きゃらくたー

加藤清正

写真:峯田大夢
写真:峯田大夢
CV:峯田大夢
写真をクリック!写真をタップ!

豊臣秀吉の子飼いである〝七本槍〟のメンバーの一人。
デカいほど強いと思っている節があり、図体がでかい上に、さらに長い兜をかぶるため相当デカい。秀吉に対しては相当な忠誠心を持っているが、それ以外の連中からの命令に従うつもりはない。特に秀吉の側近である石田三成を「お高くとまったスカしたやさ男」と毛嫌いする。
通称・虎之助と呼ばれていたことから〝トラ〟として描かれる。 加藤清正について

1562年尾張生まれ。幼少期に豊臣秀吉の小姓として仕え、1583年賤ヶ岳の戦いでは敵将を討ち取る武功を挙げ、「賤ヶ岳の七本槍」の一人と数えられる。秀吉の命により肥後に入り、1591年から熊本城の築城を開始し、秀吉死後は徳川家康に仕えた。家康に仕えながらも豊臣秀頼との和解のために動いていたとされているが、帰国途中の船内で発病。熊本にて死去したとされている。 戻る

きゃらくたー一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.