KBC高校野球応援サイト

ニュース

高校野球南北福岡大会6日目「沖学園vs西短大附」「三池vs福岡工」

2018/07/13

優勝候補西日本短大附属相手に沖学園が勝負強さを発揮しました。

どんぶりに!大盛りごはん!パワーとスタミナをつけるため、練習前に毎日欠かさず続けている『食事トレーニング』。残さず食べているか監督の目も光ります。

沖学園は3回。同点に追いつくと、吉田!力強く振りぬき、逆転に成功します!
続く4回。満塁のチャンスを作り、市川!これも、食事トレーニングの効果でしょうか?豪快な満塁ホームランでチームを勢いづけます!しかし、シード校西日本短大付属も森上のホームランで食い下がります。
試合は沖学園リードで迎えた9回。勝負強さを発揮した沖学園が優勝候補の西短を破りました。
西短監督「一番大好きな、一番自信があることをこれだけ時間かけてきて上手くいかないってことはその経験こを生かして次の自分たちの人生だとか自分の将来に向かって人の何倍もやっぱりがんばること。」

続いては三池対福岡工業の試合。福岡工業の元気印マネージャーの甲子園への道です!
岡崎さん「福工の野球部は、みんな家族みたいな感じで」「部員みんなが息子みたいな感じです」
笑顔が輝く「岡崎ひかる」さん。
岡崎さん「部員の一人として、一緒に甲子園に行く気満々です!」
選手みんなと一緒に甲子園へ。

試合が動いたのは2回でした。3番前田、4番森の連打で福岡工業が先制します。
「自分が表に出したら、皆に広がっちゃうなって思ったんで」「(内心は)やったなって思いました」実は心の中は、笑顔が溢れていました!
8回ダブルプレー「ナイスプレー!」福岡工業が3回戦突破です!
岡崎さん「福岡の代表として甲子園に出て優勝したいと思います!」「日本一長い夏にしてもらいたいと思います!」

13日のその他の試合結果です。北福岡。東鷹は延長10回に1点を勝ち越し、シード校・光陵に競り勝ちました。両チーム合わせて25本のヒットが出た乱打戦を飯塚が制しました。
続いて南福岡。去年準優勝の福岡大大濠は2試合を戦っていまだ無失点です。福岡高校は7回コールド勝ち。次はベスト8をかけ大牟田と対戦します。

試合日程

7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

北福岡大会・南福岡大会…
準決勝・決勝…

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます