KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年09月09日

18'公式戦|vsオリックス(21回戦)

9月9日 13:00開始 ヤフオクドーム

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ソフトバンク 0 0 0 0 1 0 0 0 X 1
勝利投手 [ソ] バンデンハーク (10勝7敗0S)
セーブ [ソ] 森 (2勝4敗27S)
敗戦投手 [オ] 西 (8勝12敗0S)
バッテリー [オ] 西、山田、近藤、岸田 - 若月、山崎勝
[ソ] バンデンハーク、加治屋、森 - 甲斐、高谷

ホークスは1回、4番・柳田選手のヒットでいきなり3塁1塁とし、5番・グラシアル選手、ここはランナーを返せません。それでも2回先頭の松田選手、続く明石選手の連打で3塁1塁のチャンスをつくり、上林選手!この場面も先制点を奪えません。



先発は3連勝中のバンデンハーク投手、150キロを超える力強いストレートを決め球に毎回三振を奪うピッチング5回までオリックス打線をヒット1本に抑え込みます。すると打線はそのウラ、得点圏にランナーをおき9月の打率が3割4分を超える好調今宮選手のバットで、ここまで打ちあぐねていたオリックス先発・西投手から先制点を奪います。



1点リードのまま迎えた7回、連打で一打逆転のピンチを背負ったバンデンハーク投手。対するは5番・中島選手、空振り三振で2アウト。続くは宗選手、155キロ。力のこもったストレートでここを凌いだバンデンハーク投手、7回無失点の好投でマウンドを降ります。
8回、リリーフ陣がランナーを背負うも、ファースト明石投手がファインプレー!さらに9回には、中村選手が好返球!ゲームセット!チーム一丸で1点を守りきったホークス、連勝です!