KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

九州朝日放送

結~柔道がつなぐ絆~ 第33回玄海旗中学生柔道大会

柔道を通じて生まれた“絆”に注目

日本の柔道界を担う選手を数多く輩出してきた玄海旗。33回目を迎える今大会も九州を中心に関西、さらには海外から熱い思いを持った中学生が集結しました。
「体重無差別」「抜き勝負」「国際ルール」
この大会は中学生にとって、非常にハードなルールで行われます。
くじけそう・・・。心が折れそう・・・。
そんな時、選手たちを支える周囲の存在が彼らにとって大きな力になります。
畳の上では一人でもその周りには、仲間、監督、家族、多くの人たちが関わっています。
番組では、選手たちがひたむきに柔道に取り組む姿に加え、大会の中で私たちが見つけた“柔道がつなぐ絆“にもスポットを当ててお伝えします。

1.お父さんたちが作る●●●“親子の絆”で悲願の初優勝へ 2.独自の練習を選手だけで考案“仲間との絆”で挑む玄海旗 3.韓国から大会参戦!柔道を通じて生まれた“世界との絆”

第33回玄海旗中学生柔道大会 結果はこちら

第33回玄海旗中学生柔道大会 結果はこちら

大会テーマ

「シェイクハンズ」

柔道において国際試合では試合前に握手をする習慣があります。
また、この大会は過去に海外からの参加したチームもあったので、柔道を通して世界のみんなが手をつないで協力していこうということでこのテーマになりました。

第33回玄海旗 写真ギャラリー

写真をクリックすると大きな画像が見られます

第33回 決勝戦 全試合配信

※閲覧環境(端末、OS等)により閲覧ができない場合がございます。

ダイジェスト動画配信(過去3年間の決勝戦振り返り)

第32回 決勝戦大蔵中学vs山田中学

第32回 決勝戦

大会連覇を狙う大蔵中(北九州)に対するのは、初優勝を狙う山田中(嘉麻)。前年王者の曽根中を準決勝で破った勢いそのままに悲願の初優勝なるか!?

動画配信はこちら

動画配信はこちら

第31回 決勝戦大蔵中学vs曽根中学

第31回 決勝戦

大会連覇を狙う曽根中(福岡)と対するは、大会上位常連の大蔵中(福岡)。3年生不在で挑んだ前年はベスト8に泣いた大蔵中、12年ぶりの優勝でリベンジを果たせるか。

動画配信はこちら

動画配信はこちら

第30回 決勝戦山田中学vs曽根中学

第30回 決勝戦

第28回(2013年)大会優勝の田主丸中に代表戦の末、勝利して決勝進出した曽根中(北九州)。対するは、準決勝で大牟田中を破り決勝に進んだ山田中(嘉麻)。どちらが勝っても大会初優勝という対戦です。

動画配信はこちら

動画配信はこちら

※閲覧環境(端末、OS等)により閲覧ができない場合がございます。

実況・解説

甲斐 康浩

解説甲斐 康浩(東海大福岡高校 柔道部監督)
92年バルセロナ五輪代表

三澤 澄也

実況三澤 澄也(KBCアナウンサー)

岡田 理沙

リポート岡田 理沙(KBCアナウンサー)