KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年05月22日

18'公式戦|vs西武(7回戦)

5月22日 18:00開始 ヤフオクドーム

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3
ソフトバンク 1 1 0 2 1 0 0 0 X 5
勝利投手 [ソ] 攝津 (1勝0敗0S)
セーブ
敗戦投手 [西] カスティーヨ (2勝3敗0S)
本塁打 [西] 金子一1号(9回表ソロ)
[ソ] 中村晃5号(4回裏2ラン)
バッテリー [西] カスティーヨ、小石、野田、ヒース、松本 - 森
[ソ] 攝津、嘉弥真、加治屋、モイネロ、森 - 市川

首位・西武との3連戦は、ルーフオープンデー。今シーズン、初先発の摂津投手はその立ち上がり。得点圏にランナーを背負いますが西武の4番・山川選手を落ち着いて打ち取り、無失点で切り抜けます。



打線はそのウラ。2アウト2塁1塁とし5番・松田選手!「摂津さんに勝ち星をつけたかった」とレフトへタイムリー!1点を先制します。さらに2回。チャンスで得点圏打率4割を超える柳田選手がライトへタイムリー。ギータが今宵も勝負強さを発揮し、2対0とリードを奪います。



迎えた4回、2アウト満塁のピンチを迎えた摂津投手。ベテランが見せた気迫のピッチング。西武に得点を与えません。すると、そのウラ、9番・本多選手が2ベースでチャンスメイクすると続くバッターは1番・中村選手!ホームランテラスへ貴重な追加点となる5号2ラン!ホークスが4対0とリードを広げます。



先発の摂津投手は、毎回、ランナーを背負いながらも粘りの投球で5回を無失点。勝利投手の権利をもって後続に託します。
5回。好投する摂津投手の女房役・市川選手が、移籍後初打点となるタイムリー3ベースで5対0。ホークスが試合を優位に進めます。

9回。2点差に迫られますが、新守護神の森投手が踏ん張り、ホークスは連敗を4でストップ。摂津投手は2016年9月以来となる勝利をあげました。