日産の金でヨット会員権 ゴーン被告、住宅の他にも

01/15 18:44 更新

 ヨットクラブの会員権やシャンデリアも日産自動車の金で買っていたということです。  カルロス・ゴーン被告は、これまでに日産の金を使ってレバノンやフランスなどに複数の住宅を購入していたことが明らかになっています。関係者によりますと、その後の調査で住宅の購入額は合わせて34億円に上り、他にもヨットクラブの会員権を680万円で取得していたことが分かりました。また、ゴーン被告の妻が800万円以上するシャンデリアを購入し、日産の従業員に請求書をメールして支払わせていたということです。日産はゴーン被告に対して損害賠償を請求する方針です。