KBC高校野球応援サイト

ニュース

高校野球南北福岡大会2日目「福岡工大城東vs純真」

2018/07/09

春夏あわせて5回の甲子園出場を誇る強豪・福岡工大城東。右ピッチャーの中村君と左ピッチャーの深町君、二人のエースで甲子園を狙います。

大事な初戦。先発のマウンドを託されたのは中村。深町はレフトから見守ります。
中村「後ろに深町がいるから全力でプレーできる」
中村は力強いボールで純真打線を7回1失点に抑えます。打線はそのウラ、4番・森がレフトスタンドへ豪快な一発。3対1、リードを2点に広げます。

ところが8回、ピンチを招いた中村。3連打を浴び、同点とされると、勢いに乗る相手を止められず勝ち越しを許してしまいます。それでもそのウラ、1点差に迫りなおもチャンス。長打がでれば逆転の場面、中村が見守る中、打席には深町。しかし、ランナーを返せず、9回、最後の攻撃へ。

あまりにも早すぎる最後の夏。第5シード、福工大城東初戦敗退です。

きょうのその他の試合結果です。
北福岡。八幡中央が内野安打での1点を守り切り初戦突破です。折尾愛真は5番・野元の逆転サヨナラツーランホームランで試合を決めました。 続いて南福岡。三井が6番・猿本のサヨナラタイムリーで浮羽究真館との延長戦を制しました。延長14回にわたる熱闘は今年から導入されたタイブレーク制で南筑が三潴をふりきりました。

試合日程

8月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

北福岡大会・南福岡大会…
準決勝・決勝…

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます