KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2017

ホークスニュース

2017年06月11日

17'交流戦|vs阪神(3回戦)

6月11日 13時00分開始 ヤフオクドーム

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2
ソフトバンク 2 0 1 0 0 0 0 2 X 5
勝利投手 [ソ] 山田 (1勝0敗0S)
セーブ [ソ] サファテ (0勝0敗19S)
敗戦投手 [神] 小野 (0勝2敗0S)
本塁打 [神] 梅野2号(5回表ソロ)
バッテリー [神] 小野、岩崎、藤川、高橋 - 梅野
[ソ] 山田、五十嵐、森、岩嵜、サファテ - 甲斐

第1戦はホークス第2戦は阪神の勝利で迎えた鷹虎対決第3戦。ホークス先発は今シーズン初登板の山田。味方の守備にも助けられ立ち上がりを無失点に抑えます。その裏、阪神先発・北九州市出身の小野から先制のチャンスをつくると、4番デスパイネのライトへのタイムリー、さらにその後1点を加え、2点を先制します。山田は2回ツーアウト1塁、2塁のピンチを招きますが、中村の好返球でタッチアウト!バックも初勝利を狙う山田を後押しします。打線は3回、1アウト2塁1塁とし通算200号まであと1本に迫る松田。ホームランまであと1伸びのタイムリーツーベースで、リードを3点に広げます。しかし、ホームインしたデスパイネが右太もも裏を痛め途中交代に。
山田は勝ち投手の権利がかかる5回、梅野にソロホームランを許しますが、それでも後続はしっかり討ち取り、マウンドを託します。7回、3番手森が1点差に詰め寄られますが、ナックルカーブでこのピンチを切り抜けます。
追加点がほしい打線は8回上林がスリーベースで出塁、このチャンスに今宮が貴重な貴重なタイムリー!さらに6月絶好調の柳田にもタイムリーが飛び出し、5対2と阪神を突き放します。ホークス山田は嬉しい1年ぶりの勝利で、チームは交流戦4カード連続勝ち越しです