えぴそーど

〜乙〜第九話

五大老

豊臣秀吉は自分亡き後も豊臣政権を守るため、徳川家康や前田利家など有力な大名たちを“五大老”として政務に当たらせた。しかし強すぎる個性は当然のごとく確執を生み、“五大老”はもう空中分解寸前だった。

史実

豊臣秀吉は嫡男である豊臣秀頼が成人するまでの政治運営を有力大名5名と石田三成らの豊臣家吏僚による合議制をとるように指示したとされ、徳川家康・前田利家・宇喜多秀家・上杉景勝・毛利輝元の5名からなる五大老が制度かされたと言われている。前田利家の死後、前田利長が、その後を継いだ。

登場きゃらくたー


きゃらくたーについて

きゃらくたーについて

一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.