KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

2013/02/28

北九州市小倉北区魚町「フードトラベル ジャポラマ」

・2月27日にオープンしたばかり。
・フレンチと和食が中心のお店で、メニューの中にはイタリアンもあるということです。
・女性を中心に、若い人から60代・70代くらいの年配のお客さんもいらっしゃるということです。
・ おすすめのメニューは・・・
○「フォアグラソテー」(1500円)・・・十分満足できる大きさ。通常1500円が現在はオープン記念で750円で食べることができる。
○「マグロとアボカドのタルタル」(650円)・・・女性に人気のメニュー。角切りのアボカドとマグロをバケットにのせて、タルタルソースをつけて食べる。
○「サーモンとクリームチーズ」(550円)・・・クリームチーズをサーモンで巻いて食べると、口の中でクリームチーズが溶け、サーモンとの相性もいい。
・ランチメニューはパスタが中心。週替わりのパスタに魚やお肉がのったプレートとのセット。
・ビルの2階と3階がお店になっていて、3階は100人くらいの人数が入り、結婚式の2次会などにも使用できるようになっている。

「フードトラベル ジャポラマ」
北九州市小倉北区魚町2−3−19 ロンドビル2F
(魚町銀天街の中。みかげ通りから平和通駅方面へ入り、最初の交差点をこえたところ)
電話:093-511-0655
営業時間:ランチ11:00〜17:00  ディナー18:00〜24:00
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
フォアグラソテーを500円に!

2013/02/27

今日の深瀬智聖!37

ちせいさん髪色かえたようです。

2013/02/27

福岡市中央区天神「地鶏専門店 力」

・去年の9月28日にオープン。
・「博多地鶏」と「薩摩種鶏」の2種類の地鶏を中心にした地鶏専門店。
・サラリーマンや家族連れのお客さんも多いというお店。
・おすすめのメニューは・・・
○「鶏レバーの刺身」(480円)・・鮮度にこだわり、そのおいしさには自信がある。
○「砂ずりの刺身」(480円)・・・ほかの店にはほとんどないメニュー。色は真っ赤でゴリゴリした歯ごたえで、かたさが全くちがう。
○「地鶏の炙り焼き」(650円)・・・表面を炙り焼きにしたたたきで、もも肉を使っている。
○「地鶏炭火焼」(1480円)・・・1番人気のおすすめメニュー。
○「とり皮」(300円)・・・食感がしっかりしていてゴリゴリしている。脂分もすくなくさっぱり食べることができる。
・メニューには新鮮さが売りのものが多く、仕入れの状況によって、その日にはないものもある。仕入れても数が少なく開店してすぐに終了するものも多い。

「地鶏専門店 力」
福岡市中央区天神三丁目6―5スパジオビル1階
(親富孝通りの少林寺の裏)
電話:092-406-4901
営業時間:17:00〜23:00
定休日:日曜・祝日

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
とり皮を1人1皿サービス!

2013/02/26

着物バカ

毎週火曜日のカンパニー漫遊記は「九州馬鹿一代」
ひとつの道を極めた方をゲストにお迎えし、尊敬の意味を込めて「バカ」とお呼びしております。

本日のバカは「着物バカ」の高倉慶応さん。
お召し物はなんと、裏地がお着物のスーツとベストでした!

高倉さんは、久留米では有名な着物店「蝶屋」の社長さん。
蝶屋では、着物の魅力を後世に伝えるために「ミス・ジャポン」という活動をしています。
詳しくはコチラから。

本日は「ミス・ジャポン2005」の江口さんにもお着物でお越しいただき、華やかな放送になりました。

2013/02/26

福岡市中央区渡辺通「じょうらく」

・「おいしい魚が安く食べられるお店を」と去年の11月15日にオープン。
・オーナーは魚にこだわるため、仕入れのルートなどの勉強のため魚屋で2年間働いて修行していたということ。
・「じょうらく」という名前は、楽しく生きるという意味の造語(生楽)。
・カウンター席・テーブル席あわせて25席ほど。サラリーマンの方に人気。
・おすすめのメニューは・・・
○「寒ブリ」・・・脂がのったおいしい季節で、「刺身」(1100円)や、昆布だしにくぐらせ、自家製のポン酢につけて食べる「寒ブリしゃぶ」(2人前1680円)もおすすめ。 ゴマサバのように、ゴマ醤油であえてもおいしい。
○「白子」・・・ポン酢・ねぎ・もみじおろしをつけてそのまま食べたり、焼いてから塩をつけて食べてもおいしい。
○「ねぎとん」(880円)・・・とんかつにネギをたくさんかけて天つゆにつけて食べる。魚以外にも無菌豚を使った料理も好評。
・魚の味を引き出す醤油にもこだわっていて、親富孝通りの福萬醤油の醤油ソムリエの人と選んだ醤油を使っている。

「じょうらく」
福岡市中央区渡辺通2-8-26
(電気ビルの裏の通り。渡辺通り郵便局の2軒隣り)
電話:092-734-3030
営業時間:17:00〜1:00
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/02/25

福岡市中央区大名「炉端とワインバル 大名えーす」

・2月3日にオープンしたばかりのお店。
・落ち着いた雰囲気の店内で、20代前半から35歳くらいの女性のお客さんに人気のお店。
・食材とワインにはこだわりを持ち、そろえているということです。
・おすすめのメニューは・・・
○「採れたて野菜のバーニャカウダ」(小580円・大780円)・・・糸島産と朝倉産のこだわりの野菜を使っている。ソースが和風と洋風の2種類があり、味噌を使った和風のほうが人気がある。
○「フォアグラのソテーをのせた茶碗蒸し」(500円)・・・フォアグラと茶碗蒸しが意外にもよく合い、さくっと食べれる。
・ドリンクメニューは100種類ほどあり、そのほとんどが230円から。
・グラスワインも230円からで、こだわりのワイン12種類。ボトルは1380円から。
・コース料理は、3000円から。
・飲み放題は、2500円、3000円、3500円、4000円の4種類がある。

「炉端とワインバル 大名えーす」
福岡市中央区大名1−11−13 B1F
(西通りから一風堂のある通りを大名方向へ進み、ローソンがある交差点を左折し、100メートルほど進んだところ)
電話:090-7456-9283
営業時間:18:00〜1:00  金・土・祝前日 18:00〜3:00
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
デザートサービスまたは飲み放題1時間延長!

2013/02/22

福岡市中央区赤坂「鉄板居酒屋 牡蠣やまと」

・去年の12月にオープンしたばかりの牡蠣料理専門店。もとは関西のお店で、
九州ではこの1店舗だけ。
・テーブル・カウンター合わせて30席ほど。サラリーマンや年配の方に人気のお店。
・メニューによって、つかう牡蠣の種類(産地など)が違う。その調理法にいちばん合うタイプの牡蠣を選んでいる。
・おすすめのメニューは・・・
○「牡蠣のお好み焼き」(1100円)・・・13センチほどですが、厚みと量がある。
兵庫産のクリーミーな牡蠣がまるまる9個とキャベツ・ねぎなどが入っており、
片面はお好み焼き生地、もう片面は天カスで覆って焼く。サクサクふんわり食感
○「牡蠣ステーキ」(780円)・・・シンプルに鉄板で牡蠣を焼いたもの。ガーリック・岩塩・バター醤油・ポン酢の4種類の味付けから選べる。秘密のだしをつかったバター醤油がいちばん人気。
○「牡蠣チャンジャ春巻き」(780円)・・・小ぶりな牡蠣にピーマン・玉ねぎ・にんじんなどの野菜、それにチャンジャとモッツァレラチーズが入った春巻き。チーズで辛さがマイルドになっているため、食べやすい。
○「牡蠣フライ(780円)」の選べるソースに「明太子タルタル」があったり、明太子の入ったとんぺい焼き「めんぺい焼き(680円)」など、福岡店ならではのオリジナルメニューもある。

「鉄板居酒屋 牡蠣やまと」
住所:福岡市中央区赤坂3-9-28 ロフティ赤坂102(けやき通り沿い。青い看板が目印)
電話番号:092-517-4537
営業時間:ゆうがた5時〜深夜0時
不定休

今日の特典
今日から1週間(28日まで)「パオーンを聞いた」というと
「牡蠣の佃煮」を1人1皿サービス!

2013/02/21

福岡市中央区渡辺通「Izakaya 混」

・オープンして3年くらい。魚と馬肉が楽しめるお店。
・警固にあるダイニングバー「コネクト混」の2号店としてオープン。
・九州の食材にこだわり、魚は玄界灘で獲れたもの、馬肉は小郡から仕入れている。
・お店は、2階建ての古民家を改装したつくりになっている。
・おすすめのメニューは・・・
・○「お刺身の盛り合わせ」(1人前1800円)・・・季節の魚の5〜6種類の盛り合わせ。1人前でも実際は2人でも十分食べれる量。
○「大根のからあげ」(300円)・・・おでんで出てくるような大根をから揚げにしている。もちもちした食感で、食感も楽しめる名物料理。
・レバーやユッケはまだ馬肉のものは食べれるのでおすすめ。
・日本酒を常時10〜15種類そろえている。
1週間くらいで日本酒を入れ替え、同じ銘柄は置かないようにしている。3種類の日本酒が選べる「利き酒セット」(900円)もおすすめ。
今ある銘柄では、新潟の「むらゆう」、三重の「酒屋八兵衛」、久留米の「杜の蔵」などがおすすめ。

「Izakaya 混」
福岡市中央区渡辺通5-5-13
(国体道路沿いのフレッシュネスバーガーから春吉方面へ入って、点滅信号を左に曲がってすぐ)
電話:092−715−0115
営業時間:18:00〜3:00  日曜日:18:00〜1:00
定休日:火曜日

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
「大根のからあげ」をサービス!

2013/02/20

今日の深瀬智聖!36

LinQメジャーデビュー決定!
ということで、リスナーの方からのお祝いがKBCに届きました。
智聖さんも嬉しそうです。

2013/02/20

福岡市中央区大名「ベーネペッシェ」

・去年の7月にオープン。
・大阪に本店があり、関西・広島・ハワイ・シンガポールにも店舗があるイタリア料理のお店。
・「豪快でインパクトのあるもの」がお店のコンセプト。
・常連のお客さんでは、ひとりで来る人も多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「カルパッチョ盛り合わせ」(1260円)・・・サーモン・タイ・マグロや三重県鳥羽漁港から仕入れたカキの盛り合わせ。
○オイスターシューター(840円)・・・ショットグラスに入れたカキに、レモン・塩・バルサミコなどをかけて一気に食べる。カキ6個入り。
○「アクアパッツァ」(1680円)・・・アサリ・ムール貝・エビ・イカ・タコなどを、アラからとったスープとドライトマトで煮込んだ鍋料理。
・カウンター席、テーブル席、掘りごたつ席があり、全体で100名ほど入る。
・コースは6品ほどが出る2500円のコースから。それ以外にも予算や料理内容を相談することもできる。

「ベーネペッシェ」
福岡市中央区大名1丁目3-41 プリオ大名ビル1F
(国体道路から紺屋町通りに入り、テムジンの角を左に曲がってすぐ)
電話:092−791−3486
営業時間:17:00〜24:00
定休日:無休

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
「カルパッチョ盛り合わせ」をサービス!

2013/02/19

キキナサイケーキ

本日の「九州馬鹿一代」は、立体ケーキバカの新宅さゆりさんをスタジオにお招きしてお送り致しました!
新宅さんは、福岡市中央区白金にあるチーズケーキ専門店「ラフブロッサム」のパティシエをしながら、個人で立体的なオーダーケーキの注文も受けています。

↓注文・お問い合わせはコチラから↓

【HAPPY ORDER CAKES Sally's】
〒810-0012 福岡市中央区白金1-9-7(ラフブロッサム内)
090-9655-0220/sally1227@i.softbank.jp(新宅さん個人の連絡先)
Facebookからの注文も可能です(「新宅さゆり」で検索!)



添付画像は、新宅さん作・パオーン公式キャラクター「キキナサイ」のケーキです!

2013/02/19

福岡市中央区六本松「アジアンフード イムキッチン」

・去年の6月20日にオープン。タイ料理をメインにベトナム料理や中華料理などが食べられるお店。
・オーナーは以前、大名にあった「ジャミンカー」というタイ料理の店で働かれていた経験があり、本場のタイにも料理を勉強しに行っていたこともあったそうです。
・自分の店を出すため、一度サラリーマンとして運送会社で働き、お金を貯めて、去年お店をオープンさせたということです。
・お店の名前の「イム」は、タイ語で「ほほ笑む」などの意味がある。
・おすすめのメニューは・・・
○「アジアン風カルパッチョ」(800円)・・・ナンプラー、パクチー、豆板醤、ごま油、オリーブオイルなどを使った自家製のカルパッチョソースを使っている。
○「鶏とカシュナッツの辛味噌炒め」(800円)・・・タイの辛味噌「ナンプリックパオ」を使い揚げ鶏を炒めている。
○「夜定食」(1500円)・・・1ドリンク、トムヤムクン、炒めものがセットになっている。会社帰りのサラリーマンに人気。
○「トムヤムクンラーメン」(700円)・・・トムヤムクンベースのスープで、麺は小麦の麺か、フォーの麺かが選べる。
「アジアンフード イムキッチン」
福岡市中央区六本松2-4-16
(六本松交差点近く。城南線の草が江方面からだと、六本松交差点から左へ細い道へ入り、その突き当り)
電話:092−714−7755
営業時間:昼11:30〜14:30 夜18:00〜23:00(22:00オーダーストップ)
定休日:日曜日・祝日

2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
その日のおすすめのデザートをサービス!

2013/02/18

料理の凡人「花咲くふわとろ角煮釜めし」

「花咲くふわとろ角煮釜めし」レシピ


★材料★
・豚バラブロック
・白米
・おくら
・とろろ
・にんじん

*しょうゆ
*料理酒
*みりん
*砂糖
*酢
*しょうが
(お好みで大根・ゆで卵・白ねぎ)


★作り方★
1.豚バラブロックを好きなサイズにカット(大根・白ねぎ・ゆで卵など、お好みの具も)
2.カットした具材と(*)の調味料を全て炊飯器に入れ、炊き上げる
3.おくらは細かくカット、にんじんはお花型にカットし、とろろをする
4.白いご飯の上に炊き上がった角煮のせ、煮汁も染み込ませる
5.おくらを散らしてとろろをかけた上から、にんじんを散らす

今回、ご協力いただいた「釜めしビクトリア」の情報はコチラ!

2013/02/18

北九州市小倉北区鍛冶町「ジャパニーズダイニング 青庵」

・オープンして12年。そばと季節のものを使った和食のお店。
・オーナーの名前が「青柳」なので、店の名前に「青」が入っている。
・季節の食材を使い、仕入れの状況もあるので、ほとんどのメニューが日替わり。
今の時季、豊前のカキやうちわえびがおいしい季節。
・通常のメニューでは、そばと自家製の豆腐が人気。
そばは手打ちの麺で、盛りそば(850円)、とろろそば(1000円)、鴨せいろそば(1350円)などがある。
自家製の豆腐は、豆乳とにがりを混ぜたもので、プリンのような食感。お客さんにも好評。
・お客さんと話しながら、食材を決めて料理を選んでもらうことが多い。
・30代から60代・70代のお客さんが多い。
・カウンター席と座敷があり、23人くらいが入る。


「ジャパニーズダイニング 青庵」
北九州市小倉北区鍛冶町1‐3‐1
(モノレール平和通駅から歩いてすぐ。平和通駅から鴎外ストリートに入り最初の角)
電話:093−533−0023
営業時間:17:30〜2:00(1:00オーダーストップ)
定休日:日曜日

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/02/15

福岡市中央区舞鶴「七輪居酒屋 iso de chicken」

・去年の5月オープン。お客さんが自分で魚の干物や鶏肉などを七輪で焼いて食べるシステムの「日本初バーベキュー酒場」(イソデチキン=磯でバーベキューを楽しむ)
・30〜40代の男性に人気のお店。テーブル、ほりごたつ、座敷あわせて35席ほど。
・おすすめのメニューは・・・
・「干物おためしセット」(1000円)・・・その日のおすすめの魚の干物5種類ほど。
カナギ・ハタハタ・平太郎(へいたろう)金太郎・サンマ・アジ・サヨリなど・・・東北やその他の地域の珍しい魚を食べることができる。
・「サバ」(650円)・・・いちばん人気の干物。特大サイズ(20cmほど)で、
大人2〜3人で食べても満足できる量。
・「鶏肉おためしセット」(700円)…宮崎や鹿児島産の鶏肉の様々な部位から5種類。
もも、はらみ、ささみ、はつ、すなずり、レバー、かわ、ぼんじり、なんこつなど・・・
・「干物」「鶏肉」「野菜(700円)」のみおためしセット(盛り)があり、その中に含まれているものは単品で注文することが可能。
・そのほか「牛肉」と「豚肉」がありますが、それらは決められた部位を単品で注文する。
・「生ビール・ハイボール」(90円)その他のドリンクも200円と、激安!

「七輪居酒屋 iso de chicken」
福岡市中央区舞鶴1-6-18(那の津通り沿い。向かいには「ざうお」緑のちょうちんが目印)
電話:092−716−3120
営業時間:ゆうがた5時〜深夜1時
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/02/14

福岡市中央区今泉「CASADOL MOJITO」

・オープンして8年目。カクテル、ワイン、ビール、ノンアルコールカクテルなど300種類くらいのドリンクが揃うバー。
・お店の名前にもなっているキューバ発祥のカクテル「モヒート」がウリのお店。
・20代から60代くらいの幅広い層のお客さんが訪れるそうです。
・店内にはレコードがたくさん置いてあり、お客さんがその中から選んで店内で流すことができるそうで、オールディーズのレコードを選ぶ年配のお客さんも多いそうです。
・おすすめのメニューは・・・
○「モヒート」(800円)・・・ラム酒をベースにソーダで割った、ミントの香りが爽やかなキューバ発祥のカクテル。スタンダードなモヒートのほかに、「ココナッツモヒート」「カンパリモヒート」など11種類ある。
○「ガルフストリーム」(700円)・・・ウォッカベースのカクテルで、ピーチが入って甘めのお酒。見た目も鮮やかな青で、女性に人気。
○「中南米ピザ」(900円)・・・サルサソースで味付けしたピザ。
・カウンターのほかに、ソファ席、外に出れるテラス席がある。


「CASADOL MOJITO」
福岡市中央区今泉2-3-22クロッシングスクエア3F
(上人橋通り沿い。1階にラーメン屋の「海舟」があるビルの3階)
電話:092-715-7454
営業時間:20:00〜5:00
定休日:不定休

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/02/13

福岡市南区大橋「和風ダイニング 凛家 〜創作料理と鮮魚のお店〜」

・オープンして5年目。旬の食材を使った和・洋・中の創作料理のお店。
・「凛家」は、お客さんに対して凛とした姿勢で接客するという意味で名づけたそう。
・20代から40代くらいのお客さんが多く、8割が女性。お昼は近所の奥様たちのお客さんが多く、お昼の方が忙しいそうです。
・おすすめのメニューは・・・
○「味噌仕立ての炊き餃子」(700円)・・・自家製の餃子を、白味噌とかつおだしを合わせたスープで炊き込んだ名物料理。
○「マコモダケの和牛巻き」(980円)・・・マコモダケという野菜に和牛を巻いてバルサミコソースで味付けしている。マコモダケは、見た目はアスパラとたけのこの中間のようなイネ科の野菜。
○「山芋とスモークチーズのバター醤油」(600円)・・・山芋のサクサクした食感と、トロッとしたチーズにバター醤油がよく合う。
・カウンター席、テーブル席、掘りごたつの個室があり30人くらい入る。最大20人までの宴会ができる掘りごたつ席もある。
・コース料理は飲み放題つきで3000円〜。前菜・刺身・揚げもの・メイン・デザートなど8品のコース。

「和風ダイニング 凛家 〜創作料理と鮮魚のお店〜」
福岡市南区大橋1-23-26 重松ビル1F
(高宮通りの西大橋交差点から大橋駅方面へ入り、最初の交差点のところ。
大橋駅西口から歩いて3〜4分。)
電話:092-985-8959
営業時間:ランチ 11:00〜14:30(火〜土のみ)
     夜  日〜木 18:00〜23:30  金・土・祝日前 18:00〜1:00
定休日:月曜日

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
デザートをサービス!

2013/02/13

今日の深瀬智聖!35

智聖さんからバレンタインのチョコレートをいただきました!

わーい

2013/02/12

福岡市中央区今泉「サンパチキッチン」

・先月1月23日にオープンしたばかり。
・メニューの全てが380円均一というイタリアンのお店。
・約40種類のメニューがあり全て380円。ドリンクも全て380円。
・おすすめのメニューは・・・
○「涙のフォアグラソテー」・・・10cmほどの大きさ。涙が出るくらいおいしいという意味の名前。380円でフォアグラはなかなか出せない赤字覚悟のメニュー。
○「渡りガニのトマトクリーム」・・・殻つきの渡りガニとトマトクリームをあわせたパスタ。パスタは全部で5種類。ほかに「シラスのぺペロンチーノ」「サーモンのクリームソース」「モッツァレラとバジルのトマトソース」「ニョッキゴルゴンゾーラ」
○ピザは「マルゲリータ」「テリヤキチキン」「オリーブとアンチョビ」「クアトロフォルマッジョ(4種類のチーズを使ったピザ)」の4種類。
・20代後半から30代後半くらいの女性のお客さんが多い。
・カウンター席、テーブル席があり45人ほど入ることができる。店内は間接照明で薄暗く暖かい雰囲気になっている。


「サンパチキッチン」
福岡市中央区今泉1-9-19 BuLaLaビル5F
(今泉公園前。ファミリーマートの道を挟んだ隣のビルの5階)
電話:092-741-7568
営業時間:夕方6時〜朝5時
定休日:無休

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
デザート「涙のハニートースト」をサービス!

2013/02/11

料理の凡人「オトせるラスク」

☆「オトせるラスク」レシピ☆

★材料★

・食パン
・砂糖
・マーガリン
・干し柿
・たくあん
・オリーブ
・チョコレートシロップ

★作り方★
1.食パンを食べやすいサイズに切る
2.食パンの前面にマーガリンを塗り、砂糖をまんべんなくつける
3.170度に温めたオーブンで15分ほど焼く(自分の好きな色目が付くまで)
4.干し柿・たくあん・オリーブを細かく刻む
5.焼きあがったラスクに、干し柿・たくあん・オリーブをそれぞれバランスよくのせ、チョコレートシロップを好きなだけかける

★ポイント★
たくあんとオリーブは水分をしっかりとる!
冷蔵庫に冷やしておくと美味しいかも!


今回、ご協力いただいた「チョコレートショップ」の情報はコチラ!

2013/02/11

北九州市八幡西区友田「焼鳥ダイニングあごはち 折尾店」

・オープンして3年くらい。焼き鳥やイタリアンの一流シェフから伝授されたというイタリアンメニューが充実しているお店。
・遠賀町にも「焼き鳥居酒屋・あごはち」というお店があり、こちらが2号店。
・「あごはち」という名前は、先代のオーナーが名づけた名前で、由来を聞いても教えてもらえないので、いまだにその由来は謎。
・古民家を改装したつくりで天井が高く開放的なつくりで、大型テレビでスポーツ観戦もできる。
・おすすめのメニューは・・・
○ピザ各種・・・「マルゲリータ」(750円)、「ベーコンときのこのピザ」(850円)、「生ハムのピザ」(950円)など、イタリアンのシェフ直伝のピザで、生地から手作り。
○パスタ各種・・・「ベーコンと青じそのぺペロンチーノ」(700円)、「明太子クリームパスタ」(800円)、「きのこの和風パスタ」(800円)、「モッツァレラチーズとバジルのトマトソース」(900円)。
○焼き鳥は1本100円〜150円。豚バラ、かしわ、ささみ、手作りのつくねなどが人気。
・コースは2000円〜。小鉢、サラダ、焼き鳥、ピザ、パスタなど8品。
・飲み放題は、90分1500円、120分2000円。
・20代の若いお客さんから50・60代の幅広いお客さん。

「焼鳥ダイニングあごはち 折尾店」
北九州市八幡西区友田1-12-37
(折尾中学校の前。友田1丁目交差点のところ)
電話:093-230-7758
営業時間:夕方6時〜深夜0時
定休日:火曜日

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/02/08

福岡市中央区大名「個室創作ゆず料理」

・去年の7月にオープン。もともとは関西のお店で、九州ではこの1店舗だけ。
・柚子を使用した料理が中心。健康や美容に良くて美味しいので、20〜30代女性に人気がある。
・完全個室で、150名ほど入れる。
・おすすめのメニューは・・・
○「ゆず姫コース」(一人3000円)・・・ドリンク飲み放題に、とり塩鍋と好きなデザート1品がついたコース。お鍋は鶏ガラベースのさっぱりとした塩スープ。具材は、鶏肉・キャベツ・もやし・白菜・にんじん・きのこ類などヘルシーなもの。
○「国産黒毛和牛のステーキ」(1418円)・・・ゆずバターソース(コクのあるバターにさっぱりとしたスライスのゆずをまぜたもの)をかけて食べる。お肉は宮崎産。
カットされたものが8枚ほどあり、女性なら2〜3名で食べても満足できる量。
○「クレープシュゼット ゆず風味」(578円)・・・バーナーでこんがり仕上げた
クレープ生地にバニラアイスをのせ、スライスゆずを散りばめたゆずペーストをかけたもの。上記のコースメニューでも、このデザートをセットに選ぶ人が多い。

「個室創作ゆず料理」
福岡市中央区大名1-12-52-4F
(岩田屋から徒歩2分。ABCマートの横のビル)
電話:092-716-7616
営業時間:ゆうがた5時〜深夜0時
定休日:年末年始

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
お好きなデザートを1人ひとつサービス!

2013/02/07

福岡市中央区警固「インド&ジャパン 善」

・去年の11月28日にオープン。オープンしてまだ2ヶ月ほど。
・「インドと日本の家庭料理」がテーマになっているお店。
・管理栄養士の資格を持っている井上さんは、インドの日本の家庭料理には共通点が多いということで、インドの食文化に興味を持ったとのこと。
日本のみそ汁のような感覚で豆のスープを飲んだり、肉じゃがに似た煮込み料理があったり、体に優しいものを食べるという点で似ているとのこと。
・お店にはインドのレストランやホテルで働いていたインド人のシェフもいらっしゃるそうです。
・井上さん自身はまだインドには行ったことがないそうです。
・おすすめのメニューは・・・
○「チャクナビールセット」(1050円)・・・「チャクナ」はヒンズー語でおつまみを表すことば。インドのビールと石釜で焼いたインド人シェフオリジナルのタンドリーチキンのセット。
○「インド&ジャパンセット」(1800円)・・・焼きカレーや焼き鳥などのセット。
・インドのカリーは、ラム肉を使った「マトンカリー」など15種類のカリーがある。
・井上さんのお父さんが焼酎マニアだということで、「村尾」や「魔王」などの高級な焼酎や「へっついねこ」、「ハナタレ」などの珍しい焼酎も置いているそうです。

「インド&ジャパン 善」
福岡市中央区警固2丁目11−10
(モノレール旦過駅から歩いて7〜8分。市立医療センターの裏)
電話:092-714-3081
営業時間:ランチ11:00〜15:00 ディナー17:00〜23:00
定休日:不定休

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
単品メニューが10%OFF!

2013/02/06

北九州市小倉北区中島「カフェダイニング グリーンオリーブ」

・2011年5月にオープン。イタリアンとフレンチが味わえるお店。
・オーナーは、長年フレンチのお店で働かれていたそうですが、身近に感じられるイタリアンを取り入れてお店をオープンさせたそうです。
・「グリーンオリーブ」の由来は、お店が緑を基調にしたつくりになっているので「グリーン」、それにイタリアらしく「オリーブ」をつけたということ。
・おすすめのメニューは・・・
○「チーズフォンデュピザ」(2人分1000円・3人分1500円)・・・チーズフォンデュにパンの代わりにピザをつけて食べる。チーズがトロッとして濃厚なので、チーズ好きの人におすすめ。
○「ラザニア」(850円)・・・生パスタ麺を使っているので、もちもちした食感。ミートソース、ホワイトソース、トマトソースが3層にわかれている。
○「ワンプレートランチ」(850円)・・・1日10食限定のランチの人気メニュー。日替わりでイタリアンオムレツ、グラタン、ハンバーグなどの5種類の料理に、パンとサラダ・スープがついている。
・そのほか、ピザは「マルゲリータ」、「きのこのグラタン風クリームピザ」など8種類。
・コースは、前菜3種、サラダ、パスタ、お肉料理、デザートなどがある2400円のコースが人気。
・イタリアンワインやチリ、アメリカなど世界各国のワイン14種類が2000円(90分)で飲み放題も人気。

「カフェダイニング グリーンオリーブ」
北九州市小倉北区中島1−16−2
(モノレール旦過駅から歩いて7〜8分。市立医療センターの裏)
電話:093-521-1317
営業時間:ランチ11:30〜15:00 夜18:00〜23:00
定休日:日曜日 (祝日はランチがお休み)

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ランチ「100円引き」  夜「ピザメニュー200円引き」または
「ワイン飲み放題通常2000円が1500円」!

2013/02/06

今日の深瀬智聖!34

本日、午後3時からの「ちーさんの発車オーライ」では、女子大生が企画するバレンタインイベントをご紹介します!

添付画像は、女子大生に対する智聖さんのイメージです。

2013/02/05

福岡市早良区祖原「博多鉄板 焼きやき亭」

・2010年7月にオープン。
・鉄板料理をメインに、さまざまな創作料理が食べられるお店。
・肉や野菜にこだわり、素材が持っている味を引き出すように調理している。
・おすすめのメニューは・・・
○「えびパン」(300円)・・・フランスパンにえびの自家製ペーストをのせ、蒸し焼きにしたパン。パンにはマヨネーズ系のソースがかかっていてワインとよく合う。2・3個食べる人もいるほどで女性にも人気。
○「お好み焼き」(850円)・・・キャベツは生産者にこだわり、その時期のいいものを使っている。お好みソースにはワインを混ぜている。ワインを混ぜることでソースに甘みとコクがでる。具は豚と玉子が基本。イカ・えびなどトッピングができる。
○「もやしそば」(680円)・・・しょう油ベースのソースに絡めた焼きそば。レモンをかけてあっさりと食べることができるので、最後の〆におすすめ。
○「カキ焼き」(180〜200円)・・・糸島の唐泊から仕入れた恵比寿かきを、鉄板で蒸し焼きにする。今の時期におすすめ。
・お客さんは、40代〜60代くらいの人が多く、夫婦で来る年配のお客さんが多い。

「博多鉄板 焼きやき亭」
福岡市早良区祖原14-7-105
(地下鉄西新駅から脇山口交差点から早良街道にいる。早良街道から見て「テングッドシティ」の裏)
電話:092-847-0220
営業時間:16:00〜24:00
定休日:木曜日

今日の特典
2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
「えびパン」サービス!

2013/02/05

覆面バカ

毎週火曜日のカンパニー漫遊記は「九州馬鹿一代」
ひとつの道を極めた方をゲストにお迎えし、尊敬の意味を込めて「バカ」とお呼びしております。

本日のバカは「覆面バカ」のアステカさん。
プロレスリング華☆激の代表をつとめていらっしゃいます。

レスラーのほかにマスク職人としての顔も持っているということで、自慢のマスクたちを披露していただきました!

2013/02/04

福岡市中央区薬院「39酒場 魚平」

・去年の5月28日にオープン。
・もともとオーナーは東京などで飲食店とは全く違う別の仕事をされていたそうで、福岡に帰ってきたときに食べた魚が衝撃的なおいしさで、自分でもおいしい魚が食べれる店を出したいということで、飲食店で修行して去年お店をオープンさせたそうです。
・魚は鮮度が一番大事と思っているので、鮮度だけはとことんこだわっている。
・おすすめのメニューは・・・
○「こぼれ寿司」(1380円)・・・かっぱ巻きの上に、ウニ、イクラ、ネギトロなど、その日に入っている新鮮なネタを、かっぱ巻きから溢れるほどのせている。
○「手まり寿司」(    円)・・・シャリを丸く握ったにぎり寿司。日替わりでウニ、イクラ、ブリ、タチウオ、アナゴなど。
○「ポテトサラダ」(590円)・・・じゃがいもは、メークインと男爵の2つを使っている。2種類のじゃがいもを使うことで、クリーミーさと、さっぱりした食感を出すことができる。
○「チキン南蛮」(650円)・・・たくわんが入った自家製のタルタルソースで食べる人気のメニュー。
・20代後半から40代前後のお客さんが多く、スタッフも元気なので、店の中はいつもにぎわっている。
・テーブル席と掘りごたつの席があり、35名くらい入る。
「39酒場 魚平」
福岡市中央区薬院1-12-18
(薬院六つ角から東に入ってすぐ。)
電話:092-739-3277
営業時間:月〜金18:00〜5:00 土18:00〜1:00
定休日:日曜日

2月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
その日のおすすめの刺身サービス!

<<  2013/2  >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新の記事