洗濯物“自動で畳む”マシン 驚きの技術…値段は?

10/16 17:23 更新

 片付かない洗濯物の山に悩まされなくなるかもしれない。洗濯物を自動で畳んでくれる夢のマシンが続々と開発されている。  1人分であればちょっとした手間でも家族全員分ともなれば話は別。畳んでも畳んでも終わらない重労働…。でも、このつらい作業から解放される日が近いかもしれないのだ。本体に服をセットして約1分半でなんとTシャツが畳まれている。黒い箱の中でAI(人工知能)が服の形状を判別し、ロボットが決まった形に畳む仕組みだ。開発は、まだ途中段階だが、来年12月をめどに50万円以下での販売を目指しているという。実は今、世界中で開発競争が起きている洗濯物畳みマシン。世界初の全自動洗濯物畳みマシン「ランドロイド」は、ロボットアームが器用に洗濯物を畳んでいく。お値段は、なんと185万円と超高級品。ただ、将来的には20万円台まで価格を下げる計画だ。洗濯物畳みくらい自分でやればいいのにと侮ってはいけない。この会社によると、一般的な家庭の洗濯物を1人で畳む場合、一生で9000時間。約375日間もの時間を費やしているというのだ。一家に1台が当たり前になれば暮らしにゆとりが生まれるのは間違いない。