のテーマは『炊きこみご飯』!!


らぶ子が作った料理は
『らぶ子特製!秋鮭の炊きこみご飯!!』

〜材料〜(4人前)

お米   3カップ
秋鮭   3切
しめじ&まいたけ 200g
だし汁  300ml
牛乳   300ml
にんにく 1
バター  10g
青ねぎ  少々
 (小口切り)

<A>
酒   少々
醤油  少々

<B>
酒   大さじ1
醤油  大さじ1
塩   小さじ1/2

@鮭は骨をとり、一口大に切ってから<A>をからめておきます。
Aしめじとまいたけは食べやすい大きさに、青ねぎは小口切りにし、にんにくはつぶしておきます。
B炊飯器にお米とだし、牛乳、<B>、バター、にんにくを入れ、@とAをのせて炊きます。
C炊き上がったら仕上がりに青ねぎを散らしたら完成!!


スタジオには「釜飯宅配専門店・釜のや福岡中央店」からオーナーの沖さんに釜飯を持ってきていただきました!


「釜飯宅配専門店・釜のや福岡中央店」
092−724−3199

2009/09/12

「やっぱり、ひょうごキャンペーン」の旅 最終章

洲本城跡の案内役は 洲本市観光協会【0799-22-0742】
のボランティアガイドさん
地白さん!!

開口一番「あんた らぶ子さん??写真より若いね〜」と褒めてくださいました。

地白さんの白いバンにのって三熊山をどんどん登っていきます!

BGMはインディージョーンズのテーマ曲!


とにかく歩く歴史書!?というくらい 地白さんの口からは洲本城の歴史がでてきます。

さらに 三熊山一体は 珍しい植物も多く、三熊山で発見された植物もあるということで
その「シロミノヤブムラサキ」という世界に一つだけの天然記念物も見せていただきました。 


脇坂安治が完成させたという洲本城。敵にせめられないよう石を何段も積み
石垣をつくっているのですが 今でも それがしっかりと残っています。
西日本最大の要塞だったそうです。
現在は 実物の10分の1の天守閣が復元されていて、そこからの眺めは最高でした!


天守閣近くにある ボランティアガイドさんの詰め所で 
地白さんのお話を伺いながら
歴史の人物に思いを馳せる時間は とっても楽しいひとときです。


10月18日に 「洲本城 脇坂安治 400年祭」
があるということですよ!
詰め所に 甲冑がありましたがこれを身につけ
武者行列もあるそうです!

ぜひ いってみてください!
そして 地白さんに会ってください!
地白さん ありがとうございました!

お問い合わせ 洲本市観光協会  TEL. 0799-22-0742


いよいよ淡路島とお別れです・・・

帰りは「明石海峡大橋を下から眺めたい」という私の願いを聞いてくださり
「タコフェリー」に乗ることになりました。

淡路市と明石市をむすぶおよそ 20分の大型フェリー!
船体には大きなタコのイラストが!
船内もタコのキャラクターがいっぱいで子供たちにも大人気!

「おおっーーー 真下だ!!」


明石海峡大橋をくぐるときの迫力は 鳥肌ものです!!


明石市について食べた 明石焼きはとってもおいしかったです!

詳しくは「まりもの気持ち」読んでくださいね!


ラジオ関西の谷川さんと運転手さんともお別れの時間が近づいてまいりました。

車の中で、ラジオ関西の日曜お昼の子供向けの番組をききながら「JR新神戸駅」に到着!

両手にたくさんのお土産を持って、お二人にお礼をいって
新幹線の改札口にむかったのでした。

ほんとうに 楽しかった〜!!

6回にわたってお送りしてまいりました

らぶ子の「やっぱり、ひょうごキャンペーン」の旅。


いかがでしたでしょうか?
こうして 思い出しながら書いているうちに またいきたくなってきました。

たとえ女一人でも カップルでも ご家族でも・・・


淡路島はきっと あったか〜く
あなたを迎えてくれますよ!


2009/09/11

「やっぱり、ひょうごキャンペーン」の旅 その5

洲本温泉は 風情のある城下町の温泉街で
大阪湾に面した海岸線沿いに
リゾートホテルや旅館が立ち並んでいます。

そんななか、創業100年の老舗旅館「海月館」
【洲本市海岸通 0799-22-0203】に到着!
到着後、すぐに自慢の温泉へGO!

海沿いにある展望大浴場からの眺めは最高でした!
内風呂は ひろ〜い浴場の海沿い一面がガラス張りになっていてそこから青い海と水平線が望めるのです!

穏やかな海がどこまでも どこまでも広がっていて、
夕暮れ時にきらきら輝いて本当にきれいでした。

夜は女性が内風呂で 男性はさらに上の階の露天風呂つきのお風呂だったんですが
朝は露天風呂つきが女湯になります。


もちろん朝風呂も楽しみました!

露天風呂からの眺めは 内風呂以上です!
海 海 海〜
朝からこんな景色が眺められるなんて
なんて幸せなんでしょうか。
風も心地よく 波の音を聞きながら
温泉につかっていると 心も体も癒されました。

夜のお楽しみはもちろん海の幸!


写真見てくださいよ〜
テンション上がりまくりです!

鯛に伊勢えび、アワビにサザエ お刺身の盛り合わせ!

さらに鯛のお頭の煮付け、鯛めしと「鯛祭りか!」
というくらいの勢い。
本当にありがタイ!

他にも海鮮鍋に 夏が旬のハモの湯引きまでいただいちゃって!梅のソースでいただくと
ぷりっぷりですよ!

淡路島って 明石海峡 紀淡海峡 鳴門海峡と三つも海峡があってその激しい海流にもまれるので 適度に身がしまって 

山が海に迫ってるのでプランクトンが育ち、よい餌場もあるので 脂ものってるという そんな魚たちが揚がってくるので、地魚が美味しいんですって! 

さらに 淡路牛のミニステーキ 天ぷら盛り合わせサラダに小鉢にデザートに フルーツ!!

「ご馳走様でした」


もう はちきれそうなくらいお腹いっぱいでした〜!!


食べ物でいうと
朝食に出た 「たまねぎスライス」のサラダに感動しました。

淡路たまねぎって本当に甘いんですね〜
鰹節がのってて、醤油をかけて食べるだけでこんなに美味しいなんて!

買って帰ると重いかな〜と迷っていましたが
「やっぱり買おう!」と決心しました。



二日目は「海月館」からもみえた山の上のお城「洲本城」をめざします!

次回もお楽しみに!




2009/09/10

「やっぱり、ひょうごキャンペーン」の旅 その4

いざなぎ神宮【淡路市多賀】は
由緒ある神社でした。
立派な鳥居くぐると
白い砂利が敷き詰められた参道がつづき、きれいな石橋と
鯉が泳いでいる池もあります。

国生み神話によると イザナミとイザナギは
淡路島を最初につくり
続いて、四国 隠岐の島 九州 壱岐島 対馬 
佐渡島を生み、最後に本州を生んだそうです。

そのイザナギとイザナミの二柱を祭っていて
日本書紀によると 国を生んだ後、イザナミが 
この地に幽宮を構えて余生を過ごしたそうです。

境内に樹齢 900年といわれている夫婦大楠があって
二つの株が上に行くにつれて 一本になっているという
まさに「夫婦円満」「縁結び」にふさわしいものもあるんです。


さらにびっくりしたことに!!
「頭髪感謝の碑」なるものを発見!!


丸っこくて黒く
毛根をイメージしたものが祭られているのですが
神社の方に伺うと、
美容関係の方が主となり、
髪の毛一本一本に宿る命にも
感謝の心を持とうということで
この国生みの神様のもとへと奉納されたそうです。


「これは 和田さんや沢田さんのために」

さわったりするとよりふさふさになったり
ご利益あるのかなと恐る恐る・・・つるつる。


お参りの仕方は自由だそうです。


おみくじをひくと「大吉」でした。


さらに気分はハイテンション!

つづいて向かったのは
「淡路ワールドパークONOKORO」
【淡路市塩田新島 0799−62−4664】

子供たちが大好きなテーマパークなんですが
なかでも世界の有名建造物の25分の1の縮尺の建物が忠実に再現されたミニチュアワールドが名物です!


「ひゃー ピラミッドやん!!」


「万里の長城もある!」


「これは・・・ロシアのものだっけ」


「ピサの斜塔だ!!斜めになってる!!」


かなりリアルで素晴らしいし
とにかく面白い!


子供だけじゃなく大人だって夢中になります!

そこで写真を撮れば あなたもあっというまに 世界一周旅行気分!!ですよ。


という感じで
一日いろんなところにいったんですが
まだまだ いきたかったところはたくさんあります。


香りのテーマパーク「パルシェ 香りの館」でオリジナルの香水作りたかったな〜とか

「パルシェ 香りの湯」にはハーブを使った美人の湯があったんだ〜とか 
人形浄瑠璃も見たかったし、乗馬体験もしたかった!!


どれもこれも魅力的!

これらは次回にとっておきましょう!
ということで


今回の旅のお宿である 洲本温泉「海月館」に向かったのでした。

2009/09/07

「やっぱり、ひょうごキャンペーン」の旅 その3

つづいて向かったのは
「たこせんべいの里」【淡路市中田4155−1 0799−60−2248】

タコ、イカ、エビなんかの海産物をつかってできたせんべいの工場なんですが、
工場見学はもちろんのこと
なんと美味しいせんべいが

たべほーだーい♪

工場のなかは たくさんの人であふれていました。
みんな試食しまくりです!
種類も豊富なので どれにしようか迷うくらい!

さらに コーヒーまでサービス!

しっかり味見をしたら、ちゃんとお土産も買っていきましょう!

私は いろいろな味が楽しめる
よくばりなパックを買いました!


次はどこいこうかなぁ・・・
谷川さんが用意してくださった観光情報誌をみていたら

「国生み神話」という文字を発見!!

「なになに・・・淡路島につたわる国生み神話は古事記や日本書紀にも登場する物語。
イザナギ、イザナミが生んだ最初の島が「おのころ島」で それが現在の
淡路島といわれている・・・」

すごいなぁ〜

そして そのイザナギ、イザナミを祭る神社がある!!

らぶ「ここ行ってみたいです!」

谷「(にっこり笑って)いいですよ」

運転手さん「(にっこり笑って)では いざなぎ神宮に向かいます」

だって 「夫婦円満、子受け、縁結び」などにご利益って書いてあるんですもの!
こうして兵庫のたびはまだまだ続くのである。


2009/09/03

「やっぱり、ひょうごキャンペーン」の旅 その2

「淡路島牛丼」を求めて向かった先は「淡路夢舞台」

とにかくひろーい!!そしてカッコイイ!!

およそ28万uの敷地内に
温室の植物園や あのベッカム選手も泊まったというウェスティンホテル淡路!
さらに野外劇場に 国際会議場 レストランやショップなどがはいっています。

世界的な建築家 安藤忠雄さんが手がけたというデザインだけあって
コンクリートの打ちっぱなしの近代的な建築物なんですが
斜面に花壇があったりして 自然がうまく調和しています。
高いところからは大阪湾も望めますよ!


その中のひとつのレストラン「グリル夢工房 淡路」
【淡路市夢舞台内 0799−74−3838】に

「淡路島牛丼」があるというのです!


「淡路島牛丼」(通称 あわぎゅー)の定義とは


@淡路牛をつかっている
A淡路たまねぎをつかっている
B淡路米をつかっている



つまり「淡路島牛丼」は淡路島のソウルフードなのです!!


去年くらいから 淡路島のいろいろなお店やレストランで
この牛丼をメニューにとりいれ、その数なんと52店舗!
食べ歩きで一日3食食べたとして 17日+一食分です!
マップをみたらどれも美味しそう!!


どんなお味だったかは・・・ ラジオでたっぷり紹介します!


お腹いっぱいになって向かった先は
「あわじ花さじき」
【淡路市楠本2865−4 0799−74−6426】


一面の花畑の向こうには 青い明石海峡が!!

「きもちいーーーーい!!!」



広さは 甲子園球場のおよそ4倍だそうです。
ちょっと小高いところにあり、花畑が斜面になっているので 遠くまで見渡せるのもいいし 海から ここちよい風もふいてきます。



今は 赤や紫のサルビアなどの花が咲いていましたが、秋にはコスモスが咲くそうです!
きれいなお花畑の間を軽やかに歩けば 気分は 


花の子ルンルン!

しかも入園無料!!



絶対ここでデートしたい!



まずは相手をみつけなきゃと 

兵庫でも感じた瞬間でした。つづく。

2009/09/01

「やっぱり、ひょうごキャンペーン」の旅 その1

現在「やっぱり、ひょうごキャンペーン」が行われている兵庫県!

その兵庫県にわたくし 原田らぶ子が実際に訪れ
絶景を見て、美味しいものを食べて、温泉につかって、
観光地をめぐって
その良さをおもいっきり体感して みなさんにご報告する!
という 
なんとも素晴らしい企画が ひそかに立ち上がっていたのです。


そして ついに!!!

8月29日30日!!!!

兵庫にいってきました!!!!!


はっきりいって 34年間生きてきて、こんな夢のような旅は
経験したことないですし、
これからもないかもしれません。


それくらい サイコー☆でした!!


博多から新幹線 のぞみにのって2時間15分で新神戸に到着!


改札を出たところに
一人の素敵な若い男性が私をまってくれていました。手には


「Welcome KOBE 原田様」

今回の旅の案内人です!!
一気に私のテンションはハイにギアチェンジ!!


さらに 駅の外には
黒い高級車が止まり、
笑顔がとっても素敵な運転手さんが
車のドアを開けてまってくれていました。


まず向かったのは「淡路市」
世界最長3911メートルのつり橋明石海峡大橋をわたりました!


らぶ子淡路島 初上陸!!

それまで 小雨がふっていたのですが
橋を渡りきる頃には すっかり太陽が顔を出しいいお天気に!


橋を渡ってすぐのところにある
「淡路ハイウエイ オアシス」


特産品はもちろん 地ビールなんかもあるんですが
カフェや公園
さらに観覧車があるのです!


観覧車の高さは65メートルほどですが
海抜135メートルと
海のすぐそばにあるのでより高さを感じ

上から見下ろすと迫力満点!

明石海峡大橋はもちろん 晴れていれば神戸空港まで
一望できます!
観覧車は夜9時まで営業なので夜景も見れる
まさにビューポイント!

その明石海峡大橋は日没から午後11時土日祝日は午前0時まで
ライトアップされて、その 光のパターンがなんと 
28種類もあるんですって!


谷川さんも「いつみても違うんです」というくらい
時刻や季節、イベントにあわせた 
いろんな色や輝きが楽しめるそうです。


玉ねぎなど いろいろあるお土産の中で

選んだのは「びわのふわふわロールケーキ」

びわも特産品なんです!

観覧車ではしゃいだら お腹がすいてきました!


谷「実は「淡路牛をつかった淡路島牛丼」というのが 色々なお店のメニューででてまして・・・」

らぶ「それ 食べたいです!!」


即決でした。

私の兵庫の旅は まだまだ始まったばかりです! つづく。



<<  2009/9  >>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事