IT企業「規制はイノベーションを阻害」と反発

11/17 00:15 更新

 巨大IT企業がサービスを利用する企業に不公平な取引をしないよう規制を検討する政府の有識者会議で、国内大手IT企業から規制に否定的な意見が出されました。  グーグルやアマゾンといった巨大IT企業は独占的な立場を背景に、取引企業からは高額な手数料のほか、検索結果の順位の決め方が不透明だという不満が出ています。こうした問題を議論する政府の有識者会議で、国内の大手IT企業のヤフーと楽天は「イノベーションを阻害しないように規制は最小限にするべき」「規制をするなら国内・国外の条件をそろえるべきだ」と規制に否定的な意見を表明しました。政府は今月中にもアップルなどの海外の巨大IT企業からも意見を聞き取り、年明けから具体的な法制度の検討に入る方針です。