KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

2013/03/29

福岡市博多区美野島「楽しい家」

・2000年6月オープン。焼き鳥と塩もつ鍋のお店。
・テーブル・カウンターあわせて30席ほど。リーズナブルなのでサラリーマンや家族連れが多く訪れる。
・おすすめのメニューは・・・
○「塩もつ鍋」(1人前900円〜)・・・かつおだしと塩のシンプルなスープで、具材は鹿児島産黒毛和牛・キャベツ・にら・豆腐・にんにくなど。ゆず胡椒であっさりと食べる。シメとして、ちゃんぽん(180円)→雑炊(250円)の順番で食べるのがオススメ。
○「春菊サラダ」(500円)・・・春菊・キャベツ・トマトにかつお節・ゴマ・刻み海苔を乗せ醤油ベースの和風ドレッシングをかけたボリューム満点なサラダ。春菊は生なのでえぐみがなく、苦手な人でも美味しく食べられる。
○「揚げだしトマト」(480円)・・・四つ切トマトを天ぷらにしてだしをかけたもの。他に揚げ出し豆腐をはじめ揚げ出しナスビや揚げ出しもちなど、揚げ出しメニューが豊富。

「楽しい家」
福岡市博多区美野島3−13−2(美野島四つ角付近。旧サンアローボウルから徒歩1分)
電話:092−474−3085
営業時間:ゆうがた5時か6時ごろ〜深夜3時(早めに閉まることも)日曜は深夜0時まで
定休日:月曜日

今日の特典
4月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/03/28

北九州市小倉北区京町「元祖小倉たんや タンパチ」

・去年11月オープン。牛タン専門のお店。
・牛タン1本を独自の方法でしっかりと熟成させて、牛タンの味を引き出している。
・カウンター席・テーブル席あわせて40席。主に、仕事帰りのサラリーマンのお客さんが多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「牛タン串」(1200円)・・・牛タンのタン元だけを使っている名物メニュー。備長炭で丁寧に焼き上げ、タン独特の歯ごたえと、内側はとろけるような食感。
○「タンシチュー」(890円)・・・じっくり煮込んだデミグラスソースと、厚切りのとろけるような柔らかいタンとの相性は抜群。
○「牛タンしゃぶ」(1人前1290円。注文は2人前から)・・・スライスしたタンをしゃぶしゃぶで。鍋のしめには麺を用意する。
○「揚げ出し卵豆腐」(450円)・・・手作りの卵豆腐とダシがよく合うあっさり系の人気メニュー。
・コース料理は飲み放題付の4500円。牛タン串や牛タンしゃぶしゃぶ、揚げ出し卵豆腐、骨付きスペアリブなどお店の人気メニュー8品が食べられる。

「元祖小倉たんや タンパチ」
北九州市小倉北区京町4−1−13
(小倉駅からチャチャタウン方面へ歩いて約5分。京町4丁目交差点を右に曲がり、次の交差点を左に曲がってすぐ。西顕寺(さいけんじ)の近く。)
電話:093-533-1527
営業時間:18:00〜24:00
定休日:日曜日

今日の特典
4月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
「           」サービス!

2013/03/28

体幹を鍛えるトレーニング

月1恒例の「森部塾」では、九州共立大学経済学部スオーツビジネスコース主任である森部さんをスタジオにお招きし、健康になるためのエクササイズやトレーニング法を学んでいます。

本日のテーマは「体幹を鍛える」ということで、ふたつのトレーニング法を教えていただきました。

【トレーニングその1】
膝を軽く曲げて立ち、少し前かがみになりながらお腹をへこませます。
※お尻が突き出ないように。自然に立ちましょう。

【トレーニングその2】
椅子に手をつき、斜めに立ってバランスを保ちます。

2013/03/27

今日の深瀬智聖!41

ちせいさんが持っているのは、本日午後2時40分からご紹介する「外戸本5月号」

阿蘇・くじゅう・小国の観光スポットやグルメ情報が満載のこの1冊を、本日は3名様にプレゼントです!

↓宛先はコチラ!↓
メール:pao-n@kbc.co.jp
FAX:092-722-4242
(住所・氏名・電話番号をお忘れなく!!)

2013/03/27

福岡市南区大橋「じゃんぼ串焼 大橋ごっつ」

・去年12月11日にオープンした焼き鳥屋さん。
・フードメニュー・ドリンクメニューすべて280円というお店。
・大阪出身の3人でお店をやっているとのこと。以前、旅行で福岡に来たとき街がきれいでとても福岡を気に入ったということから、3人で福岡にお店を出すことを決めたそうです。
・おすすめのメニューは・・・
○「じゃんぼ串焼き」(280円)・・・43センチの鉄串で焼いている四つ身の焼き鳥。
○「じゃんぼバラ」(280円)・・・こちらも43センチの鉄串で焼く豚バラ。
○「地鶏のたたき」(280円)・・・地鶏のたたきを串に刺して出している。秋冬限定メニューで、4月いっぱいまで出す予定。
・店内には人気の串焼きランキングが貼ってあり、1位じゃんぼ串焼き、2位地鶏のたたき、3位キモ(レバー)、4位皮、5位ハツとなっている。
・串焼き、揚げ物、鉄板など50種類くらいのメニューがあり、全品280円。
・コース料理は2680円、2940円、3500円のコースがあり、すべて飲み放題つき。
・地元の大橋近くに住むお客さんが多く、幅広い層のお客さんで家族連れも多い。

「じゃんぼ串焼 大橋ごっつ」
福岡市南区大橋1-14-11
(西鉄大橋駅西口を出てすぐ。)
電話:092-542-8282
営業時間:18:00〜3:00ラストオーダー
定休日:年中無休

今日の特典
4月7日まで「パオーンを聞いた」というと
全品260円均一!

2013/03/26

福岡市中央区港「tapeo」

・おいしい魚を気軽に楽しんでもらえるようにと、去年の8月にオープン。
・スペインやイタリアなど、地中海に面した国の家庭料理をイメージしているとのこと。
・「タペオ」はスペイン語で「飲み歩く」という意味がある。
・お客さんの8割くらいが女性で、女性1人で来るお客さんも多いとのこと。
・おすすめのメニューは・・・
○「アクアパッツァ」(950円〜)・・・魚まるごと一匹使っている。白ワインベースのアサリの旨みの効いたスープで、魚まるごと一匹を煮込んでいる。
魚の種類は、イサキ、アラカブ、天然ダイなど1日に4〜5種類は用意している。
○「お刺身の盛り合わせ」(950円)・・・2人前の刺し盛りで、6種類の魚がのっている。
○「渡り蟹のトマトクリームパスタ」(950円)・・・カニの香りと旨みをソースに染み込ませている。
・コースは、2000円のコース、ワインが1本つく3000円のコース、2時間半の飲み放題つきの3500円のコースなどがある。
・テーブル席、カウンター席あわせて30人くらい入る。

「tapeo(タペオ)」
福岡市中央区港2-10-3 第二土肥ビル 1F
(グルメシティ向かいのほっともっとの角から入ってすぐ)
電話:092-713-6612
営業時間:17:00〜1:00
定休日:水曜日

今日の特典
4月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
お刺身の盛り合わせをサービス!

2013/03/25

石井栞考案「ピスタチーズ大福」商品化決定!

以前「料理の凡人」のコーナーで石井アナがプレゼンした「ピスタチーズ大福」

こちらが宗像市にある「さかした製菓」さんによって商品化されます!


【ピスタチ−ズ大福】
価格:5個入り300円
販売期間:4月1日〜5月連休明け(予定)
販売先:道の駅むなかた、他さかした製菓商品取扱店

生地は柔らかく、ふんわり。
餡はピスタチオを練りこんだ白あんで、クリームチーズが加わることによって風味豊かでマイルドに仕上がっています!

その他のさかした商品も有限会社さかした製菓HPでチェックしてくださいね!

2013/03/25

日韓チヂミ!

本日の「料理の凡人」のテーマは韓国料理「チヂミ」!!
石井アナには、カリカリ梅や韓国海苔、釜揚げしらす、チーズなどをつかった「日韓チヂミ」を披露してもらいました。

こちらの料理を評価していただくのは、薬院にある韓国ビストロ「7階のナム」のオーナーシェフ・チョンさん。

韓国人であるチョンさんの舌をうならせることができるのでしょうか?と思うや否や「マズイ」とバッサリでした(笑)

さらに今回は、お店の人気メニュー「海苔チヂミ」を試食させていただきましたよ!
シャキシャキのレンコンにイカ、そして海苔をたっぷり使用した絶品のチヂミでした!!

是非みなさんもお店に行ってみてくださいね。
詳細はコチラ!
 「韓国ビストロ 7階のナム」HP

2013/03/25

福岡市博多区博多駅東「プライベートダイニング 蔵隠」

・お店のコンセプトが「大人の隠れ家」という、和食ベースの創作料理のお店。
・店内は間接照明で薄暗くおしゃれな雰囲気になっている。
・お客さんは30代以上の方がほとんどで、男性6割、女性4割ほど。
・イタリアン・フレンチ・和食のシェフが和をイメージした創作料理と作っている。
・おすすめのメニューは・・・
○「アヒージョ」・・・うまみ・コクがでるように熟成したこだわりのオイルを使っている。 エリンギ、ムール貝、ハンバーグ、エビなど7〜8種類のアヒージョがある。
650円〜880円。
○「和牛ほほ肉の赤ワイン煮」(980円)・・赤ワインでじっくり煮込んで、お肉もやわらかい。
○「アグー豚の山椒焼き」(880円)・・・沖縄のアグー豚に、山椒の風味をきかせて甘辛く焼いている。
○「土鍋炊きごはん」(520円、注文は2人前から)・・・季節の魚介類と秘伝のだしで炊き上げる。〆として人気のメニュー。
・平日限定でワインの飲み放題を980円で実施中。赤2種類、白2種類
・コース料理は3000円から。アヒージョ、メインのお肉など8〜9品。
・2名、4名、8名、16名用の掘りごたつの個室があり、店全体では42名入る。

「プライベートダイニング 蔵隠(ゾーン)」
福岡市博多区博多駅東1-13-18 プレストビル1F
(博多駅筑紫口を出て、総合庁舎の手前を左に曲がり、正面に見えるビルの1階)
電話:092-452-5386
営業時間:17:00〜24:30
定休日:日曜日

今日の特典
4月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワイン飲み放題半額!(平日のみ)

2013/03/22

福岡市中央区薬院「大人のごちそう 周」

・2010年8月オープン。気軽に来れてゆったりと和食を楽しめる、大人のためのお店。
・「野菜をつまみにお酒を飲む」というのがコンセプトのひとつで、野菜を使った珍味や
体に優しいメニューが中心。
・テーブル・カウンターあわせて16席ほど。お客さんの年齢層は高め。
・おすすめのメニューは・・・
○「コラーゲンおでん」(2人前〜2200円)・・・れんこんスッポンもち(蓮根と豚足を練ってお餅のようにして揚げたもの)を、野菜と一緒にすっぽんのエキス入りスープで煮込んだおでん。野菜はその季節のオススメのもので、今は里芋・にんじん・かぶ・しいたけ・山菜など。すっぽんもちは単品でも注文可能で(900円)こちらは生姜醤油をつけて食べる。
○「野菜の珍味」人気なのは「熟成セロリ味噌(800円)」(セロリと大豆と麹を発酵させたもの。みそ自体をつまんで食べる)と「梅ごのみ(700円)」(大根などの野菜とわさびを乾燥させ梅肉で和える)そのほかは季節の野菜で変わったものを作る。(ビール漬けや、らっきょをゴボウのアクだけで炊いたりなど)
○「野菜の盛り合わせ」(1500円)…野菜の珍味の盛り合わせ。メニューにのっていないものも含め、7〜8種類ほどの珍味が楽しめる。
○「自家製からすみ」(1500円)やわらかいもの、かたいもの、あぶって味噌漬けにしたものの3種類が1セットになっている。食感の違いを楽しむ。

「大人のごちそう 周」
福岡市中央区薬院3−7−27(高宮通り沿いの「ヤナセ(車屋)」の手前の路地に入った所)
電話:092−406−9181
営業時間:ゆうがた5時半〜深夜0時半
定休日: 月曜日

今日の特典
今日から3か月間(〜6/22まで)「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/03/21

福岡市中央区薬院「リバーサイドばる DUMBO」

・去年6月にオープン。イタリアンなどワインに合った料理が楽しめるお店。
・お店の名前の「ダンボ」はゾウのキャラクターから。お店を始めるとき、動物のキャラクターを作りたくて思いついたのがゾウで、ゾウから連想した名前がダンボだった。
・せっかく九州に生まれて育ったので、九州産の食材を使い、手間ひまかけて料理を作っているとのこと。
・おすすめのメニューは・・・
○「レジネッテ」・・・自家製の生パスタ麺で、レジネッテは麺の種類のひとつ。
麺の両サイドがひだのように波打っていて、麺とソースがよく絡むのが特徴。
カルボナーラやミートソースなどのパスタの種類がある。
○「天草大王レバーのムース」(650円)・・・なめらかで口の中でとろけるムース。付け合わせのクラコットと一緒に食べ、赤ワインによく合う。
○「ホロホロ鶏のコンフィ」(950円)・・・低温でじっくり時間をかけて仕上げた手間ひまかけた一品。
・ワインは、フランス、チリ、スペインのものなど赤白合わせて10種類ほど取り揃えている。
・カウンター席、小上がりのお座敷合わせて15名ほど入る。
・20代前半〜70代くらいの幅広いお客さんがくる。女性1人で来る人も多い。

「リバーサイドばる DUMBO」
福岡市中央区薬院3-6-4 1F
(薬院駅から歩いて3分ほど。城南線の城東橋交差点から平尾方面へ川沿いに入り、まっすぐ進んだところにあるポプラのちょっと先)
電話:092-524-2465
営業時間:ランチ12:00〜14:00(火〜金) 夜18:00〜3:00
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクまたはデザートサービス!

2013/03/20

今日の深瀬智聖!40

ジャイ子をイメージしているらしい智聖さん

2013/03/20

福岡市早良区西新「酒膳屋 たぐせん」

・オープンして14年目。オーナーが鮮魚市場で直接取引できる権利を持っているとのここで、店に仕入れる魚には相当こだわるお店。
・店の名前の「たぐせん」はオーナーのたぐまさんのあだ名から。
・お刺身の魚の種類は常時25種類以上は揃えるようにしているとのこと。その中でも貝類が充実している。
・おすすめのメニューは・・・
○「生マグロ」(大トロ1800円・中トロ1600円・赤身900円)・・・冷凍のものは使っていない。冷凍のものと生マグロは食べたら全く違う。
○「すり身ギョロッケ」(500円)・・・魚のすり身にエビや玉ねぎなどを合わせたもの。
・そのほか、石鯛、アジ、本カワハギ、伊勢海老、車エビ、カンパチ、きびなごなどがおすすめ。貝類ではミル貝、赤貝、アワビ、トリ貝、サザエ、ホタテなどがおすすめ。
・カウンター席、掘りごたつ席合わせて45名入る。個室も3部屋ある。
・お客さんの層は幅広くサラリーマンや家族連れ、年配の方なども訪れる。
・コース料理は3000円から。刺身、煮魚、炒めもの、お寿司など10品。


「酒膳屋 たぐせん」
福岡市早良区西新4-4-8
(西新駅のプラリバから城南線へ入り、100円ローソンの交差点を左に曲がってすぐ。)
電話:092-846-7377
営業時間:18:00〜2:00 土日18:00〜24:00
定休日:第1・3日曜日

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/03/19

ボブ・サップさん

午後2時5分からは「金の卵」のコーナー!

本日のお客さまは、ボブ・サップさんでした。

あした3月20日に福岡国際センターで開催されるプロレスイベント「GENOME25」についてのお話のほか、プライベートな質問にお答えいただいたり、チャンイシイを片手で軽々と持ち上げてみせる場面もありましたよ。

2013/03/19

北九州市小倉南区下曽根「Local6」

・オープンして2年ほど。自家製の手ごねピザが人気のお店。
・イタリア料理もある居酒屋さんで“イタリア料理食堂”といった雰囲気だということ。
・「ローカルシックス」という名前は、お店がある小倉南区下曽根が5丁目まであるのでその次、という意味合いだそうです。
・自慢の手ごねピザは全部で11種類ある。
・おすすめのメニューは・・・
○「マルゲリータ」(500円)・・・500円だけど直径21センチあり十分満足してもらえる大きさ。
○「クアトロフォルマッジォ」(700円)・・・パルメザンチーズ、ブルーチーズ、モッツァレラチーズ、クリームチーズの4種類のチーズを使ったピザ。
○「カルボナーラピザ」(600円)・・・生クリームのホワイトソースと温泉卵をのせた、カルボナーラのピザバージョン。
○「生ハム板盛り」(800円)・・・A4サイズくらいのまな板に、生ハムをたっぷりのせた一品。
・お客さんの7〜8割が女性のお客さん。
・一軒家を改装した店で、1階と2階があり60人ほどが入る。団体では30人くらいまでは対応できる。
・コース料理は飲み放題付で3500円〜。

「Local6」
北九州市小倉南区下曽根1-6-17
(JR下曽根駅から歩いて約2分。下曽根駅北口から看板が見える。カラオケジョイパークの先)
電話:093-474-6667
営業時間:11:30〜1:00
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
おすすめのピザ1枚サービス!

2013/03/18

福岡市中央区天神「大いなる樹」

・去年11月に赤坂から天神に移転された居酒屋さん。
・一般的な居酒屋メニューのほか、オーナーがタイ生まれということでタイ料理もある。
・オーナーは、タイ生まれの日本人の方。オーナーのタイでの名前の意味が「大いなる樹」ということから店の名前になった。
・西新にもお店があり、西新の方はオープンして13年くらいになるとのこと。
・おすすめのメニューは・・・
○「ガイヤーン」(880円)・・・鶏のもも肉を特製のタレにつけて、炭火で焼いている。骨をすべてとってあるので食べやすい。
○「ピッガイヤットサーイ」(580円)・・・手羽先の骨を抜いて、ひき肉と春雨を詰めたタイ風の手羽餃子。
○「五島サバの刺身」(880円)・・・夕方にしめているので新鮮。
○「串の盛り合わせ」(880円)・・・豚バラ、つくねなど6本の盛り合わせ。串の具も大きめでボリュームたっぷり。
・カウンター、お座敷合わせて40人くらい入る。団体は25人くらいまでは対応可能。

「大いなる樹」
福岡市中央区天神3-4-28 天神ブロードウェイビル 3F
(昭和通りからホテルアセント福岡の角を曲がってすぐ。最初の点滅信号のところにあるビルの3階)
電話:092-715-8353
営業時間:18:00〜2:00
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/03/18

エピドール!

本日の「料理の凡人」のテーマは「パン」ということで、石井アナが披露してくれたのは、菜の花やベーコン・きのこなどをつかった「春らんチパン」。

今回は大名にあるパン屋さん「エピドール」のスタッフ・武田裕文さんにお越しいただき、試食をお願いしました。

残念ながら商品化は叶いませんでしたが(気を遣っていただき)なんとパオーンリスナー特典をいただけることに!

3月31日まで「エピドール」のお店に行き「パオーンを聴いた」と言うと、人気ナンバー1「ショコラオランジェ(通常150円)」を100円にしていただけます!

是非お店に足を運んでみてください!


【エピドール】
住所・・・ 福岡市中央区大名2-8-12 ヴァリエホテル天神 1F
営業時間・・・あさ8時〜よる7時
定休日・・・日曜日

2013/03/15

福岡市博多区「かえる食堂 蓮」

・2009年オープン。以前は「カフェ&バー 蓮」でしたが、去年の2月に定食のお店に。カフェバーのころから使っている「蓮」という屋号は、ヨガの象徴のハスの花のこと。
・昼・夜問わず定食を食べることができる。夜は居酒屋として利用可能。
・テーブル・カウンターあわせて21席ほど。主婦やサラリーマンに人気のお店。
・定食のごはんは、白米と十穀米から選ぶことができる。
・おすすめのメニューは・・・
○「とりからマヨ定食」(750円)…鶏の唐揚げをピリ辛マヨネーズソースで和えたものに、ごはん・みそ汁・漬物などがつく。とりから単品(550円)はおつまみに◎
○「飲み放題コース」(2980円)…アルコール含むドリンク飲み放題+フードメニュー7品。人気のとりからのほか、その時のオススメのものがつく。アヒージョが人気。

「かえる食堂 蓮」
福岡市博多区浦田1−5−36(バス停「浦田」の目の前。)
電話:092-503−1199
営業時間:(火〜金)ひる11時半〜ひる3時/ゆうがた6時〜よる10時
(土)ひる11時半〜ゆうがた4時/ゆうがた6時〜深夜0時
(日)ひる11時半〜ゆうがた4時/ゆうがた6時〜よる10時
定休日:月曜日+ 月に1回お休み

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
飲食代10%OFF!

2013/03/14

北九州市小倉北区鍛冶町「アンコーラ」

・オープンして1年半くらい。気軽にイタリアンが楽しめるお店。
・「アンコーラ」はイタリア語でアンコールの意味。もう一度お店に来てもらえるようという意味。
・居酒屋感覚で気軽に利用できるお店を目指しているということ。
・メニューは魚介類を使ったものが多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「カキのグリル」(5個1000円)・・・今の時期おいしい牡蠣をシンプルにグリルしている。1個からの注文もできる。
カキはそのほかにも、リゾットやパスタ、グラタンなどもおすすめ。
○「ペスカトーレ」(1080円)・・・イタリアの漁師風パスタで、カキ、ハマグリ、エビ、アワビなどその日に入っている魚介をたくさん入れたトマトソースのパスタ。
○「トリッパ」(850円)・・・牛の胃袋「ハチノス」をトマトソースで煮込んだイタリア料理。
・コース料理は3000円から。飲み放題はプラス900円。
・カウンター、掘りごたつの席あわせて45〜50人くらい入る。団体は35〜40人くらいまでは対応可能。
・20代後半から40代くらいのお客さんが多く、仕事帰りのサラリーマンも多く、男性と女性の割合は半々くらい。

「アンコーラ」
北九州市小倉北区鍛冶町1-4-15
(モノレール平和通駅から歩いて約3分。駅から「オーガイストリート」を鍛治町へ入り、「美松コア」の向かい)
電話:093-511-8353
営業時間:17:30〜1:00 金・土・祝前日 17:30〜3:00
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
「カキのグリル」人数分サービス!

2013/03/13

今日の深瀬智聖!39

本日のパオーンは「チャイムが終われば/LinQ」からスタート!
4月17日発売の「LinQ」メジャーデビューシングルをいち早くオンエアです。
お聴き逃しなく!!

2013/03/13

福岡市中央区春吉「いさぎ」

・去年10月5日にオープン。
・料理長のうえむらさんやオーナーさんなど、熊本出身の人が集まり、郷土のものを食べてもらいたいとのことでお店を始められたということ。
・オーナーが以前、建築の仕事をされていたそうで、お店の設計などはオーナー自身が行い、内装にもこだわっているそうです。
・テーブル席、カウンター席のほかロフト席もあり、合わせて38席。
・30代〜50代くらいの男性のお客さんが多く、女性を連れてくる方や仕事帰りに仲間で来る方が多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「阿蘇産 赤牛の炭火焼」(1480円)・・・阿蘇の赤牛のお肉を、肉本来のうまみがでるように炭火でじっくり焼いている。希少価値が高いのでお店に入らないときもある。
○「和牛テールの赤ワイン煮込み」(1480円)・・・和牛テールを炭火で焼いて香りをつけたあと、赤ワインでじっくり煮込んでいる。お肉が柔らかくポロポロとくずれる。
・コース料理は3000円、4000円、5000円の3種類のほか予算に合わせて。
・デザートはイチゴのタルトなど日替わりで変わる。

「いさぎ」
福岡市中央区春吉2-11-1 ファロディハルヨシ 2F
(国体道路の春吉交差点から住吉方面へ進み、春吉2丁目交差点近くにあるセブンイレブンの2階)
電話:092-715-9012
営業時間:18:00〜5:00
定休日:月曜日

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
デザートサービス!

2013/03/12

福岡市中央区天神「蕎麦Cafe nino」

・そばを気軽にカフェスタイルで楽しんでもらえるようにと去年9月25日にオープン。
・そばのほか、スペイン料理やイタリアン、フレンチをベースにしたメニューも味わえます。
・そばは体にいいので、若い女性にも食べてもらう機会が増えればとのこと。
・おすすめのメニューは・・・
○「野菜と肉ごぼうそば」(800円)・・・パプリカ、アスパラなどのフレッシュな野菜と甘辛く炊いた肉ごぼうをトッピングした冷たいそば。かけつゆをかけて食べる。
○「ガレット」(800円)・・・フランスで食べられるクレープのようなもの。生地の中にそば粉も入っていて、玉子、ハム、チーズを包んで食べる。
○「マッシュルームとエビのアヒージョ」(650円)・・・にんにくで香りづけしたオリーブオイルを使用。マッシュルームとエビのほか、イカ、ホタテをオイル煮にしている。
○「カモのグリル」(1000円)・・・紅茶で飼育された紅茶鴨をオーブンでグリルして、季節の野菜を添えている。
・ソムリエの人に選んでもらったお店の料理に合うワインも赤4種類、白4種類、ロゼ・スパークリング4種類がそろっている。
・ドリンク全メニューからどれか1種類に、イタリアンの前菜5品がセットになった1000円のコースも人気。
・デザートも日替わりでオリジナルのものを用意しているそうです。

「蕎麦Cafe nino」
福岡市中央区天神1-9-17 フコク生命ビル B1F
(ベスト電器福岡本店となり。明治通り沿いのビルの地下1階)
電話:092-406-7881
営業時間:11:00〜23:00
定休日:日曜日

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
デザートとコーヒーサービス!

2013/03/11

福岡市中央区渡辺通「やきとり 六三四」

・去年12月にオープンした焼き鳥屋さん。店内は高級感とぬくもりを感じさせる空間というテーマでつくられている。
・お店の名前の「六三四(むさし)」は、東京スカイツリーの634mにちなんで。東京スカイツリーのような日本一の店を目指そうという意味だそうです。
・幅広い層のお客さんが訪れるそうですが、中でも女性のお客さんが多いそうです。
・串もののメニュー以外にも一品料理も豊富に取り揃えているそうです。
・おすすめのメニューは・・・
○「ふりそで」(150円)・・・胸ともものあいだにある部分で、とてもジューシー。
そのほか串もののおすすめは、「せせり」(150円)、「牛さがり」(450円)など。
串ものの種類は30種類ほど。
○「うなぎの玉子焼き」(680円)・・・オーナーのご実家が、糸島にあるうなぎ屋さんだそうで、そこから取り寄せ、炭で香りをつけて焼いたうなぎを玉子でつつんだメニュー。オーナーの実家がうなぎ屋だったからできる値段だそうです。
○「ゴンゴンゾーラサラダ」(700円)・・・一度オーブンで焼いた旬の野菜に、ゴルゴンゾーラチーズと生クリームを混ぜたものをかけて食べる。女性に人気のメニュー。
・テーブル席、カウンター席あわせて46席。

「やきとり 六三四」
福岡市中央区渡辺通5-3−23−1プロスペリタ天神2 1F
(国体道路からすき家と弥太郎うどんの間の細い道を入ってすぐ。左手)
電話:092-725-3768
営業時間:17:30〜1:00
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
デザートサービス!

2013/03/11

ピース餃子!

本日の「料理の凡人」のコーナーで石井アナがチャレンジした料理は、餃子でした。

石井アナの餃子を商品化できるか否かをジャッジしていただいたのは「ピース餃子」のオーナー・山下五郎さん。

残念ながら商品化は叶いませんでしたが、なんと慈悲深い山下さんからパオーンリスナー特典をいただけることに!

4月12日まで「ピース餃子」のお店に行き「パオーンを聴いた」と言うと、「汁なし担担麺」を半額にしていただけます!ありがたや!

是非お店に足を運んでみてくださいね。



【ピース餃子】
住所・・・福岡市中央区平尾2-1-24 メゾンドアヤ1F
電話番号・・・092−531−8139
営業時間・・・ゆうがた6時〜深夜1時(日・祝は 〜深夜0時)
定休日・・・火曜日

2013/03/08

福岡市中央区大名「コロール」

・ことし1月にオープンしたばかりの「焼きそばバル」。焼きそばとスペイン料理をつまみにワインなどを楽しむことができる。
・お店の名前はスペイン語で「色」。焼きそばを始め、お通しに山菜や煮物など日本料理を出す一方で
スペイン料理があったりと、様々なカラーを見せたいという気持ちから。
・いろいろ飲んだり食べたりしても一人2000円ほどで済んでしまうため、サラリーマンに人気がある。
・お店は5〜6坪ほどの広さ。
・おすすめのメニューは・・・
○「香味(こうみ)焼きそば」…くろかわさんが6年かけて開発した秘伝のタレで作る(材料は内緒)
ピリ辛で香ばしく、他のどの店にも置いていないような味。基本の焼きそばは、イカ(500円)ブタ(500円)イカとブタのMIX(600円)の3種類で、これに半熟卵などのトッピングをするのが人気。
麺の量を1.5倍(+100円)2倍(+200円)にできる。
○ピンチョス(200円)…スペイン風つまみのこと。トマトのから揚げやスモークサーモンなどがある。
一番人気なのは「砂ズリのからあげ」
○「本日のおすすめ」…くろかわさんがその日つくりたいものを出してもらえる。例として、リゾットやエビのにんにくオイル炒めなどがある。ものによって値段が変わるが4〜500円程度。
・お通しがわりに、ふきなどの山菜やちりめん山椒、煮物の小皿をサービスしてもらえる。

「コロール」
福岡市中央区大名1-4-11-2(警固交差点近くのパチンコ屋の向かいの道を1分程。赤いテントが目印)
電話:092−406−5232
営業時間:(ランチ)ひる11時半〜ひる3時(ディナー)ゆうがた6時〜深夜0時
定休日:月曜日

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
焼きそばを注文の方は、ごはんとみそ汁をサービス!

2013/03/08

マシュマロ飛ばして、ギネス記録なるか?

今日の「数字でドン!」は
鼻でマシュマロを飛ばしたギネス記録。

ということで、ブルーリバーが
ギネスにチャレンジしました!

結果は・・・



2人とも飛ばすことすら出来ず測定不可・・・


PAO〜Nからギネス記録は生まれませんでした。

2013/03/07

福岡市中央区警固「炭火焼ほるもん てっぽう」

・去年の12月1日にオープンした、豚ホルモンの専門店。
・厳選した糸島産の「伊都の豚」のお肉を使用している。
・お店でのオーナーの肩書きは「ホルモニスト」。ホルモンを愛していて、丁寧に仕込み、おいしい焼き方まで丁寧に教えたりもする。
・店の名前の「てっぽう」は、「直腸」のこと。クセやニオイは強いが、しっかり下ごしらえすればおいしくなる部位で伸びしろがある。「てっぽう」のような店になればと名付けられたそうです。
・おすすめのメニューは・・・
○「がつ刺し」(480円)・・・豚の胃袋の中にある部位で、コリコリした食感。
○「9種盛り」(1人前780円)・・・その日に入っているおすすめのホルモンを少しづつ楽しめるメニュー。タン、かしら(こめかみ)、のどがしら(喉肉)、のどぶえ(声帯)など。
・若い人から年配の方まで幅広い層のお客さんが訪れ、女性だけのお客さんも多い。
・カウンター席、テーブル席、掘りごたつ席、合わせて35席。

「炭火焼ほるもん てっぽう」
福岡市中央区警固1-5-28
(上人橋通り沿い。ファミリーマート近く。豚のちょうちんが目印)
電話:092-791-8529
営業時間:18:00〜1:00
定休日:月曜日

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンク+ホルモン焼1皿サービス!

2013/03/06

北九州市小倉北区魚町「魚と鳥の家 ととんち」

・今年1月にオープン。魚と鶏をメインにした居酒屋さん。
・周りのお客さん同士も仲良くなってもらえるようなお店で、個室も仕切りもない。みんなで楽しく料理とお酒を楽しんでもらえるようなお店。
・江戸時代「魚」を「と」、「鳥」を「と」と読んでいたことから、「ととんち」という店の名前になった。
・安い料金でたくさん食べてもらえるように、料理のボリュームもたっぷり。
・おすすめのメニューは・・・
○「ひな鶏のにこみ揚げ」(950円・1800円)・・・ひな鶏をしょうゆで一度に込んで味付けしたものをから揚げにしている。一羽分まるごとの分と半身の分とボリュームを選ぶことができる。
○「刺身盛り合わせ」(1人前800円・2人前1500円・4人前2900円)・・・その日の仕入れ状況で魚が変わるが、だいたい6〜8種類の魚の盛り合わせ。
・メニューの半分以上が日替わりのメニューとなっている。
・サラダのメニューを置いていない。その代わりお通しとしてサラダをたっぷり出している。
・カウンター以外はすべて掘りごたつ席で、35人くらい入る。

「魚と鳥の家 ととんち」
北九州市小倉北区魚町3丁目4-6 ワタナベビル3階
(モノレール平和通駅前。佐賀銀行のとなりの駐車場のとなり)
電話:093-511-8115
営業時間:17:00〜お客さんがいなくなるまで
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
刺身盛り合わせ半額!

2013/03/06

今日の深瀬智聖!38

午後2時5分からは「金の卵」のコーナー。

本日のお客様は、映画「相棒シリーズ XDAY」にご出演されている田中圭さんと川原和久さんでした。

というわけで、智聖さんには「相棒」のあの人になりきってもらいました。

2013/03/05

アリス生出演!

毎週火曜日午後3時35分からの「PAO〜N ムジーク」は「音楽捕物帖」のコーナーをお送りしていますが、本日はスペシャルゲストの登場!

活動再開し、26年ぶりにオリジナルアルバムをリリースすることになった「アリス」のみなさんがKBC東京支社にあるラジオスタジオから生出演してくださいました!

アルバムの内容のほか、5月から始まる全国ツアーについてなど、たっぷりとお話を伺うことができましたよ。

2013/03/05

福岡市中央区今泉「ジェイズ・パブ・モンキー」

・2月4日にオープン。
・店の名前の「J‘s」はジャパニーズの略。「モンキー」は覚えやすいようにつけた。
・イギリスのパブのような雰囲気の中で和食が楽しめるというお店で、「ジャパニーズスタイルのパブ」という新しいスタイルの確立を目指している。
・おすすめのメニューは・・・
○「煮アナゴの一本揚げ」(1200円)・・・一度煮たアナゴを揚げている。日本風の フィッシュ&チップスというイメージ。いちおしのメニュー。
○「春野菜の天ぷら」(800円)・・・春野菜がおいしい季節になったので。菜の花、つぼみ菜、わさび菜などを天ぷらにする。
・そのほか、刺身、煮物、揚げもの、鍋などいろんなメニューを用意している。
・パブなので、お酒の種類も豊富。ハイボールだけで20〜30種類あり、ワインも100種類ほど、日本の地ビール、海外のビールなどもそろえている。
・店内はカウンター席とテーブル席合わせて40人くらい入る。


「ジェイズ・パブ・モンキー」
福岡市中央区今泉1丁目4−25
(今泉公園近く)
電話:092-406-4244
営業時間:17:00〜2:00  土日15:00〜2:00
定休日:月曜日

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ハイボールを300円に!

2013/03/05

馬頭琴バカ!

毎週火曜日のカンパニー漫遊記は「九州馬鹿一代」
ひとつの道を極めた方をゲストにお迎えし、尊敬の意味を込めて「バカ」とお呼びしております。

本日のバカは「馬頭琴バカ」のドランさん。

ドランさんは、モンゴルの伝統楽器である「馬頭琴」の奏者。
本日はモンゴルの民族衣装を着て演奏も披露していただきました!

【オカリナ×馬頭琴”桜宵”】hana no yoi
2013年3月17日(日)
会場:モンゴルの城(福岡市南区向野)
時間:(開場)午後3時(開演)午後4時
入場料:2500円(1ドリンク付)
お問い合わせ:Moonlight Office(092-406-8402)

2013/03/04

北九州市小倉北区魚町「キッチン パナシェ」

・去年の9月にオープンした創作イタリアンのお店。
・もともとお店は、ダイニングバーとして田川市内にあったお店だったが、去年小倉に移転オープンした。
・「パナシェ」とは、ビールを使ったカクテル名からで、混ぜ合わせるという意味がある。
・お客さんの8割ほどが女性で、OLや主婦の方など30代くらいのお客さんが多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「リゾット」(1000円)・・・糒米(ほしまい)という一度炊いたお米を乾燥させたものを使っている。乾燥させることによってミネラルがたくさん出て、お米の甘みが増している。
○「黒毛和牛のビーフシチュー」(1680円)・・・脂が甘く、あまり煮込まなくてもぽろっととなるやわらかい和牛を使っている。デミグラスソースで味付け。
○「マルゲリータ」(1050円)・・・ピザは生地が薄いパリッとしたローマ風のピザになっている。
○「チョイスコース」(2800円)・・・お店にあるメニューから自由に選ぶことができるコース。サラダ・前菜・肉・魚・パスタ・ピザ・デザートなどが選べる。

「キッチン パナシェ」
北九州市小倉北区魚町4丁目3-8 モナトリエ小倉平和通り2F
(モノレール旦過駅のすぐ近く。1階に森クリニックという病院が入ったビルの2階。)
電話:093-541-8789
営業時間:昼12:00〜14:00 夜18:00〜24:00
定休日:不定休

今日の特典
3月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
コース注文でサーロインステーキサービス!

2013/03/01

福岡市中央区渡辺通「VIETNAMESE  Chaubau」

・20〜30代を中心とした女性に人気のベトナム料理のお店。屋号の「チャウバウ」はベトナム語で「宝箱」という意味。
・席の種類が豊富。テーブル席・身体が埋もれるほどのソファー席・女性限定の個室・蚊帳で包んだゆったりスペース・テラス席など、あわせて60名ほど入る。
・おすすめのメニューは・・・
・○「バインセオ」・・・ベトナム風お好み焼き。炒めた具材を生地で包んで焼いたものに
ヌクチャムと呼ばれるベトナム風のたれを付けて食べる。いちばん人気なのはスタンダードな「チャウバウ風バインセオ(別紙)」
○「生春巻」・・・さまざまな具材を包んだ生春巻きをひとくちサイズにカットしたもの。春巻き自体には味付けをしておらず、それぞれの具材に合うタレが3種類ついてくるので、お好みで味を変えて楽しむ。「マグロとアボガドの生春巻」が人気
○「緑豆とココナッツのチェー」(500円)…チェーとは、ベトナム風のぜんざいのこと。
緑豆(りょくとう…ぜんざいでいうあずきのポジション)・ココナッツミルク・タピオカ・
ココナッツアイスなどが入った人気のデザート。
○「ベトナムコーヒー」(400円)…バターが加えてあるのでコクがあるビターなコーヒー。カップの底に練乳があるので、混ぜながら苦さの度合いを変化させながら飲む。

「VIETNAMESE  Chaubau」
福岡市中央区渡辺通2−9−12(薬院駅から徒歩5分。渡辺通郵便局のななめ前)
電話:092−713−1109
営業時間:ゆうがた6時〜あさ5時
定休日:不定休

今日の特典
 月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
「メニューに載っていないオリジナル生春巻」をサービス!

<<  2013/3  >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の記事