KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年03月13日

18'オープン戦|vs 巨人/地元大分での試合で甲斐選手が猛打賞

3月13日 13:00開始 大分

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 0 0 1 0 0 2 0 5 0 8
ソフトバンク 1 0 1 0 3 0 2 0 0 7
勝利投手 [巨] 篠原 (1勝0敗1S)
セーブ [巨] 桜井 (1勝0敗1S)
敗戦投手 [ソ] 野澤 (1勝1敗0S)
本塁打 [巨] 田中俊1号(8回表満塁)
[ソ] 本多2号(5回裏ソロ)
バッテリー [巨] ヤングマン、高木、篠原、桜井 - 小林、大城
[ソ] 東浜、笠谷、野澤、加治屋、嘉弥真 - 甲斐、九鬼

ホークスは大分出身の今宮選手、甲斐選手、川瀬選手がスタメン出場。
1回ランナーを1塁に置いて4番柳田選手。チーム43イニング振りのタイムリー!打った柳田選手も一気に3塁へ。1対1で迎えた3回再び柳田選手!詰まりながらも力でレフトへ。この試合2安打2打点の活躍を見せます。



オープン戦初登板となる先発東浜投手。セカンド本多選手がダイビングキャッチ!そして素早く1塁へ。今シーズンも華麗な守備は健在、東浜投手を盛り立てます。さらに、センターで出場した上林選手は鋭い当たりを背走しながらナイスキャッチ。東浜投手はバックの好守にも助けられながら4回、1失点でマウンドを降ります。

東浜投手「いいボールは何球かあったが悪いボールの方が多かった。感覚自体は悪くないちょっとしたズレなので修正出来ると思う」



5回、本多選手の第3打席。オープン戦第2号!復活を目指すベテランが守備、そしてバットで開幕スタメンを猛烈にアピールします。7回には本多選手とセカンドを争う高田選手が先発全員安打となるタイムリー2ベース。さらに甲斐選手。この試合2本のタイムリーを含む3安打2打点の猛打賞。地元の試合で詰め掛けたファンを沸かせます。



甲斐選手「工藤監督からもリラックスして打てと言われている。それを1番意識してやっているのが結果に出ていると思う。この球場で(高校時代)汗も流したしすごく幸せな時間だった」



4点リードの8回、1点を失いなお満塁のピンチマウンドには野澤投手。満塁ホームランを浴び8対7と逆転を許しますが、試合には敗れたもののオープン戦最多の15安打。強力打線復活の兆しです。