きゃらくたー

真田昌幸

写真:石井智也
写真:石井智也
CV:石井智也
写真をクリック!写真をタップ!

悪い人物ではないが口が達者で適当なことばかり言う真田家の嘘つき当主。敵を騙すにはまず味方からとばかりに、幸村をはじめとする身内にも平気で嘘をつくため油断がならない。そのくせ困ったらひとまず息子たちに頼る。自分の嘘のせいで幸村を人質として預けることになった過去があり、それ以来少しだけ親子関係がギクシャクしている。
鹿の角をモチーフにした兜を着用していた息子、幸村と同じく〝シカ〟として描かれる。 真田昌幸について

幼少期に武田家の人質となり、武田信玄の配下に加わる。武田家滅亡後は織田、徳川に属す。その後、家康と対立し、豊臣秀吉に臣従したと言われている。関ヶ原の戦いでは豊臣方につき、戦い後所領を没収され高野山に流されたとされている。 戻る

きゃらくたー一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.