ヤマザキ、菓子14万個を回収 クッキーに金属混入か

03/19 18:42 更新

 金属が混入した恐れがあり、15万個近くを自主回収です。  自主回収となったのは、ヤマザキビスケットの「ノアール」と「ルヴァンプライムミニサンドチェダーチーズ味」など3商品合わせて約14万8000個です。健康被害は確認されていません。これらの菓子の膨張剤に使われた重炭酸アンモニウムを生産する宇部興産によりますと、工場の機械が壊れて2ミリ程度の複数のステンレスの破片が合わせて100グラム以上、混入した可能性があるということです。出荷先はヤマザキビスケットだけでなく食品メーカーなど約50社に上り、安全性の確認を急いでいます。