KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

2013/05/31

福岡市中央区天神「Cafe La Bamba」

・今月11日にオープンしたばかり。昼はカフェ、夜はタパスバーとして利用できる。
・屋号の由来にもなっている曲「ラ・バンバ」のように賑やかな雰囲気の店。パーティやイベントの会場としても利用可(予算に応じて、料理などの内容を考えてもらえる)
・テーブル・カウンター・ソファー席あわせて50名収容可。意外と、ひとり呑みも多い。
・お店にはバリスタが存在し、コーヒーなどのドリンクにはラテアートをサービスしてもらえる。
・おすすめのメニューは・・・
○「アヒージョ」・・・ガーリックオイル煮。えび・ほたてが700円、きのこが650円。白身魚が580円。いちばん人気なのは大ぶりのえび。すべて焼きたてのバケット付き。
○「自家製ピクルス」(400円)・・・特製のピクルス液にじっくり漬け込んだもの。具材は、セロリ・きゅうり・パプリカなど。おつまみにぴったり。
○「スペイン風ポテトフライ」(500円)・・・ポテトフライに半熟卵をのせたもので、ケチャップとマヨネーズをつけて食べる。男性に人気。
○「フレンチトースト」(600円)・・・トーストにシナモンをしみこませてオーブンで焼く。カリカリで中はしっとり。ソフトクリームがついてくるので、溶かしながら食べる。
○「ソフトクリーム」(300円)・・・濃厚なミルクを使用した、お店自慢のソフトクリーム。

「Café La Bamba」
福岡市中央区天神3−16−15(ショッパーズがある通りの反対側。隣りにベローチェ)
電話:092−732−9090
営業時間:(カフェタイム)あさ10時〜ゆうがた5時(ディナータイム)ゆうがた5時〜深夜1時
定休日:不定休

今日の特典
6月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ソフトクリームをサービス!

2013/05/29

今日の深瀬智聖!50

智聖さんに、いま流行りの「ちゅん顔」をやってもらいました。

【ちゅん顔】(ちゅん−がお)
唇を「チュン」と可愛く尖らせた、お澄ましキメ顔のこと。
某女性誌の撮影時に使われる業界用語。

中島さんも「俺のイメージが崩れる」と言いながら、割ときちんとやってくれました。

2013/05/29

福岡市中央区大名「awabar福岡」

・去年6月にオープンした“泡もの”専門のお店。
・東京にもお店があり「気軽にawaもの、気楽に立ち話」がコンセプト。
・店内には小さなイスとテーブルは置いてあるが、基本的にはスタンディングのお店。
・おすすめのメニューは・・・
○「カグア」(1000円)・・・九州ではここだけでしか飲むことができないビール。「日本クラフトビール」という会社がベルギーで生産したビール。ゆずと山椒の風味が効いた和風テイストのビール。ワイングラス3杯分くらいのミニボトルで赤と白がある。
赤は濃厚な味わい、白はさっぱりとした味。
○「おたるナイヤガラ」(700円)・・・北海道産のブドウが使われた小樽産の白ワイン。
炭酸もそれほど強くなく、やや甘口のお酒。
○「エミリア」(500円)・・・イタリア産のスパークリングワイン。甘口で女性に人気。
・そのほか、およそ40種類の泡もののお酒がそろっている。
・フードメニューはそれほどなく、ナッツやチョコレートなどのおつまみが少しあるくらい。
・20〜30代くらいのお客さんが中心だけど、それより上の年代のお客さんも来る。
・飲み会の前に軽く飲む“0次会”や、帰る前の最後の1杯というお客さんが多い。
・店の外にも飲めるスペースがあり、店の中とあわせて20人くらいが入る。
・昼間は店のスペースを使ってiPhoneの修理のお店をしている。
・お酒も飲めるので、修理を待つ間に軽く飲むこともできる。

「awabar福岡」
福岡市中央区大名1-3-28 アベビル 1F
(警固病院の向かいから大名方面へ入り、2つめの角。)
電話:092-738-2020
営業時間:18:00〜24:00
定休日:日曜日

今日の特典
6月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
グラスドリンク半額!

2013/05/28

北九州市小倉北区紺屋町「Dining Kimura」

・シンプルで定番のイタリアンを気軽に味わえるお店として去年7月にオープン。
・木村さんと奥さんのご夫婦でお店をされているそうです。
・お店の中は白を基調としたすっきりとした作りになっている。
・おすすめのメニューは・・・
○「イカスミのパスタ」(1250円)・・・今が旬のコウイカのイカスミを使っている。イカスミの臭みがなく歯もそれほど黒くならないので、イカスミパスタのイメージが変わる。
○「アクアパッツァ」(1200円〜)・・・毎日市場に行って仕入れた旬の魚でつくるアクアパッツァ。今の時期はレンコダイ、赤イサキ、ホウボウ、スズキ、アラカブなど。
○「クアトロフォルマッジ」(1350円)・・・モッツァレラ、ミモレット、ゴルゴンゾーラ、カマンベールの4種類のチーズを使ったピザ。21〜22cmの大きさでパリパリの薄生地を使っている。
○「カラブレーゼ」(1350円)・・・アンチョビオリーブとサラミを使ったピザ。
・2人掛けのテーブル4つ、カウンター席4席あわせて12席がある。
・OLなどの女性のお客さんが多い。

「Dining Kimura」
北九州市小倉北区紺屋町6-25 αビル 1F
(モノレール旦過駅から紺屋町方面へ入る。お好み焼き店「もみじ」の近く。
イタリア国旗が目印)
電話:093-541-3303
営業時間:ランチ11:30〜14:00(月〜金) 夜18:00〜24:00
定休日:日曜日

2013/05/27

福岡市中央区大名「沖縄バル&ダイニング A SIGN」

・去年の7月にオープンした沖縄料理の店。
・お店の名前の「A SIGN」は、1972年以前の沖縄返還前に、アメリカ側から飲食店などに与えられていた営業許可証書「Approved Sign」とのことを通称「Aサイン」と呼んでいたことから。
・オーナーは福岡出身で、以前沖縄に住んでいて沖縄でもお店をされていたそう。
沖縄でのお店は他の人に任せて福岡に戻りこの店をオープンさせた。
・おすすめのメニューは・・・
○「タコライス」(800円)・・・タコライス発祥のお店「キングタコス」のレシピを再現したもの。料理の出し方、盛り付け方も再現。
○「沖縄そば」(700円)・・・通常は茹でた麺が使われるが、こちらのお店では生麺を使用。麺にコシがあり、スープはかつおだしのスープ。
○「パスタ」(800円)・・・泡盛に島とうがらしを付け込んだ「コーレーグース」という調味料を使ったパスタ。ピリ辛で“琉球ペペロンチーノ”というイメージ。
・そのほか40〜50種類のメニューがある。
・コース料理は3時間の飲み放題付の3000円コース。
・沖縄の古い泡盛「クース」も20種類ほどがある。
・お店は沖縄の外国人住宅をイメージしたつくりになっている。白を基調としたさっぱりとした雰囲気。
・テーブル席、カウンター席あわせて20〜25名入る。平日は10名以上で貸し切りもできる。

「沖縄バル&ダイニング A SIGN」
福岡市中央区大名1−8−33 大名エイトビル1F
(パン屋「ボンジュール」がある通り。焼き鳥「益子(ましこ)」のとなり)
電話:092-713-1239
営業時間:18:00〜4:00
定休日:不定休

今日の特典
6月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
泡盛1杯サービス!

2013/05/24

福岡市博多区博多駅前「やきとり居酒屋 夢市門」

・オープンして11年。
・テーブル・個室・ほりごたつ席があり、55名ほど収容可能。リーズナブルなので、サラリーマンの飲み会などでよく利用される。日曜日は家族連れも多く訪れる。
・料理は安くても味にこだわりがあり、うま味調味料などは一切使わないのがポリシー。
・串メニューは塩か特製つけだれで食べる。たれの材料はヒミツですが、健康に良いものを使用してサッパリと仕上げている
・おすすめのメニューは・・・
○「串」・・・パリパリ感にこだわった「とり皮」は1本50円と激安!配合した味噌に豚のサガリを漬け込み発酵させた「みそサガリ(200円)」など、珍しいものもある。
○「地鶏の炭火焼」(680円)・・・大将の地元・宮崎の地鶏を使用。塩こしょう・にんにくで味付けされており、スタミナ満点。ボリュームもある。
○「山芋鉄板」(600円)・・・あっさりタイプと(100%山芋の生地に鰹節・ネギをのせ、ポン酢で食べる)こってりタイプ(チーズ入りの生地にモヤシなどの具が入り、マヨネーズソースで食べる)の2種類がある。
○「博多たまご焼き」(500円)・・・明太子を1切れそのまま卵で包み焼いたもの。
○「飲み放題コース」(1人3000円)・・・2時間の飲み放題+料理。内容は、サラダ・
とり刺し・地鶏の炭火焼・串7本・おつまみ2品。串とおつまみは、単品メニューの中からのオススメや、その時期の美味しいもの。(例として、エビチリ・ゲソからあげなど)

「やきとり居酒屋 夢市門」
福岡市博多区博多駅前3−10−34
(博多駅から7分。西日本シティ銀行の裏。わかりにくい場合はお店にお問い合わせ。)
電話:092−452−0101
営業時間:(月〜土)ゆうがた5時〜深夜1時 (日・祝日)ゆうがた5時〜よる11時
定休日:不定休

今日の特典
今日から1ヶ月間(6/24まで)「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/05/23

福岡市中央区天神「Vanilla Kitchen」

・2011年8月にオープンしたダイニングバー。店内は真っ白な壁で構成されており、そこに様々なアーティストが作品を展示したり、個展を開けるギャラリーになっている。
・ドリンクは、アルコール・ソフトドリンク合わせて200種類以上。
・テーブル・カウンターあわせて15席ほど。お客さんは20代前半が中心で、アーティストたちが多く訪れる。
・おすすめのメニューは・・・
○「ハヤシライス」(900円)・・・ルウはオリジナルブレンドのスパイス・赤ワインを使ってじっくり煮込んだ本格派。具材は牛肉・玉ねぎ・しめじなど。アクセントには、フライドオニオンと自家製ピクルス。
○「お刺身」・・・バーなのに毎日日替わりで魚を仕入れている今の時期は「イサキ」が旬。
○「煮込み料理」・・・こちらも日替わり。豚タンのデミソース煮込み・ナンコツの味噌煮込みなどがある。
○「飲み放題コース」(1人3500円)・・・2時間の飲み放題+料理7品。料理は、お刺身・サラダ・パスタ・ピザに日替わりのおつまみ。

「Vanilla Kitchen」
福岡市中央区天神3-4-17 天神ウイングビル6F
(昭和通りから親不孝通りに入って最初の四つ角を右。)
電話:092-732-3616
営業時間:ゆうがた4時〜翌日7時
定休日:不定休

「Vanilla(バニラ) Kitchen(キッチン)」
今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ハヤシライスorカレーライスが半額!

2013/05/22

福岡市中央区西中洲「福岡原価市場」

・今年2月にオープン。お店の名前の通り、お料理・ドリンクすべてのメニューが原価で注文することができるお店。
・原価で注文できる代わりに、2時間1000円、3時間1500円の入場料を支払う。
・もともと仙台に本店があり、福岡が2店舗目。
・おすすめのメニューは・・・
○「鯛とウニのしゃぶしゃぶ」(1人前900円。注文は2人前から)・・・天然の鯛でウニを包んで食べるメニュー。野菜もセットになっていてボリュームもたっぷり。数量限定の人気メニューなのでお早めに。
○「厚切り牛タン」(800円)・・・仙台から直送の牛タンを使用。その牛タンを炭火で焼いている。
○「もつ鍋」(1人前490円。注文は2人前から)・・・西京味噌を使った特製のスープを使用。2人前でも980円という安さ。
・ドリンクももちろん原価で、生ビール200円、ハイボール90円、梅酒280円、
焼酎180円など。
・コース料理は3500円から。馬刺し、お刺身、メインのお肉料理など8品。
・テーブル席、カウンター席、掘りごたつ席があり全体で50名ほど入る。
・団体は40名くらいまでは対応可能。

「福岡原価市場」
福岡市中央区西中洲3−1 デルタウエスト1F
(天神方面から春吉橋脇の道に入り、川沿いを道なりに進んですぐにある「デルタウエスト」というビルの1階)
電話:092-725-1740
営業時間:17:00〜3:00
定休日:無休

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ドリンク200円引き(1杯限定)

2013/05/22

今日の深瀬智聖!49

アキレス腱フェチの智聖さんが札幌と新潟に行ったらしく、お土産を買ってきてくださいました!

添付画像は、番組オープニングでも話題に出た「札幌カリーせんべい」「うす揚」「笹だんご」。

智聖さんありがとうございました!美味しくいただきます!

2013/05/21

福岡市中央区薬院「ダイニングダーツカフェ ZION」

・今月でオープン5周年を迎えるダーツバー。お店の中にダーツグッズもたくさん売ってあり、ダーツ好きの人が集まるお店。
・「ザイオン」には、“聖地”や“楽園”といった意味がある。
・メニューは、20代〜30代の女性が喜ぶようなメニューを心掛けている。
・結婚式の2次会やパーティー、合コンで利用するお客さんが多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「マルゲリータ」(800円)・・・生地にこだわった自家製の手ごねピザ。ピザソースにモッツァレラとバジルをあわせた25cmの大きさ。
○「アヒージョ」(500〜600円)・・・エビ、きのこ、セセリなど3〜4種類のアヒージョが常にそろっている。アヒージョなどの小皿料理をつまみながらダーツを楽しむ人が多い。
・通常はカウンター、テーブル席など50席ほどがあるが、パーティーなどで席の組み替えが自由にでき、立食ビュッフェなどでは最大120名まで入ることができる。
・ダーツは1回ごとに100円。

「ダイニングダーツカフェ ZION」
福岡市中央区薬院3-7-27 マツダビル2F
(薬院駅から歩いて約5分。高宮通り沿い。新川町(しんかわちょう)バス停前)
電話:092-533-0301
営業時間:19:00〜3:00 金・土・祝日前 19:00〜5:00
定休日:無休

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
デザートサービス!

2013/05/20

北九州市小倉北区浅野「ギラスピリッツ」

・小倉北区にある「小倉ベイホテル第一」直営のバー。
・ギラヴァンツ北九州の公式サポートショップとして、ギラヴァンツ北九州を応援しているお店。1年ほど前に「ギラスピリッツ」という名前に変わった。
・150インチのスクリーンがあり、ギラヴァンツの試合を放映している。
・ホームでの試合のときはお客さんは少ないが、アウェイになると50〜60人が集まり、サポーターのあいだでは「アウェイの聖地」と呼ばれている。
・おすすめのメニューは・・・
○「関門ダコの焼きカレー」(680円)・・・関門ダコを門司港名物の焼きカレーにのせて、一緒にオーブンで焼いたもの。
○「関門ダコのピザ」(580円)・・・肉厚の関門ダコがのった、1人でも食べれる8インチの大きさのピザ。
○「ぐるぐるウインナー」(1580円)・・・直径18センチの大きなウインナーをぐるぐる巻いている。5〜6人のグループで食べるとちょうどいい大きさ。
・ドイツ・ベルギー・東南アジア・オーストラリアなど世界各国のビール30種類がそろっている。
・1000円以上の注文があれば、焼酎の芋・麦と梅酒が時間制限なしで飲み放題になる。
・店内にはビリヤードとダーツがあり、何か1つ注文すると遊び放題になる。

「ギラスピリッツ」
北九州市小倉北区浅野2-17-31 小倉ベイホテル第一 地下1階
(小倉駅・新幹線口から歩いて約7分。)
電話:093-551-8282
営業時間:19:00〜1:00(ギラヴァンツアウェイ戦の時は試合開始の1時間前から営業)
定休日:無休

2013/05/17

福岡市博多区冷泉町「博多 あかちょこべ」

・昼はうどん、夜は居酒屋フードメニューも味わえる「うどん居酒屋」
・2008年4月オープン。カウンター・テーブル・2階の座敷を合わせて34名ほど収容可能。
・ランチタイムはサラリーマンやOLに人気。
・古の時代の麺をイメージしたお店オリジナルのうどん麺は、胚芽の粒を加えたもの。つゆに使われるだしの素材(鰹節・昆布など)は、和風だしの本場・京都から直送。
・おすすめのメニューは・・・
○「キーマカレーうどん」(640円)・・・最初はひき肉のドライカレーと麺で食べる。次にお店特製の揚げ玉(桜えびの粉でできたものに黒こしょうをふっている)を入れ、サクサク感を楽しむ。最期に、だしをかける。ひつまぶしのように3度美味しいうどん。
○「スペアリブ肉うどん」(780円)・・・ソーキそばをイメージ。トロトロで甘めに味付けした分厚いスペアリブに和風だしが合う。
○「砂肝のコンフィ」(780円)・・・砂肝を低温のオリーブオイルで煮込むことで柔らかく仕上げた、フランス料理。ワインに合う。
○珍味各種・・・「生からすみ」(長崎)や「さばへしこ」(北陸地方)など、日本各地の珍しいおつまみが揃っている。
○「5月のコース」(3500円)・・・料理7品+3時間飲み放題のコース。1か月ごとにコース内容は変わる。今月は「小鉢・生ハムとルッコラのサラダ・博多ひとくち餃子
刺身(ホタルイカなど)炙り・干物・鍋もの(豚しゃぶなど)シメにうどんがつく。

「博多 あかちょこべ」
福岡市博多区冷泉町7−10(櫛田神社の斜め向かい)
電話:092−271−0102
営業時間:(ランチ)ひる11時半〜ひる3時(ディナー)ゆうがた6時〜深夜0時
定休日:不定休

今日の特典
6月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
うどんのトッピング(120円まで)無料!

2013/05/16

福岡市中央区警固「ディバージョン」

・オープンして1年ほど。上人橋通り沿いにあるダイニングバー。
・1次会でも2次会でも使えるバーとして人気。「ディバージョン」は、英語で気分転換という意味。
・カウンター席と座敷席があり、あわせて25席。30代前後のお客さんが多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「瞬間冷却のお酒」(600円〜)・・・日本酒やジーマなど、マイナス6度で冷やすことによって注いだ瞬間からグラスで凍っていく。シャーベット状のまま飲むことができる。
○「オムライス」(980円)・・・自家製のデミグラスソースがたっぷりかかったオムライス。ご飯の量もたっぷりの人気のメニュー。
○「生ハムのクリームパスタ」(1000円)・・・自家製でつくっているクリームソースと、生ハムやアスパラが入ったパスタ。
・お店の中にダーツがあったり、トランプやジェンガも用意してあり、遊びながらゆっくり過ごすことができる。

「ディバージョン」
福岡市中央区警固1-4-27 KEGOエイトビル 3F
(上人橋通り沿い。井手精肉店のとなりのビルの3階)
電話:092-406-3170
営業時間:19:00〜3:00
定休日:不定休

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
瞬間冷却のジーマ1本サービス!

2013/05/15

福岡市中央区赤坂「ロッソ・エ・ビアンコ」

・季節ごとの旬の食材を使った和食とイタリアンのお店。和食とイタリアンをあわせた 創作料理を「和タリアン」と呼んでいる。
・オープンして2年2か月。お店の名前はイタリア語で「赤と白」という意味で、
日本の日の丸からイメージしてつけられた。
・おすすめのメニューは・・・
○「ナスのミートソースピザ」(980円)・・・ピザの生地にパイ生地を使ったピザ。ピザのまわりにふちがついているのが特徴で、外はサクサク中はふわっと柔らかい生地。
ピザは全部で6種類あり、パイ生地か薄いピザ生地のどちらか選べる。
○「ウニの和風クリームパスタ」(1000円)・・・生のウニとわさびがパスタにのっていて、それを混ぜて食べる。わさびのツンとした味が効いている。
○「鶏とトマトのチーズ焼き」(680円)・・・鉄板にトマトと鶏肉を入れ、トマトソースとチーズをのせて焼いたもの。常連のお客さんに人気のメニュー。
・コース料理は2000円、2500円、3000円、3500円の4種類。飲み放題は 女性1000円男性1500円で、単品でも飲み放題にすることができる。
・100種類くらいのメニューがあり、メニューが多すぎて選べないというお客さんも多い。メニュー表におすすめのマークが入っているので、初めてのお客さんにはそこから注文してもらえるように言っている。
・カウンター席、テーブル席、座敷の席があり、あわせて30席。
・お店の中に砂利が敷いてあったり和風のつくりになっている。
・20代〜50代くらいのお客さんが多く、女性のお客さんが多い。

「ロッソ・エ・ビアンコ」
福岡市中央区赤坂1-1-18 リバティ赤坂 2F
(パチンコ「プラザ赤坂店」の裏。大正通りの大名1丁目交差点を赤坂方面へ入ってすぐ。)
電話:092-724-6852
営業時間:18:00〜2:00  金・土18:00〜6:00
定休日:月曜日

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
880円のパスタが500円。
1000円のパスタが580円にサービス!

2013/05/15

今日の深瀬智聖!48

●ョコモナカジャーーンボーーー!!!

2013/05/14

公開生放送決定!

「PAO〜N」の公開生放送を行うことが決定致しました!

題して「PAO〜Nがついに30年!でも、厳密に言えば17年 スペシャル!」(命名:沢田幸二)

水曜日パーソナリティ・深瀬智聖の所属するアイドルグループ「LinQ」のライブや、金曜日パーソナリティ「BLUE RIVER」の漫才など、お楽しみがいっぱいのこのイベントに抽選で80名様をご招待!

受付は、メール&FAXで行います。
メール:pao-n@kbc.co.jp
FAX:092-722-4242

「PAO〜N 公開生放送 係」と書いて、上記の宛先までお寄せください。(住所・氏名・電話番号を忘れずに!)

締め切りは、5月20日(月)です。
たくさんのご応募をお待ちしております!

【PAO〜Nがついに30年!でも、厳密に言えば17年 スペシャル!】
開催日:2013年5月30日(木)
時間:午後1時〜
場所:KBCラジオ第1スタジオ

2013/05/14

福岡市博多区中洲「伐折羅」

・九州各地の料理や食材など、九州のおいしものが食べられるというお店。
新鮮なお刺身や鍋など幅広いジャンルの料理が味わえる。
・去年8月にオープン。「伐折羅」とは、仏教の神様の十二神将のひとり。
・中洲という土地柄、中洲で働く飲食業のお客さんが多く、ピークになる時間も遅い。
・おすすめのメニューは・・・
○「刺身盛り合わせ」(1人前1300円)・・・3〜4種類の魚の盛り合わせ。今の時期はカンパチ、マグロ、タイ、タコ、カジキなど。
○「とり天」(780円)・・・大分名物のとり天を塩と酢醤油をつけて食べる。
○「もつのトマト煮込み」(780円)・・・トマトソースでもつを煮込みチーズをのせて食べる。鉄板でぐつぐつのままお客さんに出す。
トマト煮込み以外にも「みそ煮込み」(780円)などもある。
○「ゴーヤチャンプルー」(500円)・・・沖縄の相場に合わせた価格になっている。
・そのほか、有田鶏のソテーや島らっきょうの天ぷら、島豆腐なども人気。
・九州の日本酒や焼酎なども多く取り揃えている。中でも味や原材料にこだわり、佐賀県酒造組合が認定した「佐賀認定酒」が人気。
・コース料理は九州各地のものが揃った「九州うまかもんコース」(3500円)など。
飲み放題では「三岳」「伊佐美」「なかむら」などのプレミア焼酎も飲み放題になる。
・店内はすべてソファ席で26人くらいが入る。

「伐折羅」
福岡市博多区中洲4-2-14 グラン中洲  1F
(中洲大通り沿いのビルの1階。「オーリック」という酒屋さんの近く。)
電話:092-282-6652
営業時間:19:00〜6:00
定休日:木曜日

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
沖縄のおつまみ3点盛りをサービス!

2013/05/13

福岡市中央区平尾「ばちたか 山荘通り」

・去年6月オープン。串焼きがメインで、そのほかステーキ、馬肉などがそろう
居酒屋さん。
・炭で焼く音「バチバチ」と、オーナーがホークスファンということから「ばちたか」。
・近所に住む家族連れやカップルなどお客さんの層は幅広い。
・串焼きの種類は40本くらいあり、1本130円〜。
・おすすめのメニューは・・・
○「ばちたかコールスロー」(300円)・・・キャベツなどの野菜に自家製のドレッシング2種類をかけ、炭火で焼いたパンチェッタを合わせたお店の看板サラダ。お通しとして出している。
○「肝スペシャル」(180円)・・・肝をレアで焼いている。新鮮な朝びきのものを使用しているのでできるメニュー。ごま油と塩をつけて食べる。
○「馬刺し」(1200円)・・・赤身ではなくサガリの部分のお刺身。サガリの部分の方が味が濃い。
○「秘伝牛サガリ焼き」(1300円)・・・国産のお肉を使っている巨大な串焼き。
・カウンター席、掘りごたつ席、半個室があり、あわせて36席。
・宴会などは最大25人くらいまでなら対応可能。

「ばちたか 山荘通り」
福岡市中央区平尾4-5-20
(山荘通り沿い、石村萬盛堂のななめ前)
電話:092-791-4908
営業時間:17:30〜1:00
定休日:木曜日

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
「秘伝牛サガリ焼き」を半額にサービス!

2013/05/10

福岡市中央区大名「Kebab Bar Ampoules」

・大名では有名なテイクアウトのケバブ専門店「ぐるぐるチキン」のケバブと一緒にお酒を楽しめるように、と去年の11月にオープンしたバー。
・オーナーさんがフランスに行ったとき気に入った街のイメージを店内のインテリアに取り入れている。お店の名前「アンプル」も、フランス語で「電球」という意味。
・1階と2階があり、テーブル・カウンター・スタンディング含めて300人は収容可能。
・大名と言う土地柄、美容師やファッション関係の仕事をしている人が多く訪れる。
・メインのケバブサンドの具材は、特製タレに付け込んだチキン・キャベツ・玉ねぎ・トマトなど。ピタパンは、横浜で特注した全粒粉のもの。5種類のソースの中から好きなものを一つ選ぶ(サウザン・ヨーグルト・ごま・ママズガン・ハニーマスタード)ママズガンは、同名のバンドがデビューする時にコラボした激辛ソース。
・おすすめのメニューは・・・
○「ケバブセット」(800円)・・・ケバブサンドにおつまみとドリンクがつくお得なセット。
○「ぐるぐるソーセージ」( 円)・・・長いソーセージをトルネードのように巻いた、見た目にインパクトのあるメニュー。
○「グラタン」(700円)・・・ホワイトソースをベースに、トマトソース・コンソメ・にんにくなどで味付けされる。具材はケバブに使われるチキン・様々な野菜・きのこなど。
○「ピザ」(1000円)・・・具材はケバブチキン・トマトやナスなどの野菜。ピザソースは、ケバブで使うヨーグルトやサウザンなどをブレンドしたもの。

「Kebab Bar Ampoules」
福岡市中央区大名1−1−21
(国体道路沿いのブックオフから紺屋町通りに入る。ケバブを焼く機械が表にある。)
電話:092−406−7238
営業時間:ひる11時半〜深夜0時(金・土・祝日の前日は深夜1時半まで)
定休日:不定休

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ケバブの肉が大盛り!

2013/05/09

北九州市若松区高須東「呑燗食楽 DEN69」

・3月にオープンしたばかりの居酒屋さん。
・お酒の種類がたくさんあり、カップルや1人飲みの男性などのお客さんが多い。
・オープンしたばかりで、お店の雰囲気や居心地を大切にした店づくりをしていきたいとのことです。
・「DEN」は英語で「秘密の小屋」という意味があり、「69」はオーナーがロック好きで
6月9日生まれだったことから。「呑燗食楽」は、楽しく飲んで食べてという意味。
・カウンター席、テーブル席、掘りごたつ席あわせて25人くらい入る。
・おすすめのメニューは・・・
○「DEN69餃子」(580円)・・・餃子の皮が普通の皮ではなく、油揚げで包んでいる。
○「さきイカ激辛あえ」(380円)・・・さきイカを唐辛子であえて激辛に仕上げている。お酒のアテとして人気のメニュー。
○「焼きそば」(580円)・・・オーナーがこだわった細麺を使用した人気のメニュー。


「呑燗食楽 DEN69」
北九州市若松区高須東3-13-51
(高須小学校近く。深川橋から高須サンリブ方面へ向かい、「うるちや」という居酒屋の手前を右に曲がりすぐ左手)
電話:093-741-6649
営業時間:18:30〜24:00
定休日:不定休

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/05/08

今日の深瀬智聖!47

ヒップホップアイドルユニット「lyrical school」のNEWシングル「PARADE」の初回限定版に収録される「S.T.A.G.E feat 深瀬智聖(from LinQ)」にて、智聖さんがラップを披露しています!

本日の番組内でOAいたしますので、是非チェックしてくださいね!


PARADE(パレード)初回限定盤
発売日: 2013年5月15日(水)
品番: TPRC-0041
価格: ,500(税込)
収録曲
1. PARADE 作詞・作曲: tofubeats
2. tengal6 take2 作詞:呂布、岩渕竜也 作曲:坪光茂樹 編曲:KakashiRec
3. S.T.A.G.E feat 深瀬智聖(from LinQ)
作詞:岩渕竜也 作曲:ハシダカズマ 編曲:Fragment
4. PARADE (inst)
5. tengal6 take2(inst)
6. S.T.A.G.E feat 深瀬智聖(from LinQ)(inst)

2013/05/08

福岡市中央区渡辺通「上四十川 舌心」

・オープンして6年。季節の魚、野菜などリーズナブルな価格で楽しむことができる居酒屋さん。
・お店の名前にある「上四十川」とは、渡辺通り周辺の昔の名前。
・30代〜50代くらいのサラリーマンのお客さんが中心。
・カウンター席、テーブル席、座敷あわせて30席。団体だと20名まで対応可能。
・おすすめのメニューは・・・
○「鶏ハラミ鍋」(1人前890円。注文は2人前〜)・・・もつ鍋のお肉がモツからハラミにかわったような鍋。ハラミは脂身が少なくヘルシー。プリッとした弾力のある食感。
○「ごぼうのさつま揚げ」(580円)・・・スライスしたごぼうで、すり身を包んで揚げたもの。外側はごぼうのシャキシャキした食感で、中はふわふわ。
○「豚足のパリパリ焼き」(530円)・・・コラーゲンたっぷりの豚足のゆで汁を、餃子の羽みたいにして豚足と一緒に焼く。ポン酢をつけて食べる。
・ランチでは、鶏ハラミ鍋のスープでつくるちゃんぽんを出している。このちゃんぽんで
サワダデースに出演したこともある。

「上四十川 舌心」
福岡市中央区渡辺通1-9-15
(渡辺通り沿いの広瀬病院近くのセブンイレブンから路地へ入り、突き当たりを右に曲がってすぐ。百旬館の真裏。)
電話:092-518-2939
営業時間:ランチ:11:30〜13:00 夜18:00〜24:00
定休日:日曜日

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
「鶏ハラミ鍋」半額

2013/05/07

福岡市中央区高砂「焼鶏工房 めっしー」

・去年8月にオープンした焼き鳥屋さん。お店の電気系統以外の外装・内装すべてを スタッフで手作りしたという古民家風のつくりになっている。
・オーナーの名前が「飯盛(いさかり)」であだ名が「めっしー」だったのが名前の由来。
・近くの会社のサラリーマンや近所に住むお客さんが多く、年齢層も20代〜30代と若めで、男性も女性も半々くらいの割合だそうです。
・テーブル席・カウンター席あわせて30人ほどが入る。
・おすすめのメニューは・・・
○「つくね」(500円)・・・串ではなく、ハンバーグのようにしてお皿で出す。1皿2個入り。オーブンでつくねをふわふわに焼く。卵黄とからめて食べるとおいしい。卵黄以外にもチーズやおろしポン酢で食べることもできる。
○「ダチョウのたたき」(880円)・・・オーストラリアから輸入しているダチョを使っている。ダチョウの肉は赤身でさっぱりしていてクセのない味。
○「鶏の炙り焼き」(セセリ680円・もも780円)・・・備長炭を使い一気に炙り焼きにする。
・デザートにも力を入れていて「ロールケーキ」(380円)や「プリン」(380円)など一から手作りしている。

「焼鶏工房 めっしー」
福岡市中央区高砂1-5-6 ニュー高砂ビル 1F
(サンロード商店街から日赤通りを挟んで反対側へ入ってすぐ。赤い大きなちょうちんが目印)
電話:092-522-1912
営業時間:17:00〜5:00
定休日:不定休

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
つくねサービス!

2013/05/02

九州ハワイキャンペーン 福岡からハワイへ行こう!

「九州ハワイキャンペーン 福岡からハワイへ行こう!」シリーズ第4弾は「カウアイ島編」
今回もリスナーのみなさまへのハワイ土産をご用意しております!

今週のプレゼントは・・・
@「カバリオ市長に頂いたキーホルダー」・・・2名様
A「カウアイ島詰め合わせ(コーヒー・絵本・小物入れなどのセット)」・・・1名様


プレゼントの応募はコチラから!
メール:pao-n@kbc.co.jp
FAX:092-722-4242
(住所・氏名・電話番号をお忘れなく!)

プレゼントの当選者は、5月10日(金)放送の「九州ハワイキャンペーン 福岡からハワイへ行こう!」のコーナーで発表いたします!

2013/05/02

北九州市小倉北区「グリル&カフェ アミュゼ」

・薩摩地鶏を使ったハンバーグや炭火焼きが人気のお店。
・「アミュゼ」は、フランス語で楽しむ・楽しませるという意味。
・30代・40代のお客さんが中心で、それ以外にも年配のお客さんもお店にやってくる。お客さんの8割が女性。
・おすすめのメニューは・・・
○「つくね」(200円)・・・薩摩地鶏を使ったつくねで、食べ応えのある食感。鶏肉でカロリーも低く女性にも人気。
○「薩摩地鶏のグリルハンバーグ」(880円)・・・薩摩地鶏を使ったハンバーグ。ジューシーで中から肉汁があふれ出す。ランチではライス・サラダ・スープがセットになる。
○「焼きカレー」(880円)・・・スパイスの調合からつくるカレー。ゆっくり時間をかけて作っていて、鶏のもも肉を溶かし込んでいるので見た目には具が内容に見える。
○「大エビのグリル」(980円)・・・30センチほどの大きなエビをまるごと焼いている。特に味付けしなくてもエビのうまみがはっきりとわかる。
・コース料理は「ベジタブルダイエットコース」(2500円)が人気。生ハムシーザーサラダ、カルパッチョ、バーニャカウダー、つくねなど8品。

「グリル&カフェ アミュゼ」
北九州市小倉北区下到津4-8-3
(東筑紫短期大学の目の前)
電話:093-383-8182
営業時間:ランチ11:30〜15:00 夜18:00〜3:00
定休日:ランチ日曜休み 夜は無休

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
つくね1人1本サービス!

2013/05/01

今日の深瀬智聖!46

岩手県のゆるキャラ「わんこきょうだい」の「そばっち」と智聖さん。

●スター・ポポに似ていることは内緒です。

2013/05/01

福岡市中央区渡辺通「博多屋台 かど」

・オープンして5年目。もともと焼きとんの専門店としてオープンしたけど、
去年3月にリニューアルし、焼きとん以外に串焼きやお肉、魚が食べられるお店と
なった。
・平日の夜は仕事帰りのサラリーマンのお客さんが9割を占め、土日は近所に住む
家族連れやカップルなどが多い。
・リーズナブルな料金設定になっていて、値段の割にボリュームもある。
・おすすめのメニューは・・・
○「本日のいちおし」(399円)・・・その日に入った魚を日替わりで「本日のいちおし」として出している。
○「海鮮のっけ寿司」(1029円)・・・細巻きの寿司の上に、あるだけのネタを山盛りにのっける。
○「めんたいこの天ぷら」(504円)・・・めんたいこを大葉で包み天ぷらにする。中がレアになっていて外側だけ火が通っている。
○「晩酌セット」(1050円)・・・好きなドリンク1杯、刺身5点、串焼き3本がセットになったメニュー。赤字ギリギリなのでお店としてはきつい。
・ランチもありサラリーマンでいつもにぎわっている。
・ランチメニューは、海鮮丼(800円)、あらだき定食(700円)、竜田揚げ定食(600円)、まかないカレー(500円)、イカリングちゃんぽん(700円)の5つのメニュー。

「博多屋台 かど」
福岡市中央区渡辺通2-3-19ロマネスク天神南1F
(電気ビル裏。佐田病院の向かい。)
電話:092-731-5888
営業時間:ランチ11:30〜14:30 夜18:00〜24:00
定休日:不定休(GWは、5月5日・6日が休みの予定)

今日の特典
5月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
刺身またはワンドリンク サービス!

<<  2013/5  >>

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新の記事