えぴそーど

〜乙〜第八話

嫌われ者

前田利家が没した日。邪魔立てする者がいなくなったことで、加藤清正をはじめとする七将と呼ばれる武将たちは石田三成を狙って動き出す。刺客相手に必死で虚勢を張って抵抗する三成だったが…。

史実

豊臣秀吉の死後、石田三成と確執があった七将(福島正則・加藤清正・池田輝政・細川忠興・浅野幸長・加藤嘉明・黒田長政)が襲撃。事前に情報を知っていた三成は、身を潜めこれを回避したとされている。その後、徳川家康の仲裁によってその場は収まるが、三成の失脚が決まり、これ以降家康が豊臣政権の実権を握ったと言われている。

登場きゃらくたー


きゃらくたーについて

きゃらくたーについて

一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.