きゃらくたー

ルイス・フロイス

写真:石井智也
写真:石井智也
CV:石井智也
写真をクリック!写真をタップ!

ポルトガルからやってきた宣教師。布教活動をしながら各地で見かけた変わった習慣や人を面白おかしく日記に書くのを日課とし、ある程度たまったら自国に送っているらしい。そんなフロイスの日記を楽しみにしている読者は結構いるとの噂。宣教師独特の剃髪した髪型から〝カッパ〟として描かれる。 ルイス・フロイスについて

ポルトガルのカトリック司祭、宣教師。イエズス会士として戦国時代の日本で宣教し、戦国時代研究の貴重な資料となる『日本史』を記したとされている。1563年に長崎に上陸し、日本での布教活動を始める。織田信長の信頼を得て、全国をめぐって見聞を広めたと言われている。その後、豊臣秀吉の伴天連追放令により畿内を離れ、長崎に移る。1597年没。 戻る

きゃらくたー一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.