「需要にあった恵方巻き販売を」 小売店に要請

01/11 18:43 更新

 「恵方巻き」の作りすぎに初めての注意喚起です。  節分の日に食べると縁起が良いとされる恵方巻きについて、農林水産省は11日にスーパーやコンビニエンスストアなどの業界団体に対し、消費者の需要に見合った販売をするよう要請しました。恵方巻きは毎年、節分を過ぎると売れ残りが発生するため食品の大量廃棄につながると指摘されていました。農水省が恵方巻きを巡って通知を出すのは初めてのことです。一方、コンビニエンスストア大手各社は予約販売の推進などで廃棄量を少なくするとしています。