KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年04月12日

18'公式戦|vs日本ハム(3回戦)

4月12日 18:00開始 ヤフオクドーム

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ソフトバンク 0 1 0 1 0 0 0 1 X 3
勝利投手 [ソ] 石川 (2勝0敗0S)
セーブ [ソ] サファテ (0勝0敗5S)
敗戦投手 [日] マルティネス (1勝2敗0S)
本塁打 [ソ] 柳田1号(4回裏ソロ)
バッテリー [日] マルティネス - 鶴岡
[ソ] 石川、嘉弥真、加治屋、モイネロ、サファテ - 甲斐

今シーズン初先発の石川投手は1回、先頭バッターを三振に仕留めるとさらにキレのあるカーブで三者連続三振を奪う上々の立ち上がり。



打線は2回、先頭の内川選手がチーム初ヒット。内川選手はこの試合2安打を放ち2000本安打まであと16本とします。このあと3塁に内川選手を置いて松田選手がセンターへタイムリー!前日に続き先制点をあげ、試合の主導権を握ります。



さらに4回、3番・柳田選手。ストレートをとらえた当たりは開幕から11試合目に飛び出した第1号!2対0とリードを広げます。



「得点をもらっていいリズムで投げられた」という石川投手はストレート、変化球をコーナーに投げ分け、その後も危なげないピッチング。しかし7回、フォアボールとヒットで1塁2塁のピンチ。迎えるは去年までのチームメイト鶴岡選手。このピンチをダブルプレーでしのいだ石川投手は7回無失点でマウンドを降ります。

8回は、嘉弥真投手、加治屋投手、そしてモイネロ投手の3人が、右ひじの手術で離脱した岩嵜投手の穴を埋める完璧なリリーフ。その裏ランナーを2塁に置いて再び柳田選手。貴重な追加点となるタイムリーでリードを3点に広げます。



9回、マウンドには守護神・サファテ投手。投打がかみ合い日本ハムに連勝のホークス。初先発の石川投手は、工藤監督の起用に応えるピッチングで2勝目をマークです