きゃらくたー

徳川家康

写真:和田雅成
写真:和田雅成
CV:和田雅成
写真をクリック!写真をタップ!

クソ真面目な慎重派で周囲からはヘタレと陰口を叩かれている。理屈から入るタイプで、言っていることは確かに正論だが相手の気持ちを考えずにズケズケ言うことが多く、恨みを買う。自分が嫌なことに巻き込まれないための言い訳ならいくらでも出てくる。織田信長、豊臣秀吉といる時はツッコミ的なポジションとなる。
ずる賢く腹黒い、狸親父として知られることから〝タヌキ〟として描かれる。 徳川家康について

1543年三河国生まれ。幼い頃を織田家、今川家の人質として過ごし、<桶狭間の戦い>後、織田信長と結んで勢力を拡大する。信長の死後は、豊臣秀吉と対立するが和して、天下統一に協力する。秀吉の死後、<関ヶ原の戦い>で石田三成を破り、征夷大将軍となって江戸に幕府を開く。その後、大坂の陣において豊臣家を滅ぼし、幕府の統治体制を盤石なものとした。幼少期に人質として不遇なときを過ごしたためか我慢強く、思慮深い性格とされている。 戻る

きゃらくたー一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.