えぴそーど

〜乙〜第一話

鶴の汁

とある宴会の席で家臣たちに豪勢に鶴の汁を振る舞う織田信長。酒に酔いすっかり気分が良くなった信長は、前田利家との古き良き思い出を語りだすのだが…。

史実

前田利家が語ったとされる加賀藩の資料「亜相公御夜話(あしょうこうおんやわ)」に織田信長の寵愛を受けていた前田利家の話が記載されている。安土城で行われていた宴で、信長は利家との関係を匂わせる話をしたとされ、それを聞いた側近たちは利家を羨んだと言われている。その席で当時、貴重な料理だった「鶴の汁」を食べた前田利家は食あたりをおこしたとされ、その逸話が「鶴の汁」という話として記録されている。

登場きゃらくたー

きゃらくたーについて

きゃらくたーについて

一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.