KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

KBCホークス応援サイト HAWKS2018

ホークスニュース

2018年10月17日

18'CSファイナルステージ|vs西武(1回戦)

10月17日 18:00開始 メットライフ

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 1 0 0 5 0 1 3 0 0 10
西武 0 0 2 1 0 1 0 0 0 4
勝利投手 [ソ] バンデンハーク (1勝0敗0S)
セーブ
敗戦投手 [西] 菊池 (0勝1敗0S)
本塁打 [西] 栗山1号(4回裏ソロ)、山川1号(6回裏ソロ)
バッテリー [ソ] バンデンハーク、武田、嘉弥真、加治屋、森 - 甲斐、高谷
[西] 菊池、十亀、平井、小川、武隈 - 炭谷、岡田

16日からクライマックスシリーズファイナルステージが開幕。ホークスは初戦、ライオンズのエース・菊池投手を攻略し、対戦成績をタイとしました。日本シリーズ進出をかけたファイナルステージ第1戦。2年連続の日本一へ。

ホークスは1回、3番・グラシアル選手。レフトフェンス直撃の2ベース。2アウトからチャンスを作り、4番・柳田選手。西武先発エース・菊池投手から主砲の一打で先制します。

逆転されて迎えた4回。満塁で打席にはこのシリーズ初スタメンの1番・川島選手。続くチャンスに2番・上林選手。さらに3番・グラシアル選手も続き3連続タイムリー!西武強力打線の十八番を奪う一挙5得点の猛攻を見せ6対2、試合を優位に進めます。

7回、ファンの大歓声を受けケガからこの日一軍復帰の内川選手が代打で登場。2か月ぶりの打席でも勝負強さは健在、帰ってきたキャプテンの一打でチャンスを拡大。代打・長谷川選手にタイムリーが飛び出すなど16安打10得点で西武に大勝のホークス、ファイナル初戦を制しました。