えぴそーど

〜乙〜第二話

小田原攻め

豊臣軍は北条氏政らが籠城する小田原城を包囲していたものの手をこまねいていた。そこで氏政を説得するために向かった黒田官兵衛と小早川隆景だったが…。

史実

1589年(天正17年)11月24日に天下統一目前の、豊臣秀吉は北条征伐の軍令を諸将に発する。北条氏政の小田原城は難攻不落の城と言われており、氏政は籠城戦で、秀吉軍を迎え撃った。長期戦になることを考えた小早川隆景は、城攻めを休め、宴会を開くことを秀吉に進言。籠城する北条方の前で祭りのような騒ぎをおこしたと言われている。その後、使者として、黒田官兵衛を遣わせ、官兵衛の説得もあり、北条方は降伏。その後、氏政は切腹したとされている。

登場きゃらくたー

きゃらくたーについて

きゃらくたーについて

一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.