えぴそーど

〜甲〜第十二話

水攻め

備中高松城の城主・清水宗治に招かれ、いろいろ満喫していた織田信長一行。そんな中、豊臣秀吉と黒田官兵衛は羽目を外しすぎてしまい…。

史実

織田信長の命を受けた豊臣秀吉が毛利配下の清水宗治の守護する備中高松城に侵攻。黒田官兵衛の策により、水攻めを実行。その後、毛利方と秀吉との講和の話が進む中、本能寺の変が起こる。秀吉は信長の死が毛利に伝わる前に和睦を進めたとされ、その条件の一つとして宗治は城兵を守るために切腹したと言われている。

登場きゃらくたー


きゃらくたーについて

きゃらくたーについて

一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.