KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡ソフトバンクホークス スタートアップ2018応援パフォーマンスDVD

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年02月08日

春季キャンプ第2クール3日目 武田投手が打撃投手に登板

武田翔太投手が、主力投手の先陣を切って打撃投手に登板しました。
投球フォームのバランスと強いボールを投げることを意識したという武田投手。九鬼選手、栗原選手の若手2人にストレート中心のピッチング。

武田投手「久々の感じだったので気持ちよく投げれました。」

指揮官の見守る中50球を投げ込んだ武田投手。エースナンバー背番号18で臨む今シーズン、ここまでは順調な調整をみせています。

武田投手「徐々にボールの質的にはいい感じにでてきたかなと思います。あとはしっかりフォーム固めかなとは思います。」



登板後はブルペンへ向かい、コーチと入念にフォームをチェック。次回は実戦での登板が予定されます。

笠谷投手「何球かはいい球があったんで、それを続けて投げられるようにやっていきたいなと思います。」

B組から招集された笠谷投手もマウンドへ。昨シーズン1軍デビューを果たした左腕はベテラン吉村選手、城所選手を相手に力強いボールを投げ込みます。

笠谷投手「バッターの反応でも振り遅れだったりファールもとれてたので、最初にしてはいい方だと思います。」

と4年目の若鷹は初の打撃投手で手ごたえ十分。きのうは48球を投げヒット性の当たりは4本。今後もアピールを続けA組昇格を狙います。

笠谷投手「(A組は)行けるもんなら行きたいですし開幕も狙っていきたいと思っているので、そこは自分の頑張り次第だと思うんで頑張っていきたいです。アピールするなら真っすぐでドンドン押していけたらいいなと思います。」



また摂津投手は3日連続のブルペン入り。キャッチャーを座らせ88球を投げ込み、充実のキャンプを送っています。
柳田選手は49スイング中9本の柵越えを放ち、実戦での一発に早くも期待がかかります。

そして個人練習では、松田選手が特守でハッスルプレー。およそ1時間にわたる特守の感想は・・・
松田選手「ねぇ〜1人やで、マジで。15分位で終わると思っとたのになめとったわ」