KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:HAWKS2017DVD 先行予約受付中

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2017

ホークスニュース

2017年10月01日

17'公式戦|vsオリックス(24回戦)

10月1日 14時00分開始 京セラD大阪

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
勝利投手 [ソ] 中田 (7勝6敗0S)
セーブ [ソ] サファテ (2勝2敗54S)
敗戦投手 [オ] 平野 (3勝7敗29S)
本塁打
バッテリー [ソ] 石川、攝津、中田、サファテ - 甲斐
[オ] ディクソン、近藤、平野 - 若月、伊藤

1カ月ぶりの先発に臨んだ石川は2回、ノーアウト満塁のピンチを迎えます。前日、左手親指のはく離骨折から復帰したばかりの内川が素早くホームへ。守備で石川を盛り立てます。
後続もきっちり打ち取り、オリックスに得点を与えません。

4回。4番デスパイネがレフト前ヒットで出塁すると、続く5番内川が2試合連続のヒット。通算2000本安打まで残り28本とします。3塁2塁の場面で6番松田!しかしチャンスを生かせず、得点を奪えません。
その裏、マウンドに上がったのはクライマックスシリーズでメンバー入りを狙う攝津。コントロールされたストレート、100キロ台のカーブで緩急自在!3回を投げ、1人のランナーも許さない完璧なピッチングを見せます。

3番手は同じく生き残りをかける中田。ランナーを背負いますが、得意のフォークで二者連続三振を奪い、2回を無失点。ベテランが揃って結果を残します。

両チーム無得点で迎えた9回。1塁2塁のチャンスを作り、打席には2番今宮。6試合ぶりのタイムリーは貴重な決勝タイムリーツーベース。0対2でホークスが接戦をものにしました。