夢の乗り物「空飛ぶバイク」 実用化に向け開発も

06/14 18:51 更新

 簡単な操縦でスイスイと空を飛び回ります。  バイクは全長約12センチで、地上を走るだけでなく、空を飛ぶことができるおもちゃです。4つのプロペラで浮かび上がると、センサーを使って姿勢を制御していて、6台まで同時に操縦できます。販売元の企業「ハピネット」は「空飛ぶバイクという夢の乗り物を楽しんでほしい」としています。  おもちゃだけではありません。別のベンチャー企業「A.L.I.テクノロジーズ」は、実際に人が乗れる「空飛ぶバイク」を2022年の実用化に向けて開発を進めています。