KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年09月27日

18'公式戦|vs西武(22回戦)

9月27日 18:00開始 メットライフ

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 0 0 0 1 1 3 0 0 0 5
西武 0 3 0 0 1 0 0 3 X 7
勝利投手 [西] マーティン (2勝1敗0S)
セーブ [西] ヒース (4勝1敗12S)
敗戦投手 [ソ] 加治屋 (4勝2敗0S)
本塁打 [ソ] 中村晃14号(4回表ソロ)
[西] 森16号(2回裏3ラン)、山川45号(5回裏ソロ)、秋山23号(8回裏3ラン)
バッテリー [ソ] バンデンハーク、石川、加治屋、嘉弥真 - 甲斐
[西] 郭、小川、平井、野田、増田、マーティン、ヒース - 森

奇跡の逆転優勝のために負けられない首位西武との直接対決。まさかの結末が待っていました。ホークスは1回、3塁1塁と先制のチャンスに4番・柳田選手。ピッチャーゴロに、飛び出した3塁ランナー牧原選手が、西武キャッチャー森選手と交錯。先制点を奪うどころか牧原選手がこの接触プレーで右足を痛めベンチに退きます。

先発・バンデンハーク投手は2回連続フォアボールで2塁1塁のピンチ。森選手に一発を浴び3点を先制されます。2点差で迎えた6回満塁のチャンスを作りバッターは9番・甲斐選手。走者一掃、逆転のタイムリーツーベース。甲斐選手の勝負強いバッティングで5対4とこの試合初めてリードを奪います。

8回、31試合連続無失点中の嘉弥真投手がランナーを得点圏に置いて迎えるは秋山選手。ここでまさかのホームラン。終盤に逆転を許したホークス、大事な首位攻防初戦リードを守れず痛すぎる一敗です。