KBC高校野球応援サイト

ニュース

高校野球南北福岡大会5日目「折尾愛真vs真颯館」

2018/07/12

きょう注目するのは折尾愛真のキャプテン松井義弥くん。身長191センチ、恵まれた体格を生かした力強い打撃が魅力です。愛称は「折尾愛真のゴジラ松井」。どんなバッティングをみせたでしょうか?

松井選手「自分がキャプテンになったからじゃないですけど、この代で甲子園にいきたい」

折尾愛真のゴジラ松井がチームに新たな歴史を作れるか。2回。1塁、3塁の場面で松井に打席が回ります。ここは期待にこたえることができません。そのウラ。エース・小野が強打の真颯館打線につかまり、一挙5失点。5対4と逆転を許します。それでも3回。前の試合、逆転サヨナラ2ランの野元!2試合連続の一発で再び逆転!

野元選手「松井にまかせっきりに春はなっていたんですけど、自分たちがやらないとチームは勝ちにつながらないので」

キャプテンの存在がチームをひとつにしたこの夏、みんなの力で真颯館を圧倒します。
5回。ここまで、ノーヒットの松井。みんなのため…キャプテンとして期待に応えたい。待ち望んだ一発は場外へ。高校通算40号ホームラン!
強い結束力で折尾愛真はこれからも勝ち続けます。

松井選手「素直に嬉しかったです。」「魅力である打撃が発揮できたと思うので、このまま勝ち進んでいきたい。」

それではきょうのその他の試合結果です。北福岡。春の九州大会を制した九州国際大付属が逆転負けを喫しました。
続いて南福岡。土壇場9回、一挙5点を奪った香椎が柳川に逆転勝ちです。筑紫が延長10回にスクイズで1点を勝ち越し、4回戦進出を決めました。

試合日程

7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

北福岡大会・南福岡大会…
準決勝・決勝…

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます