日銀 物価目標2%達成を先送り 延期は6回目

07/20 12:33 更新

 日銀は、物価上昇率が2%に達する時期について、6回目の先送りを決めました。  日銀は20日の金融政策決定会合で、物価上昇率が2%程度に達する時期について、これまでの2018年度ごろから2019年度ごろへ、1年先送りしました。延期するのは6回目のことです。日銀では、賃金や物価が上がりにくいことを前提とした考え方、いわゆる「デフレマインド」が根強く残っていると分析しています。