KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年07月10日

18'公式戦|vs日本ハム(13回戦)

7月10日 18:00開始 東京ドーム

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 0 0 0 1 2 3 4 2 12
ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
勝利投手 [日] 上沢 (8勝3敗0S)
セーブ
敗戦投手 [ソ] 武田 (2勝6敗0S)
本塁打 [日] 西川7号(7回表ソロ)、清水6号(9回表ソロ)
バッテリー [日] 上沢、玉井 - 清水、實松
[ソ] 武田、嘉弥真、二保、モイネロ、加治屋、五十嵐、森 - 高谷、甲斐

前半戦最終戦を託された先発・武田投手は4回、1アウト1塁3塁のピンチ。日本ハム・渡邉選手をダブルプレー、粘りのピッチングを見せ得点を許しません。5回には2アウト3塁と、再びピンチを招いた武田投手。対するは前日5安打と好調の西川選手。ここを踏ん張れず先制点を奪われます。

反撃したい打線はその裏。先頭の中村晃選手がここまでノーヒットに抑えられていた先発・上沢投手から2ベースヒットを放ちチャンスメイク。このあと1アウト1塁3塁とし代打・長谷川選手。鷹の祭典で駆け付けたファンもこの日一番の盛り上がりを見せます。しかし、三振に倒れ2アウト。ここで代打に川島選手。代打攻勢も実らず連続三振、得点を奪えません。

それでも3対0とされた6回には上林選手。さらに松田選手。この試合初めての連打で1アウト2塁1塁。一発が出れば同点の場面で4番・デスパイネ選手。絶好のチャンスを生かせず上沢投手に8回3安打無失点と封じ込まれたホークス、前半戦最終戦を勝利で飾ることはできませんでした。