えぴそーど

〜乙〜第十二話

おんな城主

家督を継承するべき者たちが次々と亡くなり、伊井家の家臣たちは頭を抱えていた。そこで女性でありながら白羽の矢が立ったのは次郎法師。様々な理由をつけて断ろうとする次郎法師だったが、家臣たちの意思は固く…。

史実

井伊家存続の危機に南渓和尚は出家をしていた井伊家の娘・次郎法師を井伊家の当主、井伊直虎として立てたとされている。その後、直虎と南渓和尚は、井伊家再興のため尽力し、後に徳川四天王の一人として数えられる井伊の礎を築いたと言われている。

登場きゃらくたー

きゃらくたーについて

きゃらくたーについて

一覧へ戻る
©「戦国鳥獣戯画」製作委員会
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd.