きゃらくたー

片倉小十郎

写真:石井智也
写真:石井智也
CV:石井智也
写真をクリック!写真をタップ!

伊達政宗の良き右腕であり、座付き作家的存在。
笑いについて相当なこだわりを持ち、笑いのセオリーを軽んじる者には一切容赦をしない。時にはベタに、時にはシュールに、軍師としてあらゆる敵との駆け引きを、笑いの手法を用いた戦術で切り抜ける。政宗のことはタレント性という面で認めているが、笑いの観点ではかなり見下している。
小十郎景綱の子で、同じく小十郎重長が鬼の小十郎の異名を持つことから〝オニ〟として描かれる。 片倉小十郎について

1557年米沢生まれ。片倉小十郎景綱の姉の喜多が伊達政宗の養育係を命ぜられ、のちに景綱も政宗の近侍となる。息子の重綱と二代で、軍事、政治、さまざまな面で活躍し、伊達家・政宗を支えていたと言われている。 戻る

きゃらくたー一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.