KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年07月17日

18'公式戦|vs西武(11回戦)

7月17日 18:00開始 ヤフオクドーム

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
ソフトバンク 3 0 0 0 0 2 0 1 X 6
勝利投手 [ソ] 石川 (8勝5敗0S)
セーブ
敗戦投手 [西] 十亀 (5勝7敗0S)
本塁打 [ソ] 松田16号(6回裏ソロ)
バッテリー [西] 十亀、野田、平井、豊田、佐野 - 森
[ソ] 石川、モイネロ、加治屋、森 - 甲斐

前日21安打16得点と大勝のホークスは1回。先頭の上林選手がセンター前の当たりに快足を飛ばし2ベース。その後1塁3塁とし5番・内川選手。左中間へ先制タイムリー、さらに7番・牧原選手が2点タイムリー2ベース。前日の勢いそのままいきなり3点を奪います。



先発は6試合ぶりの勝ち星を狙う石川投手。3回、1点を奪われなおもピンチで対するはホームランリーグトップの4番・山川選手。得意の鋭く曲がるカーブで見逃し三振、最少失点で切り抜けます。6回には3番・浅村選手。力強いストレートで三振に仕留めると4番・山川選手。さらに5番・森選手。両リーグ最多得点を誇る西武のクリーンアップを三者連続三振。石川投手は6回まで毎回の11個の三振を奪う好投を見せます。



その直後、7月打率4割を超える6番・松田選手。2試合連続の一発は16号ソロホームラン。その後9番・今宮選手にも復帰後初タイムリーが飛び出したホークス、後半戦を首位西武に連勝スタートです!