KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年05月24日

18'公式戦|vs西武(9回戦)

5月24日 18:00開始 ヤフオクドーム

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武 0 1 0 2 0 3 3 0 3 12
ソフトバンク 0 2 2 1 0 0 0 0 0 5
勝利投手 [西] 小石 (1勝0敗0S)
セーブ
敗戦投手 [ソ] 嘉弥真 (0勝1敗0S)
本塁打 [西] 秋山7号(6回表3ラン)
[ソ] デスパイネ10号(2回裏ソロ)、柳田11号(3回裏2ラン)
バッテリー [西] ウルフ、小石、野田、武隈、ワグナー、平井 - 炭谷
[ソ] 中田、二保、嘉弥真、加治屋、岡本、田中 - 甲斐、市川

1点を追うホークスは2回。5番・デスパイネ選手!甘く入った変化球をとらえ5年連続の二桁ホームランとなる10号ソロ。すぐさま同点に追いつきます。なおも続くチャンスで8番・甲斐選手。ライトへ勝ち越しのタイムリー2対1とリードを奪います。



さらに前日、1軍初昇格を果たし、2試合連続スタメンの川瀬選手! 3年目、プロ5打席目でうれしい初ヒット!思わず、笑顔がこぼれます。記念のボールは同郷・大分の先輩、今宮選手のもとに。続く3回には今シーズン初めて4番に入った柳田選手!大きな放物線を描きライトスタンド中段へ10試合ぶりの11号2ラン!4対1とリードします。



先発の中田投手は4回。2アウトから二者連続タイムリーを浴び、2点を返され1点差に迫られます。打線はそのウラ。2塁のチャンスで2番・本多選手! 4月29日以来のタイムリーで5対3。リードを2点に広げます。



しかし、6回。2番手・二保投手が連打を浴び、3塁1塁のピンチを招いたところで続くバッターは秋山選手。ここで工藤監督は左の嘉弥真投手にスイッチ。このピンチ、踏ん張れるか…。頼れる左のセットアッパーが痛恨の逆転3ランを浴び、5対6と試合をひっくり返されます。さらに続くリリーフ陣も打ち込まれたホークス。首位西武に大敗です。