きゃらくたー

真田幸村

写真:深澤大河
写真:深澤大河
CV:深澤大河
写真をクリック!写真をタップ!

一見、冷静沈着でおとなしい真田家の優等生だが、ブチ切れると後先考えず敵本陣まで敵将を追い詰めるような怖さを持つ。父親からやたらと兄の信之と比べられることが多く、それを非常に嫌う。背中に乗られることが多い。
鹿の角をモチーフにした兜を着用していたことから〝シカ〟として描かれる。 真田幸村について

1567年信濃生まれ。上杉景勝の人質となる。同15年には父が豊臣秀吉に臣従したのに伴い大坂城へ出仕。関ヶ原の戦いでは、父昌幸と共に、豊臣方につく。敗戦後、高野山に追放されるが、大坂の陣では豊臣秀頼に荷担して大坂城に入る。家康の本陣まで攻め込む奮闘を見せたが、夏の陣で戦死したとされている。 戻る

きゃらくたー一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.