イオンが異例の戦略 お歳暮を11月中に配送するワケ

11/15 18:36 更新

 これからはお歳暮を贈るタイミングがぐぐっと早まるかもしれない。  お歳暮なのに、たすきには「11月お届け」の文字が。師走の風物詩に異例の事態が起きている。イオンは、今年から旬の果物や海産物など11月限定のお歳暮商品を展開。さらに11月の配送で注文すると、抽選でカタログギフトが当たるキャンペーンまで。しかし、そもそもお歳暮は12月10日から12月20日ごろまでに贈るのが一般的。なぜ、お歳暮の前倒しをすすめているのか。実は、宅配業界の深刻な人手不足がお歳暮にまで変化をもたらしているという。この異例のお願いに街の人は…。  否定派・60代女性:「11月はちょっと考えられない」  肯定派・30代女性:「遅すぎると悪い気がしますけど、早い分にはそんなに相手にも悪いような気はしない」  イオンは全体の約3割だった11月の配送分を5割ほどに引き上げたいとしている。