KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:Duomo(ドォーモ)前略隊DVD第3弾 ~鈴鹿&隧道~

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2017

ホークスニュース

2017年09月13日

17'公式戦|vsオリックス(21回戦)

9月13日 18時00分開始 ヤフオクドーム

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 0 1 0 3 0 1 0 0 0 5
ソフトバンク 0 1 0 0 0 0 1 0 0 2
勝利投手 [オ] 金子千尋 (11勝7敗0S)
セーブ [オ] 平野 (2勝6敗27S)
敗戦投手 [ソ] バンデンハーク (12勝7敗0S)
本塁打 [オ] マレーロ14号(2回表ソロ)、マレーロ15号(4回表2ラン)、マレーロ16号(6回表ソロ)
[ソ] デスパイネ31号(2回裏ソロ)
バッテリー [オ] 金子千尋、近藤、平野 - 伊藤
[ソ] バンデンハーク、嘉弥真、五十嵐、寺原 - 高谷、甲斐

9連勝の勢いそのままに地元ファンの前で優勝を決められるか。先制を許したホークスは2回、5番デスパイネのリーグトップに並ぶ31号ソロで、あっという間に同点に追いつきます。

先発バンデンハークは4回、オリックス6番マレーロに2打席連続のホームランを許すなどこの回3点を失います。さらに6回、まさかまさかの3打席連続ホームランを浴び5対1とリードを広げられます。

4点を追う打線はそのウラ1塁3塁とし4番柳田、ここは得点とはなりません。
直後の7回、ツーアウトながら3塁のピンチ、ここでマウンドには2ヶ月ぶりの登板となる3番手五十嵐。頼れるベテランがキッチリと抑えます。

地元での優勝を願うファンのため、打線はその裏、松田がこの日2本目のヒットで出塁するとその後満塁とチャンスを広げ、打席には本多!内野ゴロの間に1点を返します。
なおもチャンスで、バッター明石!しかし反撃もここまで。2対5で敗れたホークス、連勝は「9」でストップ。最短優勝は16日の西武戦になりました。