TPP首席交渉官に外務省の片上慶一外務審議官

04/25 12:58 更新

 政府は、TPP(環太平洋経済連携協定)の首席交渉官について、外務省の片上慶一外務審議官を兼務させる人事を25日の閣議で決定しました。  TPPの首席交渉官は、前任の大江博氏が今年2月にOECD(経済協力開発機構)の大使に転出したため空席となっていました。片上氏は、日本がTPP交渉に参加した2013年当時、外務省の経済局長を務めていました。アメリカのTPP離脱表明を受け、5月上旬に加盟の残り11カ国で発効に向けた首席交渉官会合が行われ、5月下旬には関係閣僚会合が開かれるため政府が交渉態勢を整えました。