きゃらくたー

前田利家

写真:今川碧海
写真:今川碧海
CV:今川碧海
写真をクリック!写真をタップ!

織田信長の舎弟の一人。ケンカっ早く日頃から槍を持って歩いている。
噂話や悪口が好きで、柴田勝家といつも一緒にいる印象があるが実は秀吉とも仲がよく、勝家の悪口で盛り上がる。
幼名が犬千代だったため〝イヌ〟として描かれる。 前田利家について

尾張に生まれ、小姓として織田信長に仕え、槍の名手であり、「槍の又左」の異名を持つ。柴田勝家の与力として活躍。本能寺の変の後は柴田勝家につくが、その後、秀吉に臣従した。豊臣家の宿老とし秀吉の天下平定に協力する。豊臣秀頼の後見人となり、秀吉の死後、徳川家康の牽制に尽力したといわれているが、秀吉の死の8ヶ月後に病死。 戻る

きゃらくたー一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.