KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年03月11日

18'オープン戦|vs ロッテ/武田投手、5回無失点の好投

3月11日 13:00開始 北九州

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ロッテ 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
勝利投手 [ロ] 酒居 (1勝0敗0S)
セーブ [ロ] 内 (0勝0敗1S)
敗戦投手 [ソ] 加治屋 (0勝1敗0S)
本塁打
バッテリー [ロ] ボルシンガー、酒居、内 - 柿沼、江村
[ソ] 武田、加治屋、田中、嘉弥真、森 - 谷川原、甲斐

試合前にホークス、マリーンズの両チームが東日本大震災の復興支援活動の一環として募金活動を行いました。

工藤監督「被災地のみなさんのことを考えている人がここにもたくさんいることを」「風化させないように、伝えていかないといけないと思います」

ホークス先発は、「まっすぐでどれだけ押せるか」をテーマに臨んだ武田投手。先頭の荻野選手、2番根元選手は151キロのストレートで打ち取り、上々の立ち上がりを見せます。2回以降も力のあるストレート、さらに変化球でバットを真っ二つに。「ストレートの指のかかりが良かった」と3回まで1人のランナーも許さないパーフェクトピッチング。



4回に初めてランナーを背負いますが、ここはキャッチャー・谷川原選手が肩で魅せ、5回には、ライト城所選手がファインプレー。野手陣が武田投手を盛り立てます。



「野手のおかげでいいリズムで投げれた」と武田投手は5回を投げ無失点のピッチング。開幕に向け順調な仕上がりをアピールしました。

武田投手「いいバランスで投げられたと思います」「あとは細かいコントロール」「そこを克服できるようにやっていきたい」



一方打線では、好プレーを見せた谷川原選手がツーベースを放ちバットでも存在感を発揮。開幕1軍へアピールの場はまだまだ続きます。