KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:Duomo(ドォーモ)前略隊DVD第3弾 ~鈴鹿&隧道~

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2017

ホークスニュース

2017年08月27日

17'公式戦|vsロッテ(21回戦)

8月27日 13時00分開始 ヤフオクドーム

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ソフトバンク 0 0 0 2 0 1 0 0 0 3
勝利投手 [ソ] 和田 (3勝0敗0S)
セーブ [ソ] サファテ (2勝2敗43S)
敗戦投手 [ロ] 二木 (5勝7敗0S)
本塁打
バッテリー [ロ] 二木 - 田村
[ソ] 和田、モイネロ、岩嵜、サファテ - 高谷

誰もが待ち望んだこの男の復帰。5月に左ひじを手術して以来142日ぶりの1軍マウンドに和田が帰ってきました。
その立ち上がり、二者連続三振!手術の影響を感じさせない完ぺきな投球で見せます。
「特別な思いを持って投げる」と語った元チームメイト・井口と最初の対決は2回。141キロのストレートをレフト前へ。まずは井口に軍配が上がります。



和田は4回、キレのある変化球と力のあるストレートでこの日5つ目の三振を奪うと、ここで井口と2度目の対決。力でねじ伏せ空振り三振!節目となる1500奪三振を達成します。

その裏。先頭バッターの3番中村がツーベースで出塁すると、続く4番柳田は俊足を生かし、内野安打で3塁1塁とチャンスを広げます。打席には5番デスパイネ。レフトオーバーの先制タイムリー!さらに1点を追加し、2対0とリードします。



ダイエー時代の井口を知るファンにとっても特別な2人の対決。最後まで真っ向勝負で挑んだ和田、全力で向かった後輩が先輩・井口と交わした感謝の思い。

打線はその裏。チャンスで5番デスパイネが2打席連続のタイムリー!ロッテを突き放します。9回、守護神サファテがきっちり締め、和田は5カ月ぶりの復帰登板で見事、勝利。
井口は8年間過ごした福岡で最後の試合、ファンから暖かい拍手が送られました。