きゃらくたー

柿崎景家

写真:橋本祐樹
写真:橋本祐樹
CV:橋本祐樹
写真をクリック!写真をタップ!

上杉四天王の一人にも数えられる、上杉家の縁の下の力持ち的存在。
上杉謙信の良きアドバイザーを自負しているが、プライベートにまで首を突っ込んでくるため、謙信からは面倒臭いおせっかい焼きと思われている。
上杉家に関するちょっとした集まりでも、声がかからないとすぐ拗ねるため、家臣たちからも面倒臭がられている。
猿毛城の城主であったため“サル”として描かれる。 柿崎景家について

長尾為景、長尾晴景、上杉謙信の三代に仕えた忠臣で、猛者揃いの上杉軍のなかで、「上杉四天王」の一人に数えられる。第四次川中島の戦いでは先鋒を務め、八幡原の武田信玄の本陣を攻め、武田軍本隊を壊滅寸前にまで追い込んだと言われている。 戻る

きゃらくたー一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.