ガソリン小売価格 22週ぶりに値下がり 144.70円/L

02/21 14:40 更新

 レギュラーガソリンの小売り価格は22週ぶりに前の週から値下がりしました。  資源エネルギー庁が発表した19日時点のレギュラーガソリンの小売り価格は、全国平均で1リットルあたり144円70銭で前の週から20銭、値下がりしました。アメリカの原油増産で元売り価格が引き続き1円から1円50銭、引き下げられることから、石油情報センターではガソリン価格は来週も50銭ほど値下がりすると予想しています。