きゃらくたー

馬場信房

写真:長濱慎
写真:長濱慎
CV:長濱慎
写真をクリック!写真をタップ!

武田信玄を腕っ節の強さのみで過保護なほど支える根っからの武闘派。後輩たちの間では、これまで喧嘩でかすり傷一つ負ったことがないと伝説となっているが、実は怪我をしてもやせ我慢して、怪我と認めないだけという噂もある。読んで字のごとく、名前に馬がつくという単純な理由から“ウマ”として描かれる。 馬場信房について

武田信虎の時代から武田氏に仕え、信玄の信虎追放計画に参加していたといわれている。信玄が当主となると甲斐武田氏譜代の名門である馬場氏を継ぐことを許されたとされている。その後は武田四天王の一人としてあげられるほどの戦果をあげる。信玄の死後、設楽原での織田・徳川連合軍との決戦で、武田勝頼の撤退を見届けると、殿を務め、織田軍と戦い、戦死したと言われている。 戻る

きゃらくたー一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.