農水ファンド 挽回のため投資9倍拡大へ…リスクは

06/18 11:58 更新

 累積損失92億円を抱える農林水産省所管の政府系ファンドが挽回(ばんかい)策として、今年度の投資額を昨年度の9倍の110億円に拡大することが分かりました。逆に損失が広がるリスクがあります。  「農林漁業成長産業化支援機構」は政府が成長戦略として300億円を出資しましたが、累積損失が92億円に膨れ上がっています。機構は損失を挽回するために事業を見直すのではなく、投資額を昨年度の12億円から9倍の110億円に拡大して利益を上げるとしていますが、逆に損失が広がる恐れもあります。  吉川農水大臣:「農林水産省として、必要に応じた指導や助言をしっかりしていくことが必要ではないかと」