ジャパンライフ元会長が謝罪 債権者からは悲痛な声

11/12 18:48 更新

 債権者からは悲痛な声が上がっています。  債権者:「怒りを通り越しちゃってるね。払ったものは戻らない。諦めっていうか」「(両親は)かなり落胆している。連れてこなくて良かった」  「ジャパンライフ」は、磁気ネックレスなどを顧客に購入させて分配金を支払う、いわゆる「オーナー商法」で2400億円の負債を抱え、経営破綻しました。債権者は約7000人で、12日に初めて行われた債権者集会では、元会長が謝罪したということです。しかし、債権者の救済はかなり難しい状況にあるということです。