KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島~祈りの原点をたずねて~

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年02月13日

春季キャンプ 千賀投手が実戦初登板

工藤監督が見守る中、実戦形式での初マウンドに上がった千賀投手。対するバッターは、柳田選手。その初球。この日最速の150キロを記録すると、続く2球目。侍ジャパン対決は千賀投手に軍配が上がりました。

千賀投手「柳田さんと初めて戦うんで、絶対抑えてやろうと思って。抑えられてよかった」



同じく侍ジャパンの甲斐選手との対戦ではセンター前に運ばれ、ここは甲斐選手に軍配。初の実戦形式の登板で、打者7人に対し、4本のヒットを許すも、結果に一喜一憂はしません。

千賀投手「まっすぐも変化もまずまず。力んだ状態でどれだけ投げられるかというところもやっていきたい」



そして、第3クールからA組に昇格した育成左腕、長谷川宙輝投手がホークスレギュラー相手に初マウンドに立ちました。対するバッターは、内川選手。ストレートで内野ゴロに打ちとると、その後も伸びのあるストレートを武器に、ホークスのA組打者7人に対し許したヒットは1本のみ。期待の若手がしっかりと結果を残しました。

長谷川投手「まっすぐがよかったといってもらえたんで、まっすぐをもっと磨いていきたい」



一方、ブルペンでは首を痛め、別メニュー調整が続いていた岩嵜投手が9日ぶりにキャッチャーを座らせての本格的な投球を再開。「首の状態は問題ない、出遅れたとは思っていない」とじっくりと調整する姿勢を示しました。

月別アーカイブ