KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

2013/09/30

北九州市小倉北区江南町「旬菜家 ひろ」

・6月15日オープンの和風創作料理のお店。
・季節の食材を使い、彩りとバランスを考えたメニュー。
・お客さんの年齢層は40代〜60代くらいの方が多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「2980円コース」・・・お刺身、焼き物(大葉で牛ステーキを包んだ「大葉焼き」)、揚げ物(「ごま豆腐と魚の揚げ出し))、「カツオとアボカドとトマトのタルタル」、「松茸の土瓶風」、にぎり寿司3貫、みそ汁のコース。
新聞の折り込み広告を出したこともあり、このコースを目的に遠くからやってくるお客さんも多い。
○「渡り蟹」(1200円〜1500円)・・・一度蒸して殻をとってあるので食べやすくなっている。
○「ハモと松茸の天ぷら」(1000円)・・・リーズナブルなお値段で人気。
・そのほか今の時期は、ゴマサバやサンマのお刺身、トラフグのお刺身などもおすすめ。
・ランチは1日20食限定の日替わりランチ(1000円)。
(明日・あさってはランチがお休み)
・カウンター席、テーブル席、お座敷あわせて20席くらい。

「旬菜家 ひろ」
北九州市小倉北区江南町4-2
(モノレール香春口三萩野駅から歩いて約5分。駅から国道3号線を門司方面へ進み、
小倉北消防署前の交差点を左に曲がって、最初の細い路地を右に曲がったところ)
電話:093-921-8878
営業時間:ランチ 11時半〜午後2時 
夜 夕方5時半〜ラストまで(お客さんがいない場合は早く閉めることもある)
定休日:日曜日・祝日

今日の特典
10月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス

2013/09/27

福岡市中央区薬院「海鮮丼 日の出」

・オープンして4年になる、海鮮丼と定食のお店。
・女性ひとりから家族連れまで老若男女問わず、いつもお客さんでいっぱいのお店。
・テーブル・カウンターあわせて27名収容可能。
・すべての丼メニューには「みそ汁」「小鉢or玉子焼きor茶碗蒸し」が付く。プラス100円で「グリーンサラダorポテトサラダorごはんおかわり」が注文可能。ごはんの大盛りと、シメのお茶漬けは無料。
・自分で好きなネタを選ぶ「マイ丼ぶりセット」も人気。グリーンサラダが付く。
・定食にはプラス350円で刺身3種盛りが付く。ごはんはおかわり無料。
・おつまみメニューや美味しい日本酒&焼酎も揃っているので、軽く1杯にも◎

・おすすめのメニューは・・・
○「日の出スペシャル丼」(1580円)・・・その日に仕入れた新鮮な魚が10種類ほど乗った丼。この時期は、サバ・ハマチ・サーモン・ホタテ・マグロ・タコ・ウニ・イクラ・タイ・甘エビ・ネギトロなど。ボリューム満点。
○「博多丼」(1000円)・・・明太子・青魚・マダイ・タコなどが乗った丼。
○「北海親子丼」(1050円)・・・いくら・サーモン・ホタテが乗った丼。
○「日の出ヒットおかずチョイス定食」(1480円)…4種類の人気おかずから1品&「松・竹・梅」の3種類のおかずから1品それぞれ好きなものを選べる定食。(別紙)

「海鮮丼 日の出」
福岡市中央区薬院2−1−8 リアン薬院ビル1F
(地下鉄 薬院大通駅のすぐそば。白いのれんが目印)
電話:092−791−7971
営業時間:ひる11時半〜よる10時半
定休日:水曜日

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
デザートサービス!(ひとり1つ)

2013/09/26

福岡市博多区上川端「カキジロー」

・オープンして1年になるオイスターバー。
・オーナーのこむろさんは東京の出身で、震災の影響もあり福岡へ引っ越してきたそうです。東京では築地の仲卸業者として働かれていたそうで、生で安心して食べられる牡蠣があることを福岡の人にも紹介したいという思いからお店を始められたそうです。
・現在お店で使われている牡蠣は岩牡蠣で、富山などの日本海側で獲れたものや九州産のものなど、いろんな産地の牡蠣が使われている。
・岩牡蠣の時期が終わりに近づいてきているので、これからは北海道や広島、九州産の真牡蠣が入ってくるようになる。
・おすすめのメニューは・・・
○「殻付き牡蠣のオーブン焼き」・・・当日入っている牡蠣をオーブンで焼き、
トマトチーズ焼き、西京味噌バター焼き、グラタンソース焼きの3種類から選んでもらう。
○「クリームチーズパテ」・・・牡蠣を練り込んだクリームチーズをクラッカーにつけて食べる。ワインとよく合う。
○「岩牡蠣の素干し」・・・岩牡蠣をそのまま干したものをあぶって食べる珍味。日本酒とよく合うおつまみ。
・生の牡蠣は1個600円くらい。そのときに仕入れる牡蠣によって少しずつ値段が変わってくる。1人3000円くらいあれば十分食べ飲みできる。
・牡蠣とよく合う日本酒を全国からこだわって仕入れている。
・カウンター4席、店の外にある3名掛けのテーブル席が2つで、合計10席。
小さなお店なのでお店に来られるときは一度電話してもらった方がよいとのことです。

「カキジロー」
福岡市博多区上川端2-15
(国体道路側の川端商店街を出て、櫛田神社の鳥居の前から細い路地へ入ったところ)
電話:092-263-3039
営業時間:夜7時〜深夜1時
定休日:日曜日・月曜日・祝日

今日の特典
10月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
生ビールまたはグラスワインを1杯サービス

2013/09/25

今日の深瀬智聖!67

智聖さんの所属するアイドルグループ「LinQ」の初の全国ツアー「LinQ ちかっぱ全国ツアー2013 〜新たな挑戦の始まり〜」が開催されます!

本日のパオーンでは、福岡公演のチケットぴあ特別電話予約を行っております。
本日午後6時まで受付中ですよー



【LinQ ちかっぱ全国ツアー2013 〜新たな挑戦の始まり〜】
福岡公演
日時:11月23日(土)午後5時〜
開場:福岡国際会議場メインホール
全席指定1枚4200円

申し込み電話番号:0570−02−9509

2013/09/25

福岡市博多区綱場町「馳選」

・オープンして8年。和風創作料理のお店。
・お客さんは、30代〜60代くらいの仕事帰りのサラリーマンが中心のお店。
・カウンター席、掘りごたつのお座敷などあわせて30席くらい。
・今年中は通常4000円のコースが、8周年限定コースとして3480円になっている。
2時間半の飲み放題つきで、お料理も10品あり結構しっかりと食べられる
・おすすめのメニューは・・・
○「えびと枝豆のかき揚げ」(650円)・・・車えびと枝豆のみをかき揚げにして、
3種類の塩(しそ塩・カレー塩・抹茶塩)で食べる。
○「しゃぶもちとチーズのカリカリ焼きピッツァ風」(550円)・・・しゃぶしゃぶ用の薄いお餅をピザの生地に使い、その上にチーズとベーコンをのせた料理。
○「ホタテとエリンギのガーリックバター炒め」(780円)・・・レアに焼いたホタテとエリンギを多めに使ったもので、ガーリックと柚子胡椒をつけて食べる。
○「アイス天ぷら」(450円)・・・バターロールの中をくり抜き、その中にアイスを入れて天ぷらにしている。外はサクサクで中は冷たい人気のデザート。
・ランチは箱膳にご飯とおかずが入った日替わりのメニュー。ランチの営業時間は特に決めず、基本的にご飯がなくなるまでやっている。

「馳選」
福岡市博多区綱場町1-16 多田ビル1F
(地下鉄呉服町駅6番出口から歩いてすぐ。大博通り通り沿い。)
電話:092-282-6833
営業時間:ランチ 11時半〜売り切れまで  夜 夕方5時半〜深夜0時
定休日:日曜日

今日の特典
10月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
刺身盛り合わせ(2〜3人前)をサービス

2013/09/24

久留米市東町「Local Food Kitchen Tiki」

・オープンして5年になる創作料理のお店。
・オーナーの趣味がサーフィンということで、ハワイの神様の「ティキ」がお店の名前の
由来となっている。
・店内はハワイアンテイストとリゾートをイメージさせるつくりとなっている。
・お客さんのほとんどが女性。20代前半〜30代くらいのお客さんが多い。
・店内には30名〜40名入ることができ、結婚式の2次会やパーティなどでの利用も
できる。
・おすすめのメニューは・・・
○「サーモンとアボカドのタルタル」(750円)・・・生のサーモンとアボカドをクラッカーにのせ、タルタルソースをつけておつまみ感覚で食べれる。
「エビとアボカドの生春巻き」(700円)、「めんたいアボカドのピザ」(950円)など
アボカドを使ったメニューが多くそろっている。
○「麻婆豆腐」(680円)・・・辛さの調整もできる人気のメニュー。
・コース料理は、平日限定の1500円コースが人気。
サラダ、カルパッチョ、お肉料理、パスタ、デザートの内容でリーズナブルな価格なのでコース利用のお客さんも多い。

「Local Food Kitchen Tiki」
久留米市東町30-9
(西鉄久留米駅から歩いて5分。池町川沿い)
電話:0942-37-1501
営業時間:夕方6時〜深夜1時  金・土 夕方6時〜深夜2時
定休日:不定休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
日替わりのアヒージョをサービス

2013/09/20

北九州市小倉北区魚町「天下の台所 がむしゃら」

・オープンして2年半の焼き鳥居酒屋。
・男性客が多く、仕事終わりのサラリーマン団体が飲みに来る。年齢層も少し高め。
・お店は2階建て。テーブル・カウンター席があり、40名ほど収容可能。
・「横が王将でもあえてギョーザ」、「さあ、みんなでホッケOK!」など、ユニークな名前のメニューが多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「ハツトロ」(1本120円)・・・心臓(ハツ)の柔らかい脂身(トロ)だけを集めて焼く。鶏肉2キロほどのかたまりから5本しか作れないという、とても貴重な串。
○「皮」(たれ:110円/皮トロ:120円)・・・しょうゆベースの特製タレに一晩じっくりと漬け込んだものを焼く。味がよく沁みて柔らかく、ボリュームがある。皮トロは、皮の中でも貴重な部分で、丸腸のようにプリッとした食感。
○「砂肝の刺身」(450円)・・・砂肝を刺身で食べられるお店は珍しいとのこと。ポン酢をつけて食べる。
○「人気No.1カラアゲ」(390円)・・・1日醤油ベースの甘辛ダレに漬け込んだもの。若いお客さんが大量に注文するほど人気。
○「マックぐらい美味しいポテト」(350円)・・・細切りタイプのポテト。時間がたってもシナシナにならず味が落ちないような作り方をしている。

「天下の台所 がむしゃら」
北九州市小倉北区魚町1−4−16 鳥町食堂街
(鳥町食堂街の入り口付近。隣には餃子の王将)
電話:093−383−9700
営業時間:ゆうがた6時〜深夜12時
定休日:不定休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ハツトロ1本サービス

2013/09/19

福岡市中央区薬院「居座火家 喜人」

・オープンして今年で11年目。創作料理が味わえる居酒屋さん。
・オーナーのみはしさんのあだ名の「奇人」がお店の名前の由来となっている。
・みはしさんは椎名林檎の大ファンだということで、お店の中には椎名林檎の曲が常に流れているとのこと。
・お店の中の壁には、みはしさんが書いた絵がたくさん描かれている。
・おすすめのメニューは・・・
○「喜人鍋」(1人前1800円)・・・お店の看板メニューで1番人気。山芋とろろをたっぷりと使ったお鍋。しょう油ベースのスープに鴨肉と野菜の具材がたっぷりと入っている。1人前でも3人くらいでも食べられる量。
○「生麩のゴルゴンゾーラ和え」(800円)・・・ゴルゴンゾーラと生クリームで、生麩を和えた料理。生麩を使っているのでもちもちした食感。
○「カマンベールとエビの湯葉かき揚げ」(650円)・・・野球ボールくらいの大きさの湯葉のかき揚げの中に、カマンベールチーズとエビが入ったもの。
・コース料理は飲み放題込みの3800円。前菜からお鍋まで8品。
・20代後半から40代くらいの女性のお客さんが多い。椎名林檎のファンのお客さんも多い。
・カウンター席テーブル席あわせて28席。

「居座火家 喜人」
福岡市中央区薬院2−4−26 ライオンズマンション薬院第5 1F
(薬院駅から六本松方面へ向かう途中のロイヤルホストから右に入り30メートルくらい進んだところ)
電話:092-716-2502
営業時間:夕方6時〜深夜2時
定休日:不定休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
お鍋の雑炊サービス

2013/09/18

今日の深瀬智聖!66

ピザーラお届け♪

2013/09/18

福岡市中央区渡辺通「Life dining J」

・今年7月24日にオープンしたお店。
・オーナーの藤田さんは元塾講師で、以前から食べ歩きが好きだったそうで自分でもお店を出したそうです。
・お店の名前の「ライフ」は日常的に気軽に利用してもらいたいとの思いから。また、「J」は経験を積むために働いていた飲食店で「塾長」と呼ばれていたことから、その頭文字をとって名付けたそうです。
・お客さんは仕事帰りに寄る方が多く、男性と女性の割合は半々くらいとのこと。
・カウンター席、テーブル席あわせて27席。カウンターに1人で来る人も多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「アヒージョ」・・・「マッシュルームのアヒージョ」(650円)、「鶏肉のアヒージョ」(750円)、「エビのアヒージョ」(800円)、「ホタテのアヒージョ」(850円)、「ホタテとエビのアヒージョ」(900円)の5種類。素材のうま味が増すように和風だしを加えているのが特徴。
○「4種類のチーズのピザ」(950円)・・・カリカリの手作り薄生地にこだわりのチーズをのせたもの。上にきのこをトッピングしたスペシャルバージョン(1000円)もある。
・ ランチはカレー専門でやっているとのこと。
「ビーフカレー」(650円)と「グリーンカレー」(650円)。そのふたつの「ハーフ&ハーフ」(750円)をメインに玉子、チーズ、エビ、ホタテなどのトッピングを用意している。

「Life dining J」
福岡市中央区渡辺通2-3-27
(薬院駅から博多駅方面へ200mくらい歩いたところの100円ローソンを左へ入ってすぐ。佐田病院の向かい)
電話:092-725-4043
営業時間:ランチ 11時半〜2時半  夜 夕方5時〜夜11時半 金土 〜深夜3時まで
定休日:不定休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス

2013/09/17

福岡市中央区警固「よつばダイニング」

・オープンして5年目になるお店。
・洋食メニューと梅酒や焼酎を中心に、女性におすすめのお酒が豊富にそろっている。
・お客さんのほとんどが女性で、20代後半から40代くらいが多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「オムライス」(780円)・・・お店の1番人気のメニューで、自家製のデミグラスソースとふわふわの玉子が特徴。
○「バーニャカウダ」(680円)・・・パプリカ、トマト、ブロッコリー、アスパラ、カボチャなど季節の野菜を使ったバーニャカウダ。
○「フォンデュ」(1200円)・・・チーズの中にすりおろした野菜が溶け込んだ「ベジタブルチーズフォンデュ」とトマト丸ごと1個が中に入った「スパイシートマトフォンデュ」のどちらかのソースが選べる。それに糸島産野菜、ズワイガニ、エビ、バケットなどを付けて食べる。
・テーブル席、カウンター席あわせて28席。
・コース料理は2500円から。前菜、サラダ、揚げ物、魚料理、肉料理、デザートなど8品。

「よつばダイニング」
福岡市中央区警固1-4-27 KEGOエイトビル301
(上人橋通りの焼鳥の八兵衛のビルの3階)
電話:092-752-8222
営業時間:夕方6時〜深夜3時
定休日:不定休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス!

2013/09/13

福岡市中央区清川「博多ネーゼ エノテカ リツ」

・オープンして3年目の創作イタリアンのお店。お店は入り口が2か所あり、一方から入るとバーカウンター、もう一方は隠れ家的なレストラン、というつくり。
・バー・レストランあわせて30名ほど収容可能。ご近所さんや仕事帰りのサラリーマン客が多く、年齢層は少し高め。1人飲み客も多い。
・おすすめのメニューは・・・
○「タコのオーブン焼き」(ハーフ:620円/フル:1260円)・・・ぶつ切りにしたタコをパン粉やチーズなどと焼いたもの。パンに乗せて食べる。
○「本日の鮮魚のカルパッチョ」・・・今の時期は、マダイなどを使う。たっぷりの野菜と一緒に自家製のさっぱりとしたドレッシングで食べる。
○「生うにのクリームパスタ」(1300円)・・・2人分のボリューム。他のパスタメニューとは違い、このクリームによく絡む麺を手打ちで作っている。
・ゆうがた5時〜7時の間は「ハッピーアワータイム」
この時間は、生ビール通常520円が300円。
ワイン3種類と300円のおつまみメニューの中から1品選んで1000円。
・コースメニューもあり、「いくらで作って」と伝えると、オーナーさんのおまかせで料理を組み合わせて作ってもらえる。だいたいの内容は、前菜・パスタ・ピザ・コーヒー・デザートなど。

「博多ネーゼ エノテカ リツ」
福岡市中央区清川1-12-5 ワイズビル1F
(渡辺通りから住吉通に進む。「ソノヤ家具」の隣。イタリアの国旗が目印)
電話:092−523−2330
営業時間:(ランチ)ひる11時半〜2時 (ディナー)ゆうがた5時〜深夜12時
定休日:日曜日

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス

2013/09/12

北九州市小倉北区魚町「Cafe-BONGO」

・オープンして16年になるダイニングバー。
・ピザ・パスタなどイタリアンのお料理が中心となるお店。
・カウンター席、テーブル席、掘りごたつ席あわせて75席。
・店の中にはプロジェクターやDJブースもあり、結婚式の2次会やイベント・パーティーなどで利用されることも多い。10月にはハロウィンパーティーを予定。
・おすすめのメニューは・・・
○「マルゲリータ」(980円)・・・自家製のクリスピー生地を使っている。四角い形をしていてA4くらいの大きさ。
○「チキンとマヨネーズのピザ」(980円)・・・チキンと野菜をピザにのせ、マヨネーズとマスタードで味付けをした人気のピザ。
○「ボロネーゼ」(700円)・・・自家製のミートソースを使ったパスタ。
・デザートにも力を入れていて、パフェだけでも5種類ある。「キャラメルパフェ」「チョコバナナパフェ」「フルーツパフェ」「ミルフィーユパフェ」、あんこときな粉を使った「和風パフェ」の5種類。
・コース料理は飲み放題つきの2980円〜。

「Cafe-BONGO」
北九州市小倉北区魚町1-3-21
(小倉駅から歩いて5分くらい。コレット向かいの東京三菱UFJ銀行の角を魚町方面へ入り、最初の交差点のところにあるビルの1階。)
電話:093-533-5780
営業時間:夕方5時半〜深夜0時  金・土 夕方5時半〜深夜2時
定休日:不定休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
おすすめのお料理サービス

2013/09/11

福岡市博多区上川端町「博多 とりお」

・去年の6月にオープン。店長のたいらさんが宮崎出身ということで、宮崎の地鶏
「地頭鶏(じどっこ)」の炭火焼が人気のお店。
・店長のたいらさんと同い年の仲間3人でお店を始めたということで、お店の名前は
3人組の「トリオ」と「鶏」を掛けた名前となっている。
・20代前半の若い人から50代くらいのサラリーマンまでお客さんの層は幅広い。
・おすすめのメニューは・・・
○「炭火焼」(1280円)・・・地頭鶏を使った炭火焼で、ほぼ生でも食べられる肉を使っているので軽く炙るだけでも食べられる。250gあるのでボリュームもたっぷり。
○「地鶏のフランクフルト」(2本で630円)・・・地鶏を一度ミンチにしてフランクフルト状にしている。
○「辛麺(からめん)」(500円)・・・宮崎で食べられている辛いラーメン。唐辛子がたっぷり入っているので、辛いものが好きな人におすすめ。麺はそば粉と小麦粉を使ったプルプルした麺。
・そのほか、「地鶏のたたき」(680円)、「チキン南蛮」(680円)、焼き鳥(1本100円から)なども人気。
・コース料理は飲み放題つきの3500円。炭火焼やから揚げ、焼き鳥など8品。
・掘りごたつのお座敷、テーブル席、カウンター席あわせて70名入る。

「博多 とりお」
福岡市博多区上川端町5-108
(川端商店街内。国体道路側から川端商店街に入って5軒目。)
電話:092-273-1369
営業時間:夕方6時〜深夜3時
定休日:不定休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス

2013/09/11

今日の深瀬智聖!65

YAZAWAみたいな靴を履くFUKASE

2013/09/10

福岡市中央区大名「TOM&JERRY」

・オープンして1年半くらい。イタリアンが中心のダイニングバー。
・女性のお客さんが多いが、仕事帰りのサラリーマンなど男性のお客さんも多い。
・イタリアンのお店なので、アヒージョとパスタに力を入れてやっている。
・おすすめのメニューは・・・
○「アヒージョ」(500円)・・・「エビのアヒージョ」、「マッシュルームのアヒージョ」、
「ベーコンとブロッコリーのアヒージョ」、「ソーセージとミニトマトのアヒージョ」など全てバケット付きで500円。
○「海の幸のレモンクリームスパゲティ」(850円)・・・オープンのときから人気のメニュー。ムール貝、アサリ、タコ、エビを具材に、レモンの酸味がきいたクリームパスタと和えている。
○「半熟卵とベーコンの納豆ペペロンチーノ」(780円)・・・納豆をベーコンを麺に絡ませ、その上にトッピングとして半熟卵をのせている。納豆とパスタが絶妙に合う。
○「サーモンとアボカドのクリームスパゲティ」(850円)・・・女の子が好きなサーモンとアボカドの両方が合わさったパスタ。サーモンは生のものを使っている。
・パスタは、オイル系、トマト系、クリーム系と別れていてそれぞれたくさんのメニューがある。
・コース料理は2時間飲み放題つきの「女子会コース」3000円。
・テーブル席カウンター席あわせて40人くらいが入る。

「TOM&JERRY」
福岡市中央区大名1-10-15 WATTビル 2F
(国体道路沿いのヴィレッジヴァンガードのところから大名方面へ入り、一つ目の交差点を
まっすぐ行ったところにあるビルの2階)
電話:092-714-1016
営業時間:夕方5時〜朝5時
定休日:無休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
お会計から10%割引き

2013/09/09

福岡市中央区薬院「Uo」

・オープンして1年くらい。魚と野菜の料理を中心にした居酒屋さん。
・店長の林さんが野菜ソムリエの資格を持っているそうで、林さんが旬の野菜を仕入れ、体にやさしい野菜のメニューを考えられているとのこと。
・日本酒の地酒20種類くらいと焼酎15種類くらいなど、魚に合うお酒も豊富に
そろっている。
・おすすめのメニューは・・・
○「イカの活き造り」(1980円〜)・・・日によって仕入れる数は違うが、だいたい1日5杯くらい。早めにお店へ行かないとすぐになくなる。大きさによって値段が変わるが、基本的には1980円。
○「刺身の盛り合わせ」(1人前880円)・・・7種類から多いときで9種類の刺身の盛り合わせ。今の時期は本マグロのトロ、赤身、カンパチ、サーモン、マダイ、サバなど。
○「アボカドわさびピザ」(680円)・・・ペースト状にしたアボカドにわさびを混ぜて焼いている。焼くことでわさびのツンとした辛さはほとんどない、わさび風味のピザ。
○「生春巻きサラダ」(780円)・・・エビとアボカドを生春巻きで巻いた人気のメニュー
・そのほか、佐賀牛のA5ランクのお肉を使ったステーキや、宮崎の地鶏「じとっこ」を
使ったメニューも人気。
・30代〜60代くらいのお客さんが多い。掘りごたつのテーブル席、カウンター席
あわせて60席。

「Uo」
福岡市中央区薬院3-3-23 ALATA薬院 1F
(薬院駅から城南線を桜坂方面へ向かう途中にある三菱のショールームを左に曲がって
50mほど進んだところの左手)
電話:092-526-6706
営業時間:夕方5時半〜深夜0時
定休日:火曜日

2013/09/06

福岡市中央区大名「韓国料理 ハンウリ」

・8月1日にオープンした韓国料理のお店。
・「ハン」は韓国「ウリ」は私たちという意味。家庭料理が中心でアットホームな雰囲気。
・50名ほど収容可能で、20代くらいの若い女性に人気のお店。
・K-POPアイドル好きのお客さんにも人気で、店内BGBにK-POPが使わているほか
ライブDVDを持ってくれば大画面で流してもらえるので、みんなで盛り上がることも。
・おすすめのメニューは・・・
・○「サムゲタン」(1280円)・・・鶏肉はホロホロになるまでじっくり煮込まれている。
優しい味付けのスープに6種類の漢方が溶け込んだヘルシーなメニュー。
・○「チョンダク」(880円)・・・韓国風の鶏肉炒め。自家製のソースがよくからんで、
辛さの中に旨みがある。辛いもの好きなら絶対ハマる一品。
・○「ハンウリセット」(2950円)・・・ガッツリとごはんを食べたい人におすすめのセット。内容は、海鮮チヂミ・スンドゥブ・キムチ盛り・プルコギなど。この値段で2人分の料理。
・○「レディースセット」(2650円)・・・女性におすすめのセット。チョンダク・トッポギ・
キムパ(韓国風のり巻)シーザーサラダなど。この値段で2人分の料理。
・○「パッピンス」(780円)・・・韓国風のかき氷。このお店では、夏だけでなく1年じゅう
食べられるデザート。あずき・パインなど5・6種類あり、よく混ぜて食べるのが特徴。

「韓国料理 ハンウリ」
福岡市中央区大名1-15-35-3F
(西通りのH&Mとアディダスの間の路地に入る。ぶあいそがあるビルの3階)
電話:092-791-1581
営業時間:(平日)ひる3時〜深夜1時 (土日)ひる12時〜深夜1時
定休日:不定休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
1組に1つ「ホットク」をサービス

2013/09/05

北九州市八幡西区黒崎「創作料理ダイニング ジャキ」

・オープンして半年くらい。季節の食材を取り入れた和風創作料理のお店。
・お店の名前の「ジャキ」は、漢字で「者帰」と書く造語で、家に帰ってきたような感じでお店で1杯飲んでもらえればという意味で名付けたとのこと。
・近所に住む20代後半〜60代くらいのお客さんが多く、地域密着型のお店を
目指している。
・カウンター席、座敷あわせて15人くらいが入る。

・おすすめのメニューは・・・
○「ニジマス」(800円)・・・10月くらいまで食べられる。10cmくらいの大きさで
そのまま塩焼きにして食べる。川魚が苦手な人でもおいしく食べてもらっている。
○「だし巻き玉子」(500円)・・・お店での1番人気のメニュー。食感がふわふわしている。
○「うまき」(700円)・・・ふわふわのだし巻き玉子の中にうなぎのかば焼きが入っているもの。
○「鴨の治部(じぶ)煮」(680円)・・・だし汁にとろみをつけた石川県の郷土料理。
○「ジャークチキン」(650円)・・・鶏肉をスパイスにつけこんだピリ辛の料理。
ビールによく合う。

「創作料理ダイニング ジャキ」
北九州市八幡西区黒崎1-8-3
(黒崎駅から歩いて3分くらい。黒崎駅からカムズ通りをまっすぐ進み、3つ目の角を左に入ったところにあるたばこ屋のビルの1階)
電話:093-642-9880
営業時間:夕方6時〜朝5時
定休日:不定休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービス

2013/09/04

今日の深瀬智聖!64

今回の「ちーさんの発車オーライ」のコーナーでは、松屋の人気メニューをご紹介いたしました!

智聖さんもなかなかの頻度で松屋に足を運んでいるようです。

アイドルだってひとりで牛めし食べられるんだぜ。

2013/09/04

福岡市中央区西中洲「虎ノ家」

・9月13日でオープン1周年となる居酒屋さん。
・9月1日〜13日まで1周年記念のキャンペーン中。ワンドリンクサービスと焼酎ボトルが500円。13日はドリンクが100円になる。
・20代後半〜40代くらいのサラリーマンや女性グループのお客さんが多い。

・おすすめのメニューは・・・
○「博多一口餃子」(400円)・・・お客さんのほとんどが頼む看板メニュー。10個入り。
○「担々炊き餃子」(680円)・・・大きめの餃子を白ごま風味の濃厚な担々スープで炊いたもの。
○「バーニャカウダ」(750円)・・・カブ、アスパラ、トマト、オクラなどの生野菜6種類。
・平日は2500円の食べ飲み放題コースが一番のおすすめ。
食べ放題用のメニューがなく、餃子、から揚げ、サラダなどお店のおすすめの料理が
どんどん出てくるシステム。通常メニューにない料理でも出来るものであれば作って出すこともある。
・カウンター席、テーブル席、掘りごたつ式の座敷があり、45〜50人くらいが入る。
団体であれば25人くらいまで対応できる。

「虎ノ家」
福岡市中央区西中洲12-6
(天神方面から国体道路の春吉交差点を左に入り、最初の角を左に入ってすぐ。)
電話:092-791-3715
営業時間:夕方5時〜深夜0時
定休日:日曜日

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
ワンドリンクサービスまたは焼酎ボトル500円

2013/09/03

福岡市中央区大名「R−style」

・オープンして2年ほど。イタリアンが中心の洋食メニューがそろうカフェレストラン。
・最大120人くらいが入る広さが売りのお店ということで、結婚式の2次会や
パーティーなどで利用されることも多い。
・通常の営業では、カウンター席とテーブル席が中心となる。
・20代前半〜40代・50代くらいの幅広いお客さんが多く、女性のお客さんが多い。

・おすすめのメニューは・・・
○「クアトロフォルマッチョ」(1400円)・・・4種類のチーズを使ったピザ。
20cm〜30cmくらいの大きさがあり、2人で食べてちょうどいい大きさ。
ピザは全て石窯で焼いている。
○「和牛の1ポンドステーキ」(2800円)・・・糸島牛を1ポンド(450g)使ったステーキ。お尻に近い柔らかいもも肉の部分を使っているので、とってもジューシーな
ステーキ。
○「ヴィクトリーパスタランチ」(800円)・・・旬の食材を取り入れたパスタランチ。
月替わりでメニューが変わり、今月は「タコとフレッシュトマトのパスタ」。
・コース料理は2時間飲み放題つきの3500円から。前菜4種、サラダ、パスタ、ピザ、メイン料理、デザートのコース。

「R−style」
福岡市中央区大名1-12-56 ザ ショップス 2F
(西通りのドラッグイレブンから大名方面へ入りすぐ。1階がABCマートのビルの2階)
電話:092-724-7730
営業時間:11時半〜深夜0時 (ランチ夕方5時まで)
定休日:年末年始

2013/09/02

福岡市中央区赤坂「Sai Sai」

・オープンして20数年になる沖縄料理のお店。
・沖縄の味をそのまま再現し、ゆったりとした雰囲気で味わうことができる。
・お店の名前の「Sai Sai」は、前のオーナーが付けた名前なので、今では名前の由来が分かる人がいない。
・20代前半から30代くらいの若めのお客さんが多い。

・おすすめのメニューは・・・
○「チャンプルー」(600円)・・・ゴーヤチャンプルー、フー(ふ)チャンプルー、
ソーミン(そうめん)チャンプルーなどのチャンプルーがある。
○「ジーマミー豆腐」(450円)・・・ピーナッツの豆腐。そのまま食べるものと、
豆腐を揚げて食べるものがある。揚げると衣がカリカリっとなり食感がおもしろい。
揚げたものは600円。
・そのほか、タイ料理のガイヤーン(鶏のてりやき)や、糸島豚を使ったせいろ蒸しなど
沖縄料理以外のものも日替わりで出している。
・コース料理は2000円から。飲み放題はプラス1500円。

「Sai Sai」
福岡市中央区赤坂1-6-22 1F
(大正通り沿い。ハローワークの2軒隣り。シーサーが目印)
電話:092-711-7227
営業時間:夕方5時〜深夜3時
定休日:無休

今日の特典
9月いっぱいまで「パオーンを聞いた」というと
デザート「ブルーシールアイス」をサービス

<<  2013/9  >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新の記事